取材・文/池田充枝

今日、世界中で愛されている画家、フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)は、苦悩と失意のなかで世を去っています。ファン・ゴッホの没後、彼の芸術を世に知らしめた立役者のひとりがオランダの実業家夫人、ヘレーネ・クレラー=ミュラー(1869-1939)です。

ヘレーネが創設したクレラー=ミュラー美術館のコレクションを中心にしたゴッホ展が開かれています。(2022年2月13日まで)

フィンセント・ファン・ゴッホ《種まく人》
1888年6月17-28日頃
クレラー=ミュラー美術館
(C) Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands

本展では、クレラー=ミュラー美術館から油彩画28点、素描・版画20点、ファン・ゴッホ美術館から油彩画4点が出品され、52点が一堂に会します。加えてミレー、ルノワール、スラー、ルドンら同時代の画家の作品20点も紹介します。

本展の見どころを、主催の西日本新聞社、安田由佳子さんにうかがいました。

「いまでは誰もがよく知る画家、フィンセント・ファン・ゴッホですが、その作品は、没後に開催された展覧会や伝記などを通して、そのドラマチックな人生とともに幅広く知られ、人気を獲得するようになりました。

フィンセント・ファン・ゴッホ《黄色い家(通り)》
1888年9月
ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)
(C)Van Gogh Muuseum, Amsterdam(Vincent van Gogh Foundation)

ヘレーネ・クレラー=ミュラーはその立役者の一人です。ヘレーネは20世紀初頭にファン・ゴッホの人と作品に魅了され、20年間にわたり作品をコレクションし、公開することで画家の名を世に知らしめたのです。本展では、ヘレーネが開いたクレラー=ミュラー美術館と、ゴッホ美術館のコレクションから、52点のゴッホ作品を展示します。

フィンセント・ファン・ゴッホ《夜のプロヴァンスの田舎道》
1890年5月12-15日頃
クレラー=ミュラー美術館
(C)Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands

その中でも注目の作品は、〈ヒマワリ〉と並ぶ代表的なシリーズ〈糸杉〉のひとつ、《夜のプロヴァンスの田舎道》です。今回16年ぶりに本作品が来日します。鮮やかでうねるような筆致を間近にご覧いただける貴重な機会です。各地を遍歴し描き続けた画家の生涯を振り返り、評価と人気が高まっていく過程にも注目する本展、ぜひ会場でお楽しみください」

いつ見ても、何度見ても心揺さぶられる作品が満載!! ぜひ会場に足をお運びください。

フィンセント・ファン・ゴッホ《レストランの内部》
1887年夏
クレラー=ミュラー美術館
(C) Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands

【開催要項】
ゴッホ展——響きあう魂 ヘレーネとフィンセント  
会期:2021年12月23日(木)~2022年2月13日(日)
会場:福岡市美術館
住所:福岡市中央区大濠公園1-6
電話:092・714・6051
開館時間:9時30分から17時30分まで(入館は17時まで)
休館日:月曜日(ただし1月3日、1月10日は開館)、年末年始(12月30日~1月1日)、1月4日(火)、1月11日(火)
https://www.fukuoka-art-museum.jp
料金:HP参照
アクセス:HP参照
※会場内の密集をさけるため、土・日・祝日、1月2日・3日は日時指定チケットの事前購入を推奨します。
巡回:名古屋市美術館(2022年2月23日~4月10日予定)

取材・文/池田充枝

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
2月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品