新着記事

焦がさず焼けて煙らない!画期的な立体囲炉式炭火コンロ

ピアノサロン・クリストフォリのコンサート

ベルリンのトルコ人街にあるクラシックライブハウス、「ピアノサロン・クリストフォリ」で一期一会の音楽と出会う

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【前編】

アロハ オン ザ ガンジェズ ホテル

デジタルデトックスができる!世界のリトリートホテル6選

源氏物語朝顔図(部分) 土佐光起筆 1幅 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵

知っておくと便利! 日本美術の定番の画題を、作品を見ながら学ぶ。【企画展 はじめての古美術鑑賞―絵画のテーマ】

足裏が心地よいモダンな牛革草履で颯爽と街を歩いてみたら?

茶摘み体験

大人が満足する社会見学4選【静岡県】|ヤマハ楽器ミュージアム、電車の転車台体験、うなぎパイファクトリー、茶摘み

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

【家族のかたち】母子家庭でも寂しかった記憶は一切なし。一度した約束は最後まで守ってくれる母親だった~その1~

【家族のかたち】母子家庭でも寂しかった記憶は一切なし。一度した約束は最後まで守ってくれる母親だった~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

なぜ江戸が日本で一番大きい例外になったのか?|直木賞作家・門井慶喜氏と奈良大学・千田嘉博教授が語る「家康が造った江戸城の謎」

なぜ江戸が日本で一番大きい例外になったのか? 〜直木賞作家・門井慶喜氏と奈良大学・千田嘉博教授が語る家康が造った江戸城の謎2019年1月2日・3日の新春時代劇(NHK)での初のドラマ化により、再び注目が集まる直木賞作家・門井慶喜氏の『家康、江戸を建てる』。今回は「サライの江戸」シリーズ第1弾『江戸城と大奥』のために行われた城郭研究の第一人者・奈良大学千田嘉博教授との対談から、家康が作った初代江戸城の謎に迫る!

門井 (東海の5か国から関東に移封されて以降)家康は力を入れて江戸の町を造っていくのですが、私が面白いと思うのは、実際には家康は江戸にいなかったことですね。伏見にいた。遠隔操作というわけです。

千田 大坂城は豊臣家の「私」の城であって、関白政権の「公」の城は聚楽第と伏見城でした。つまり秀吉が死去した時は、伏見こそが日本の首都だったのです。そこに家康がいて諸大名を指揮していた。「公」の政治を行なっている正当性を示すために、家康としても伏見を離れられなかったのでしょう。

門井 2代目の伏見城主として家康は天下人の姿を見せようとしていた。伏見は京都から距離的には近いのですが、当時の伏見は、まあ新開地ですね。京都は平安時代に造られた町、伏見は秀吉の時代に造られた町で、明確な違いがあると思うのです。そして伏見城と大坂城、そして江戸城の3つに共通するのが何かといいますと、全部川を「はけ」て造っているのです。つまりある水準の治水技術がないと成立しない城であったということは、強調していいかと思うのです。

それから私の素朴な疑問なのですが、この3つの町を比べた時に、伏見と大坂はどちらもきれいな碁盤の目でした。この2つに限らず萩や新潟など、近世都市で一から埋め立てて造られた街は碁盤の目になっています。

ところが江戸の町はそうではない。日本で一番大きな町が、日本で一番の例外になってしまった(笑)。これはなぜなのだろうと、前から疑問に思っていました。江戸はもともと太田道灌が造った城があり、それが我々が考える以上に堀や町割りがしっかりしていたのではないか。なので家康の時代にはある程度、それを踏襲せざるを得なかったのではないかと、いうのが私の想像です。

徳川家康

【徳川家康】徳川家康が江戸に建てた城は、姫路城のような連立式天守と熊本城のような5連続枡形などを持つ鉄壁の防御を誇る最強の城だった。『徳川家康画像 天海賛』/東京大学史料編纂所所蔵模写

千田 確かに江戸の町は日本橋のあたりは入り江を埋め立てて、部分的には碁盤の目がありますが、あとは地形の影響などを受けてずいぶんと変則的です。それと家康以前の江戸は寒村で何もないといわれてきましたが、近年の研究では水運の拠点になっていて、それなりの都市であり、 湊が栄えていたようです。それらが家康の町造りに影響を与えたことは充分ありうることだと思います。

門井 私は近代建築が好きで作家の万城目学さんといろいろ回ったりしているのですが、いろんな都市を比べてみると空襲があるかどうかによって大きな違いがありますね。空襲がなかった地域は京都がそうですが、当然ながら残される建物が多い。しかし東京の場合は、3つの大きな被害を受けています。それは関東大震災、東京大空襲、東京オリンピック。1964年のオリンピックで相当東京の街並みはつぶされています。

千田 普通の城は惣構えが周囲を囲い込む閉じた形をしていたのですが、江戸城の場合は天守を起点に「の」の字型で螺旋形をしていました。街が発展していくに従って、惣構えも発展していき、成長を止めない形になっていたのは、先見の明があったと思います。例えば家康も何度も入城して戦った愛知県清須城は、完全に閉じた惣構えをしていました。のちに家康の九男・徳川義直が入城したのですが、その時の様子を調べてみると武家屋敷を城の周囲に置くことができず、城下町のはずれに武家屋敷を配置したり、あるいは城の横に商業地区があったりとか、土地がないためにめちゃくちゃな状況になっていたのがわかります。守りという点で惣構えを閉じた形は強いのですが、都市が発展していくためにはそれが足枷になった。家康はそれを見ていましたので、江戸ではどこまでも発展していける螺旋形の惣構えを採用したのではないかと思います。

門井 家康は伏見城にいながら、プロデューサーとして細かく指示を出していたのでしょうね。

千田 愛知県の清須城から名古屋城に移った時には、大工棟梁の中井正清が細かく家康の意向を確認していました。恐らく江戸城の時も家康は、図面をもとに細かい指示を出していたと想像されます。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 江戸城大手門前 【江戸三百藩】年始、五節句、定例日……|江戸城への登城は大名たち…
  2. 江戸時代、犬と鷹はどちらが偉かったのか?
  3. 東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る…
  4. 江戸最悪の暴君 3位は真田信利、2位は松平忠輝。では1位は?
  5. 江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をC…
PAGE TOP