新着記事

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

加重ブランケット『スラウン』|ほどよい圧力で包み込み、快眠に誘う“重たい毛布”

カクシゴトが引き金になる●●離婚とは…|離婚の原因いろいろ

「熟年離婚」「成田離婚」「マザコン離婚」|離婚の原因あれこれ

美意識

美意識が高い40代以上が憧れる女性芸能人TOP3は「天海祐希」「吉永小百合」「北川景子」

進学に関する保護者の意識調査

子供の進学に親はどこまで関与する?|保護者が我が子の進学先を選ぶポイントとは?

8号帆布のデイパックと薄マチショルダーバッグ|シンプルで使いやすい。質実剛健な帆布バッグ

(2)キース・ジャレット『ケルン・コンサート』

「都市」と共演するキース・ジャレットのソロ・ピアノ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道32】

不動産のプロ104人に聞いた、30年後に価値の落ちない物件とは|東京近郊のタワーマンションで一番価値が上がるエリアは!?

間違いだらけのタワマン選び|不動産のプロ100人に聞いた「価値が下がらないタワーマンションエリアランキング」(東京近郊編)

雇用保険、健康保険について【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

定年後の「雇用保険」「健康保険」、どうしたらいい?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

エコ・ドライブ グローバル電波時計|僅かな光を動力にする「エコ・ドライブ」搭載。海外対応の電波時計ゆえ時刻合わせは不要

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

京都の台所・錦市場!年末の買い物おすすめ3店【中井シノブの京都通信】

錦市場風景

文・写真/中井シノブ

京都の台所・錦市場には、京の食文化を支えてきた名店が並びます。かつては京の町衆が、そして今は世界中から訪れる観光客が、歴史に培われて魅力を増した食材や道具を買い求めるのです。

そんな錦市場が桜や紅葉の時季と並び賑わうのが年末。京都の人は、新年を迎えるにあたり、「あの品はあそこで」と、贔屓の店でお決まりの食材を買い求めます。

そんな京の風習を参考に、お漬物やお豆腐など年越しの品を求める散歩を楽しんでみませんか。今回はそんな錦市場で手に入る、年越しの逸品をご紹介します。

*  *  *

まずおすすめするのは、冬のお漬物・千枚漬けやすぐき漬です。手作業でひとつひとつ丁寧に漬け込む『錦・高倉屋(にしき・たかくらや)』を訪ねてみましょう。

せっかく市場で買い物するのだから、「冬にしかないお漬物はどれ? この野菜はどうやって食べるのが美味しいの?」と、旬の味やその楽しみ方をお店の方に尋ねるのもいいですね。

同店では、季節を伝える野菜を厳選し、旬の美味しさを堪能できる京漬物を、日々職人がひと樽ひと樽漬けこみます。お正月用の定番は、昆布の旨味が効いた千枚漬やラブレ菌が体にいい「すぐき漬」です。

錦・高倉屋
錦・高倉屋にて。春の筍、夏の水茄子、冬のすぐきなど四季折々の京漬物が並ぶ。

『錦・高倉屋』
住所:京都府京都市中京区錦小路通寺町西入ル東大文字町289-2
電話:075-231-0032
営業時間:10:00~18:30
定休日:年中無休
http://www.takakuraya.jp/

お正月といえばやっぱり「日本酒」。それなら、俳優・佐々木蔵之介さんの実家として知られる上京区の佐々木酒造や伏見の酒蔵の酒も多種揃う『津之喜酒舗(つのきしゅほ)』へ。ここでしか買えない地酒も多く、贈り物などにも喜ばれます。

津之喜酒舗
津之喜酒舗(つのきしゅほ)

創業220年の老舗酒舗「津之喜酒舗」は酒屋一筋、酒コンシェルジュとも呼ぶべき八代目の名物店主で知られます。京都をはじめとした地酒や焼酎だけでなく、シングルモルトやシェリーなどマニアックな品が並ぶのもこの店の特徴。

「今飲むしあわせ」というポップが酒好きの心を掴む量り売りの地酒もあり。

『津之喜酒舗』
住所:京都市中京区錦市場富小路東入ル194
電話:075-221-2441
営業時間:10:00~18:00
定休日:第2水曜休み
http://www.tsunoki.co.jp/

豆腐や湯葉も買って帰りたいなら、創業100年の老舗『近喜商店(きんきしょうてん)』へ。自家製の豆腐やお揚げのほか、生麩や白味噌といったお節料理に欠かせない食材も揃っているので、たっぷり買って、宅急便で送るのがおすすめです。

近喜商店1

お揚げは焼いて醤油をかける、生麩は鍋の具材にと、特別に手を加えなくても、美味しく味わえるのが、旅帰りにはありがたいこと。

近喜商店2

代々受け継ぐ製法で、豆腐、揚げ、ひろうすなどを手作りする店。大豆を水につける時間を季節によって変えるなど、長年の経験を生かしてつくる安定した味わいの品は、家庭のみならず料理屋にも信頼を得てきました。京のお節料理に欠かせない飾り生麩や白味噌などの食材も豊富です。

『近喜商店』
住所:京都府京都市中京区錦小路通富小路東入ル
TEL:075-221-1931
営業時間:8:00~18:00
定休日:水曜

*  *  *

以上、年の瀬の錦市場で手に入れたい、年越しの逸品をお店とともにご紹介しました。

時間があれば、足を延ばして四条通へ。鴨川畔で、気持ちいい景色に出逢うのもいいし、祇園散歩へ出向くのもいい。東山や鴨川からも近い、錦市場ならではのお買いもの散歩。コンパクトな街、京都ならではの凝縮した時間が、年末の京都旅を充実したものにしてくれます。

文・写真/中井シノブ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 東寺 暮らすように楽しむ、京都の朝と夜[PR]
  2. 寝室のベッドマットレスはシーリー社の特別注文品だ。朝食用に老舗『八代目儀兵衛』の米、『柳桜園茶舗』のほうじ茶が備わる。 いま泊まるべき京の宿9軒
  3. 華やかでシンプルな器 【陶磁器の街を訪ねて】清水寺参道でうつわ巡り|茶わん坂・五条坂で…
  4. 青もみじ 令和元年に訪れたい「もうひとつの京都」【令和ゆかりの神社・青もみ…
  5. 歩くだけで思い描く“京都”を感じられる魅力的な通りです。 【京都人のお墨付き】狂言師・茂山茂さんおすすめの京都甘味「豊松堂…
PAGE TOP