新着記事

作家・石牟礼道子さんが問いかけた「食」の本来あるべき姿とは

文・撮影/大沼聡子私たちは日々、食べて生きている。昔とは違い、現代の暮らしは…

性欲減少だけじゃない!「男の更年期」が起こす体の不調あれこれ

文/緒方文大「生涯若々しくありたい!」と願う人は多いでしょう。しかし、男性は50代を…

国宝指定の縄文土器・土偶が勢揃い!特別展「縄文―1万年の美の鼓動」

取材・文/藤田麻希今からおよそ1万3000年前から約1万年つづいた縄文時代。氷期が終わり、安…

天然の鰻はどうして「狐うなぎ」と呼ばれるのか?【食いしん坊の作法 第7回】

文/山本益博夏の土用丑の日が近くなると、「鰻の蒲焼」が必ず話題に上ります。「蒲焼」の焼けるに…

あのドレッシング発祥の地!カナダのサウザンアイランド紀行【カナダ・オンタリオ州の旅1】キングストン市内とサウザンアイランドクルーズ

写真・文/石津祐介カナダの中東部に位置し、トロントやオタワといった主要都市を要するオンタリオ…

それでも貴方は寝ないのか?「睡眠不足」の危険すぎる悪影響5つ

文/中村康宏睡眠、足りてますか?睡眠には、身体の状態を一定に保つ(恒常性を維…

戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

 文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

【夕刊サライ/福澤朗】講演後のビールとつまみが最高!(福澤朗の美味・料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

もし有名高校の野球ユニフォームの文字がこんなだったら…【イシグロ妄想研究所 vol.6】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)画像作成/澤田洋佑高校野球、甲子園の100…

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

スズキ スイフト|車を操る喜びを五感で味わえる小型車【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)

スズキは、軽自動車を中心とする小型車づくりに定評のある自動車メーカーである。同社が初めて手がけた市販車は、1955年に発売したスズライトという排気量360ccの軽自動車だった(当時の社名は鈴木自動車工業)。

1960年代になると、他社も軽自動車市場に参入し競争が激化。軽自動車は、いかにコストをかけずに売れる車をつくるかが、競争に勝つための条件とされた。スズキもそうした考え方で軽自動車や小型車を製造していた。

しかし、1990年代になると、欧州や北米などで優れた小型車が次々に登場しはじめ、スズキは苦戦を強いられるようになっていく。

そこで開発陣はこう考えた。ドイツの小型車に負けない世界で通じる車をつくりたい。そのためには、従来の低コスト重視の考え方を改め、開発に充分な費用と時間をかけなければならない──。

全長は4mを切る小型車だが、大人5名が乗車できる広さを確保している。後席用のドアレバーは、後席窓の後方の黒く塗られた部分に備わる。黄色の車体色はスイフトスポーツ限定色。

■徹底的につくり込んだ一台

車づくりの方針転換は賛否が分かれた。「そんなにお金をかけて、売れる車を本当につくれるのか」。
懐疑的な声が聞こえる中、開発費をつぎ込み、走行試験もこれまでにないほど時間をかけて欧州を走り込んで完成させた車が、2004年に発売されたスイフトだった。

走行性能やデザインなどが格段に向上したスイフトは世界各国で絶賛され、販売台数も飛躍的に伸びた。この結果に自信をつけたスズキは翌年、走行性能をさらに追求した車種スイフトスポーツを開発。これも国内外で人気を博した。

その後、2代目も成功をおさめ、2017年9月、スイフトスポーツは今回紹介する3代目が登場し、さらなる進化を遂げた。

計器盤には大径のエンジン回転計と車速計を配置。注文装備の7インチのナビ画面は、後方カメラとドライブレコーダー付きの8インチもある。

前席は座面や背もたれの縁が盛り上がっているので、体をしっかりと支えてくれる。着座位置はやや高めで、前方の見晴らしがよい。

後席も着座位置が高めなので、前席の背もたれの高さはさほど気にならない。足元は狭さをあまり感じず、床中央の張り出しも低めだ。

小型5ドアスポーツ乗用車として評判の高いスイフトスポーツは、1.4Lのガソリンエンジンにターボチャージャーを装着し、馬力を向上させている。

注目したいのは変速機だ。新型の6速自動変速のほかに6速の手動変速も用意されている。スイフトスポーツは2代目から6速手動変速機の車種を用意するが、これが予想外の評判を呼んだ。

手動変速機を備える車種は昨今、非常に少ない。その購入者の大半は競技志向の強い若い世代だと思われていたが、同社によると50代以上の熟練ドライバーにも手動変速を選ぶ人が多いそうだ。

3代目スイフトスポーツは、先代よりも車体が大幅に軽量化されている。実際に試乗してみると、クラッチペダルは軽くて踏み込みやすく、シフトノブの操作もスムーズに行なうことができる。思い通りのギアにカチッと入るので、変速がじつに小気味よい。

握りやすい形状の6速手動変速用のシフトノブ。先代よりシフト時のストローク(間隔)を短くしたことで、より素早く的確に操作できる。

1.4Lのターボ付きガソリンエンジン。高回転でも不快な音はしない。標準仕様のスイフトにはハイブリッド車も用意されている。

車速とエンジン回転数を考慮しながら、手と足を使って変速を繰り返す運転は忙しいが、刺激的でもある。車を操っているという緊張感、これもまた運転の楽しさであることを改めて感じさせてくれる数少ない車である。

荷室は床面が開口部よりも24cm下にあり、見た目以上に収納力がある。6対4の分割可倒式の後席を前方に倒せば荷室と一体になる。

フェンダーの張り出しが大きく、躍動感に溢れる車体後部の造形。全幅は1.7mを超えているので、3ナンバー登録車になる。

走行性能を追求するスイフトスポーツは、標準仕様のスイフトよりフロントグリルが大きく、精悍な表情が特徴的だ。

  • 【スズキ/スイフトスポーツ(6MT)】
    全長× 全幅× 全高:3890×1735×1500mm
    ホイールベース:2450mm
    車両重量:970kg
    エンジン:直列4気筒DOHCターボ/1371cc
    最高出力:140PS/5500rpm
    最大トルク:23.4kg-m/2500~3500rpm
    駆動方式:前輪駆動
    燃料消費率:16.4km/l(JC08モード)
    使用燃料:無鉛プレミアムガソリン 37L
    ミッション:6速手動変速機
    サスペンション:前:ストラット 後:トーションビーム
    ブレーキ形式:前:ベンチレーテッドディスク 後:ディスク
    乗車定員:5名
    車両価格:183万6000円(税込み)
    問い合わせ:お客様相談室 電話:0120・402・253

 文/石川真禧照(自動車生活探険家)
撮影/佐藤靖彦

※この記事は『サライ』本誌2018年2月号より転載しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“…
  2. 日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツ…
  3. 【夕刊サライ/横山剣】「ロータス エラン」 “ハンサムなプレイボ…
  4. 【夕刊サライ/横山剣】「いすゞ ベレット」 “僕はタイムマシンに…
  5. 夫婦から息子へと受け継がれた「マツダ ロードスター」ある家族の物…
PAGE TOP