新着記事

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

べっ甲の耳かき|職人が丹精込めて作った至高の耳かき

伝統工芸のべっ甲細工で作り上げた、耳かきの逸品。べっ甲細工に使われる「タイマイ」(海亀の一種…

まさに「手付かずの自然」!カムチャツカで優美な「高山植物」と「ヒグマ」の聖地を巡る

文/印南敦史北海道沖の千島列島から北へと連なるカムチャツカ半島(ロシア)といえば、雄大な自然…

写真家エバレット・ブラウンが撮り続ける「失われゆく日本」のかたち

幕末に来航したペリー提督の随行写真家の一族で、日本をテーマに写真を撮り続けている写真家のエバレット・…

作家・遠藤周作を終生見守った母の形見のマリア像【文士の逸品No.34】

◎No.34:遠藤周作のマリア像(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦いくつもの顔…

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【夕刊サライ/川合俊一】僕は芸能界でふたりめの投資で儲けた人!?(川合俊一の暮らし・家計コラム 第1回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火曜日は「暮らし・家計」をテーマに、川合俊一さんが執筆します。

文/川合俊一

僕には、現在、日本バレーボール協会理事、日本ビーチバレーボール連盟会長、日本体育大学客員教授、そして、アスリートのマネージメントをするプロダクションの経営者、といった様々な肩書がありますが、その中で最も力を入れているのは、トヨタ自動車ビーチバレーボール部ゼネラルマネージャー(GM)としての活動です。

一般的に、GMというのは、選手・コーチのスカウトや契約などが仕事の中心です。でも、僕はときどきコートに行っては、自分で練習を見ています。そこで、こういう練習も入れたほうがいいのではないか、といったことを選手やコーチにアドバイスしています。

こう言うと、現場のコーチはやりづらいのではないか、と思うかもしれません。

しかし、コーチのように毎日選手と向き合っていると、大事なことを見落とすということが、往々にして起こるんですね。当たり前になりすぎて、本当はやらなければならなかったことを忘れてしまうことも……。

だからこそ“別の角度”から見る必要性があるのです。

全日本のチームでも、元女子バレーボール代表監督だった眞鍋政義監督から、「ブロックの練習を見てほしい」と言われたことがあり、実際にアドバイスしたことがありました。普段の練習に接してないからこそ、選手の状態などを別の角度から見ることができるわけです。

野球ファンの人には、シーズン前のプロ野球のキャンプに、チームのOBが訪れて選手にアドバイスするのと同じようなもの、というとわかりやすいでしょうか。

ビーチバレーボールとの出会いは27歳の時。現役を引退し、アメリカに3か月ほど住んでいたときです。

今もビーチバレーボール普及のために、連盟の仕事をしたり、直接選手を指導したり、様々な活動をしています。

僕はデイトレーダーではありません!

また、そうした活動以外に、個人としては芸能活動も積極的にやっていまして、今では株式のトレーダーというイメージもすっかり定着してしまいました。

そのきっかけは、約5年前に出演したバラエティ番組です。

その内容は、僕が株の取引をしている様子を密着して取材するというもので、番組中、株価が表示されている携帯電話の画面を見ながら、「今、株価が10円上がった!」「よし、15万円儲かった!」なんて言っていたので、強烈なインパクトがあったようです。

実は、番組のスタッフからは、「そんなにストレートに儲かったとか言って大丈夫ですか?」と心配されるほどでしたけど、僕は特に気にせず、儲かった! 損した! とやっていたんです。

確かに、それまでタレントで、投資(※不動産投資)で儲かったと公言する人は、歌手の千昌夫さんくらいしかいませんでしたからね(笑)。

でも、僕の様子が放送されて以降、テレビで「株をやってます!」「不動産投資をしてます」と公言する人がずいぶんと増えました。きっと、反響の大きさを見て、「そういうキャラもアリだな」と思った人が多かったんでしょう(笑)。

また、番組が放送された後、僕の投資のやり方について、株式投資をやっている人からは批判的なコメントも結構ありました。毎日ひんぱんに取引をするデイトレーダーという紹介のされ方で、行き当たりばったりで取引をしている様子でしたから。

ただ、実際にデイトレード的な取引をするのは年に数回程度。通常の取引は、あらかじめチェックしておいた銘柄の売買のタイミングを、じっくりと待つというパターンです。株式投資はガマンしているとほぼほぼプラスになると思うんです。ただ、いつ売るのかを決断するのが難しい。

趣味は株式投資。投資は株しかしていません。

僕は、1988年から株式投資を始めており、現在のその手法は約30年間の取引経験から生み出したものです。その間、何度も暴落にあい、大きな損失を出したこともありますが、トータルの成績ではそこそこの利益が出ています。

このコラムでは、僕の具体的な株式投資の手法や、株式投資にまつわるエピソード、お金に関する考え方などを紹介していきたいと思っています。

短い期間ですが、よろしくお付き合いのほどを。

文/川合俊一(かわい・しゅんいち)
昭和38年、新潟県生まれ。タレント・日本バレーボール協会理事。バレーボール選手としてオリンピック2大会に出場(ロサンゼルス、ソウル)。

撮影協力/Cafe Apartment 183

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径…
  2. 【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“ク…
  3. 【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要な…
  4. 【夕刊サライ/神取忍】ケガの絶えないプロレス稼業で、神取は検査マ…
  5. 【夕刊サライ/福澤朗】ガラパゴス化したプロセスチーズが進化中(福…
PAGE TOP