新着記事

関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵

「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」】

岡山県産綿布の雪駄|素足に心地よい伝統の綿布を使用。普段着でさくさく歩きたい

黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

タイヤは消耗品。黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~

【娘のきもち】幾つもの困難を経て生まれた8歳下の弟。母親の溺愛は日常の風景だった~その1~

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その1~

法律改正でどう変わる?国家資格制度の導入が決まった動物の看護師さん

法律改正でどう変わる?|国家資格制度の導入が決まった動物の看護師さん

チチャロン・サンド全体の味をぴりっと引き締める、オレンジ色のトウガラシソースを添えて

「世界一の朝食」実は〇〇の残りものだった?|ペルーで愛される「チチャロン」

遠州先染織のしじら小あじろ作務衣|涼しい着心地で使うほどに風合いが増す

シューベルト:ピアノ・ソナタ集Vol.2

シューベルトの名作をフォルテピアノ独特の味わいで楽しむ【林田直樹の音盤ナビ】

【最後の恋】オクテ同士のアラカンカップルが、男女の関係になったのは、彼女のリードから~その2~

【最後の恋】妻以外の女性と関係が進んだのは、自分の話を真剣に聞いてくれる“奥ゆかしい昭和の女”だったから~その2~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

30年間変わらぬスペシャリテ!東京・三田の『コートドール』【私のお気に入り126】

赤ピーマンのムース。

赤ピーマンのムース。

今年の2月に開店30周年を迎えた、東京・三田の『コート・ドール』。開店時と同じ料理やデザートが、いまだにメニューに載っているという、極めて稀なレストランです。

「赤ピーマンのムース」「エイの蒸し煮シェリー酢ソース」「牛尾の煮込み赤ワインソース」「ブランマンジェ」などなど。これらはオーナーシェフの斉須政雄さんが、パリのレストランで修業していた時代に、最後の修業先『ランブロワジー』のスペシャリテだったものです。

ブランマンジェ。

ブランマンジェ。

ピーマンもエイもキャベツも牛尾も、どれもごくありふれた食材です。そのありふれた大衆食材から、小さな奇跡を生み出しているところに、これらの皿の素晴らしさがあります。

「赤ピーマンのムース」は『コート・ドール』がメニューに載せると、日本全国のレストランではやり出しました。まさに一世を風靡した料理なのですが、30年間作り続けているのは、きっとここだけではないでしょうか。

スプーンですくえば、赤ピーマンの香りが広がり、そこへ下に敷いてあるトマトのクーリ(ジュース)を添えれば、トマトの香りと酸味が加わ って味わいは渾然一体、得も言われぬ美味しさが口の中を占領します。

『コート・ドール』では、今はやりの「泡のソース」など出てきません。斉須シェフは、この30年間、脇見をせずに食材と正面から向き合い、妥協のない、素直で簡潔な料理を作り続けてきました。

いま、私が日本で最も尊敬するフランス料理のシェフです。

コートドール;厨房1_s

【コート・ドール】
住所/ 東京都港区三田5-2-18 三田ハウス1F
TEL/03-3455-5145
営業時間/【昼】12:00~13:00(L.O)、【夜】18:00~20:30(L.O)
定休日/月曜・第2火曜・第4火曜・夏期休暇(8月中旬頃)、年末年始

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 銀座『レカン』|東京を代表するグラン・メゾンが新装開店【新ひと皿…
  2. 世界一のチョコレートケーキ!京橋『イデミスギノ』(HIDEMI …
  3. まもなく移転!世界一の魚市場「築地市場」の姿を遺す映画が完成【山…
  4. とんかつの醍醐味ここに極まれり!荻窪『たつみ亭』の「上かつ」【山…
  5. 並ばず見られて入場無料!門前仲町で「伊藤若冲展」ひっそり開催中【…
PAGE TOP