新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり

出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【福島正則編】

人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き方|『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義

大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四寺のみほとけ】

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年間父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

まるで実写!江戸時代の街の様子をリアルなCGで完全再現してみた

江戸の長屋にごろんと横たわる6尺(約180cm)の巨大な張り子。実はこれ、江戸時代の唐辛子売りの部屋(左)をCG再現したものです。

CG制作/中村宣夫

現代でもおなじみの七味唐辛子ですが、もともとは両国橋西側の薬種問屋や医者の間で知られていて、「七色唐辛子」と呼ばれていたそうです。それが江戸っ子が好きなそばとの相性がよかったため、急速に広がりました。

唐辛子売りはこの巨大な唐辛子の張り子を肩から下げ、中に七色唐辛子の小袋を入れて、「とんとん唐がらし、ひりひりとからいが山椒の粉、すはすはからいが胡椒の粉、七色唐がらし」と売り歩いたそうです。値段は1袋3文(75円)程度でした。

明和2年(1765)には市村座で沢村喜十郎が張り子の大唐辛子を背負い、荒事を熱演したことにより、この張り子を背負う唐辛子売りが流行しました。

*  *  *

この唐辛子売りを始め、江戸の花形職業「大工」や「傘張り職人」といった職人の長屋内部、さらには湯屋、高級料亭まで、落語や歴史小説でおなじみの空間を完全CG再現したサライ・ムック『サライの江戸 CGで甦る江戸庶民の暮らし』が発売になりました。

前巻『江戸城と大奥』に続く、この「サライの江戸」シリーズの目玉は、なんといってもリアルなCGです。特に今回の巻頭企画で紹介する「大江戸日本橋の風景」の美しさは必見で、人々が往来する日本橋と、その遙か向こうに浮かび上がる富士山の姿は、まさに江戸時代にタイムスリップしたかのようです。

CG制作/中村宣夫

CG制作/中村宣夫

特別付録には「新版御府内流行名物案内双六」を収録。これは、歌川芳艶によって嘉永年間(1848~1854)頃に描かれたもので、蕎麦・すし・天ぷらなど、江戸で流行していた名物が具体的な店名とともに描かれています。裏面には現代字訳と解説を掲載していますので、これとあわせて絵柄を見れば、当時の風俗をより深く理解できます。

当時の食生活や物価など、江戸庶民の暮らしのすべてがわかる決定版『サライの江戸 CGで甦る江戸庶民の暮らし』。ぜひお手にとってご覧ください。

『サライの江戸 CGで甦る江戸庶民の暮らし』
サライ編集部/1,700円/中A4判/128ページ
2018年8月7日発売
ISBN 978-4-09-103554-7

試し読みできます!
↓↓↓
https://shogakukan.tameshiyo.me/9784091035547

詳細はこちらをご覧ください。
http://amzn.asia/8o3CSBO

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 江戸城大手門前 【江戸三百藩】年始、五節句、定例日……|江戸城への登城は大名たち…
  2. 『江戸始図』 なぜ江戸が日本で一番大きい例外になったのか?|直木賞作家・門井慶…
  3. 江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をC…
  4. 専門家と歩く江戸城特別ツアー、江戸時代の幻の菓子に参加者驚く!
  5. 新発見の史料で判明!初代江戸城は「日本最強の要塞」だった
PAGE TOP