新着記事

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ

魚の一尾ぐらいは手際よくおろせるようになりたい。そう思ってはみても、なかなか実践に踏み出せず…

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

文/緒方文大昨今の「アンチエイジングブーム」により、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

攻守とも最強の城だった江戸城、なぜ天守が残っていないのか?『サライの江戸 江戸城と大奥』で謎を読み解く

現代に至るまで残っている江戸城の天守台は、加賀藩の前田家が工事を行なったもの。しかし、天守そのものは再建されなかった。

なぜ、江戸城には天守が残っていないのでしょうか? 空襲で焼けてしまった? 明治維新でなくなった?

実は、3代将軍家光の没後、家綱が4代将軍になって数年たった1657年の明暦の大火によって消失して以来、再建されていないのです。正直なところ、ちょっと意外な感じがしませんか。一説には、家綱の補佐役だった保科正之が天守無用論を唱えたということですが、時代はすでに「徳川の平和」が定着しており、〝天守の軍事的機能が喪失した今、その再建にお金と労力をかけるよりは、大火によって4分の3が灰となった江戸の復興に力を注ぐ〟という意図だったのか……。いずれにせよ、徳川幕府は1867年の大政奉還に至る約200年の間、天守なしで政権を運営してきたわけです。

その一方で初代将軍家康の天守はどうだったのか? こちらは昨年、島根県の松江市にある松江歴史館で家康時代の図面である『江戸始図』の存在が発表され、話題になりました。

慶長12~14年(1607~1609)に描かれたとされる『江戸始図』によれば、家康時代の天守は今までの通説とは異なり、まるで姫路城のような連立式の天守でした。城の各部分は「ここまでやるか!」というぐらい、攻守とも最強の装備を備えていたのです。

慶長12年(1607)から慶長14年(1609)の頃の江戸城を描いたとされる『江戸始図』。この絵図から家康の江戸城を忠実に再現したのがこのCGだ。CG作成/中村宣夫

そんな今まで知らなかった江戸城にまつわる様々な秘密をテーマにした、サライ・ムック『サライの江戸 江戸城と大奥』が発売になりました。

このムックの巻頭企画では、『江戸始図』を再発見した奈良大学の千田嘉博教授と『家康、江戸を建てる』の著者である直木賞作家・門井慶喜さんの対談を掲載しましたが、その対談の際にでた「家康の時代はまだまだ、次の戦がいつ起こるか、という緊張状態がいたるところにあったのだろう」というお話が印象的でした。私たちは、慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いを経て、家康が征夷大将軍に任命され幕府を開いた慶長8年(1603)になったと同時に「徳川300年」の平和な時代が始まった、と短絡的に考えてしまいがちですが、実際はそうでもなかったことがこの『江戸始図』から読み取れるのです。

城郭研究の第一人者・奈良大学教授千田嘉博氏(左)と『家康、江戸を建てる』の著者でもある直木賞作家・門井慶喜氏(右)。

このように学校の授業や時代劇、小説の中でよく知っているつもりの「江戸」ですが、まだまだ知らないことはたくさんあります。このムックでは数多くのリアルCGを使って、そうした「事実」をわかりやすく解説しています。

例えば、江戸城には天守以外に「本丸御殿」と呼ばれる、今で言うところの、行政区画、将軍の執務室や居住区、そして御台所や大奥女中の部屋からなる巨大な建物がありました。大名や役人が将軍と謁見する場合には、その地位や家格の違いによって、面会する部屋(着座する畳の位置まで決められていた)や将軍がかける言葉さえも明確に区別され、格差が演出されていました。CGを見ると、将軍との距離は思ったよりも遠く、諸役人にいたっては縁頬の端で謁見しています。

寛永期の江戸城本丸と城郭。江戸城の表、中奥(奥)、大奥の3つの区域の建物が左手から右手へと配置されていた。CG作成/中村宣夫

また新発見としては、平成に入って見つかった「豊田家文書」と呼ばれる大奥の建築図面の存在があります。これを読み解いた結果、側室らを呼んで将軍が夜を共にした「御小座敷」の置畳の用法から、俗説のように第三者である添い寝役が同じ部屋に寝るスペースは「なかったのでは?」という新説が浮上しています。

こうした最新の研究によって次々と明らかになる事実は私たちに今までとは全く違う江戸像を描き出してくれます。豊富なCGや図版、そして専門家の解説により江戸を現代に甦らせるサライの江戸シリーズは、この『江戸城と大奥』を皮切りに、第2弾、第3弾と続いていく予定です。今後もぜひご期待ください。

『サライの江戸 江戸城と大奥』
サライ編集部/1,700円/中A4判/128ページ
2018年6月5日発売
ISBN 978-4-09-103553-0

試し読みできます!
↓↓↓
https://shogakukan.tameshiyo.me/9784091035530

詳細はこちらをご覧ください。
http://amzn.asia/fxvEiAY

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 新発見の史料で判明!初代江戸城は「日本最強の要塞」だった
  2. サライ・ムック『江戸城と大奥』刊行記念!魅惑の「江戸城探訪ツアー…
  3. 【江戸クイズ】江戸城で将軍が大奥へと行き来した廊下の名前は?お城…
  4. 江戸城に「天守」がないのは何故?再建に「待った」がかかった驚きの…
PAGE TOP