新着記事

作家・石牟礼道子さんが問いかけた「食」の本来あるべき姿とは

文・撮影/大沼聡子私たちは日々、食べて生きている。昔とは違い、現代の暮らしは…

性欲減少だけじゃない!「男の更年期」が起こす体の不調あれこれ

文/緒方文大「生涯若々しくありたい!」と願う人は多いでしょう。しかし、男性は50代を…

国宝指定の縄文土器・土偶が勢揃い!特別展「縄文―1万年の美の鼓動」

取材・文/藤田麻希今からおよそ1万3000年前から約1万年つづいた縄文時代。氷期が終わり、安…

天然の鰻はどうして「狐うなぎ」と呼ばれるのか?【食いしん坊の作法 第7回】

文/山本益博夏の土用丑の日が近くなると、「鰻の蒲焼」が必ず話題に上ります。「蒲焼」の焼けるに…

あのドレッシング発祥の地!カナダのサウザンアイランド紀行【カナダ・オンタリオ州の旅1】キングストン市内とサウザンアイランドクルーズ

写真・文/石津祐介カナダの中東部に位置し、トロントやオタワといった主要都市を要するオンタリオ…

それでも貴方は寝ないのか?「睡眠不足」の危険すぎる悪影響5つ

文/中村康宏睡眠、足りてますか?睡眠には、身体の状態を一定に保つ(恒常性を維…

戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

 文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

【夕刊サライ/福澤朗】講演後のビールとつまみが最高!(福澤朗の美味・料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

もし有名高校の野球ユニフォームの文字がこんなだったら…【イシグロ妄想研究所 vol.6】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)画像作成/澤田洋佑高校野球、甲子園の100…

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

京都のタクシードライバーがこっそり薦める「京みやげ」3つ

取材・文/鈴木史子(ウィンダム)

京都の街と歴史、紅葉名所など見どころを熟知しているのがタクシーのドライバー。彼らから知られざる観光情報を聞けば、あなたも“京都通”になれる。

ヤサカタクシーの観光タクシーは、小型タクシーを貸し切るフリープラン2時間8240円(税込み)〜。コールセンター電話:075・842・1212

京都の街中を効率よく移動して、ゆっくり京都観光を楽しむために、タクシーを活用する人は多い。そのため地元のタクシードライバーは、長年観光客を案内するうちに、定番だけでなく穴場の情報にも通じるようになった。

例えばヤサカタクシーは、約1200人のドライバーのうち、観光案内ができる観光タクシーの資格を持つドライバーが約650人。彼らは道を熟知するだけでなく、観光地や寺院の案内までできる京都観光の専門家といえる。「京都検定」(京都・観光文化検定試験)を受験したり、その他にも勉強会や研修会に参加するなど、常に勉強と情報収集を欠かさない。

そんな京都ヤサカタクシーのドライバーが推薦する「京都で買うべき土産物」をいくつか紹介しよう。

*  *  *

テレビや雑誌で紹介された商品や、京都でしか買えない土産物を求める乗客も多い。デパートに出店する店が多いなか、やはり本店でしか購入できない商品は稀少価値が高い。

店に足を運ばなければ買えない『長文屋』の「七味唐がらし」を挙げたのは塩野さんと高部さんだ。

「全国の蕎麦屋さんから注文が入る七味の専門店です。七味の材料を好みの味や辛さに合わせて調合してくれます」(塩野さん)

けしの実、黒胡麻、山椒、唐辛子、白胡麻、麻の実、青紫蘇、青海苔を混ぜて作る七味唐がらし。

【長文屋】
京都市北区北野下白梅町54-8
電話:075・467・0217
営業時間:10時~18時
定休日:水曜、木曜
料金:340円~(税込み)

*  *  *

「これは特別な催事以外、基本は本店でしか購入できないお饅頭です」と、ドライバー歴14年の岡昌賢さん(49歳)が薦めるのは、明治15年(1882)創業の和菓子屋『塩芳軒』の銘菓「聚楽」だ。

聚楽第のあった場所にちなんだ名物「聚落」(写真手前)。「丸最中」(奥)は餡が美味。

【塩芳軒】
京都市上京区黒門通中立売上ル飛弾殿町180
電話:075・441・0803
営業時間:9時~17時30分
定休日:日曜、祝日、第1水曜
価格:各162円(税込み)

*  *  *

京都の味が楽しめる調味料も、土産物として重宝される。

『八百三』の、柚子形陶器入りの『柚味噌』は、本店でしか購入できません」(田尻さん)

宝暦年間に精進料理の店として始まり、柚味噌の専門店になった。手土産にも最適。

【八百三】
京都市中京区姉小路通東洞院西入ル
電話:075・221・0318
営業時間:9時~18時
定休日:日曜、木曜
価格:3600円(陶器入り、内容量220g/税込み)

*  *  *

以上、京都のタクシードライバーが薦める京都の土産物を3つご紹介した。

名所を効率よく巡り、京都らしい食事や買い物の案内もしてくれる観光タクシー。予約の際に、行きたい場所やどのような場所が見たいかなどの希望を伝えると、ドライバーが事前に準備でき、より密度の濃い京都観光が期待できる。

うまくタクシーを活用して新たな魅力を発見できれば、今までにない旅となるだろう。

【ヤサカタクシー】
公式サイト:http://www.yasaka.jp/

取材・文/鈴木史子(ウィンダム) 撮影/五十嵐美弥

※この記事は『サライ』本誌2016年10月号より転載しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 京都の老舗花屋「花政」主人が薦める夏の山野草6種
  2. 一輪の花が迎えてくれる大人の京都路地裏バー『文久』(京都・三条)…
  3. 叡山ケーブルと八瀬もみじの小径で夜の絶景散歩を楽しむ【京都、初夏…
  4. 愛宕街道・古道に佇む「平野屋」で京都の“旬”を味わう【京都、初夏…
  5. “神の気”満ちる青もみじの貴船神社で心身ともにリフレッシュ【京都…
PAGE TOP