新着記事

幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語

幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編18】

男性管理職のメンタル不調は深刻化か? メンタル不調の悩みの約4分の1は40代男性から!

男性40代のメンタル不調が急増!? 悩みの原因は「職場の問題」と「自分自身のこと」

【ビジネスの極意】新リーダーのための「リーダーシップ」理論

【ビジネスの極意】新リーダーのための「リーダーシップ」理論

油麻地

懐かしく怪しき香り漂うディープな街 「油麻地」裏通りを行く(香港)

『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

老後資金、結局いくら必要?|『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

令和初のボーナスの使い途|使う金額、用途、支払い方法は?

令和初のボーナスの使い途|将来のために貯金をする人が約7割!

『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』

テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

小宮悦子×中野信子スペシャルトークイベント ~いい記憶をつくる考え方~[PR]

オフィスの温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスの温度事情

エアコン温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスは7割以上の男性は“暑い”、女性の過半数は“寒い”

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

保存版!京都人が通いつめる「ふだん遣いの美味処」10軒

■9軒目:旬菜あだち 京都市上京区
――昼も夜も楽しめる美味なる居酒屋
推薦人/若林広幸さん(建築家)

名残鱧と水菜と松茸の小鍋1500円。秋の京都を象徴する逸品。日本酒は1合580円~、小グラス(200ml)は200円~。4種飲み比べ850円(いずれも税込み)もある。

居酒屋で修業時代を過ごした後、北山で和食店を開業した店主の足立政弘さん(52歳)は、平成19年に現在の場所へ移転。京都御所の東側で河原町通に面しており、繁華街からは少し外れていて静かな立地だ。

昼は造りや天ぷらなどを主にした手頃な定食、夜は季節料理30品のほか定番50種の料理を用意。肴さかなは400円からという懐にやさしい値段設定で、近隣の会社員たちの憩いの場になっている。

「仕事が終わってふらっと立ち寄れる気軽さがいい」と、河原町通に事務所を構える建築家の若林広幸さん(67歳)もよく利用するという。

この時季なら、名残鱧や聖護院かぶ、松茸などが丁寧に調理されて供れる。他に、鰈の一夜干しや野菜の天ぷら、手羽先塩焼きなど、いわゆる居酒屋料理も定番として評判がよい。

「純米酒を中心に、肴に合う日本酒を揃えています」と話す足立さん。流行にとらわれず、自分の舌で今、一番の飲み頃だと思える酒を集めるという。

カウンター前には、その日の清酒の銘柄が書き出され、小、中、大と3種の量から選んで飲める。

このカウンターで一杯やれば、旅の疲れもゆるゆると癒えそうだ。

冬に向かうにつれて甘みを増す聖護院かぶのきめ細かな身を味わえる、ふろふきかぶら680円。柚子味噌の香りがさわやか。

【旬菜あだち】
京都市上京区上生洲町247
電話:075・256・0011
営業時間:12時~14時、17時30分~22時(いずれも最終注文)
定休日:火曜
料金:昼820円、夜3000円~(税込み)
予約が好ましい。カウンター10席、テーブル8席。

>>次のページへ続く

ページ:

1 2 3 4 5 6 7

8

9

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 華やかでシンプルな器 【陶磁器の街を訪ねて】清水寺参道でうつわ巡り|茶わん坂・五条坂で…
  2. 青もみじ 令和元年に訪れたい「もうひとつの京都」【令和ゆかりの神社・青もみ…
  3. 歩くだけで思い描く“京都”を感じられる魅力的な通りです。 【京都人のお墨付き】狂言師・茂山茂さんおすすめの京都甘味「豊松堂…
  4. 水田玉雲堂の唐板 【京都人のお墨付き】狂言師・茂山茂さんおすすめの京都手土産「水田…
  5. 早朝こそ美しい京都の寺3選 お坊さんも太鼓判! 早朝こそ美しい京都の寺3選
PAGE TOP