新着記事

【ビジネスの極意】やりたい仕事とはどのような仕事ですか?|「やりたい仕事」を追い求めて消耗する人たち

【ビジネスの極意】やりたい仕事とはどのような仕事ですか?|「やりたい仕事」を追い求めて消耗する人たち

蒸れを防ぐ秘密機構で夏場も快適な撥水帽子

『あなたへ』

降旗康男監督と高倉健が組んだロードムービー『あなたへ』【面白すぎる日本映画 第31回】

夏の登山・ハイキング人気スポットランキング!

登山・ハイキング人気スポットランキング|「世界自然遺産」から「日本百名山」まで夏に行きたい景勝地10選

高血圧

「高血圧治療ガイドライン」改定であなたも高血圧!?|40代からは塩分量に注意が必要!

畳の香りにつつまれて極上の昼寝ができる快眠寝具セット

スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリカン・ソングブック【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

ブロードウェイ・ミュージカルの名曲をジャズマンが演奏する理由【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

食の安全。自分の身を自分で守るためには|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

危険な食品添加物から自分の身を守る|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

お葬式の費用は半数が100万円から200万円以下

わからないことだらけのお葬式の費用|約5割が「一般葬」で100万円から200万円払っている!

自宅で焼酎パーティを開きたくなる美濃焼の焼酎サーバー

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

巨匠ミケランジェロが描いた真筆のスケッチ! 「ミケランジェロ展 ルネサンス建築の至宝」

ミケランジェロ・ブオナローティ《システィーナ礼拝堂天井画<クマエの巫女>のための頭部習作》〔1508-1510年 トリノ王立図書館蔵〕©Trino,Biblioteca Reale

ミケランジェロ・ブオナローティ《システィーナ礼拝堂天井画<クマエの巫女>のための頭部習作》〔1508-1510年 トリノ王立図書館蔵〕©Trino,Biblioteca Reale

イタリア・ルネサンスの巨匠、ミケランジェロ・ブオナローティ(1475-1564)の建築作品に光を当てる展覧会が、東京・汐留のパナソニック 汐留ミュージアムで開催されています。

《ダヴィデ》像や《ピエタ》像、システィーナ礼拝堂の天井画、サン・ピエトロ大聖ドームなど、彫刻、絵画、建築といった3つの芸術分野の仕事で「神のごとき」と称されたミケランジェロですが、本展ではフィレンツェやローマに今も残るサン・ロレンツォ聖堂新聖具室やカンピドリオ広場など、ミケランジェロが手がけた数々の建築作品に重点を置いています。

ミケランジェロの子孫が受け継いだ邸宅と関係資料を公開する、フィレンツェのカーサ・ブオナローティの所蔵作品を中心に、作品約70点を展観。特別コーナーでは、20世紀日本を代表する建築家たちが、この巨匠に寄せた畏敬の念を自作のなかでいかに展開したかを紹介します(東京展のみ)。

ミケランジェロ・ブオナローティ「サン・ロレンツォ新聖具室」〔フィレンツェ、1520-1534年〕©Associazion Culturale Metamorfosi

ミケランジェロ・ブオナローティ「サン・ロレンツォ新聖具室」〔フィレンツェ、1520-1534年〕©Associazion Culturale Metamorfosi

本展の見どころを、パナソニック 汐留ミュージアム・学芸員の大村理恵子さんにうかがいました。

「彫刻、絵画、建築という視覚芸術の3つの領域で傑出した才能を発揮した、イタリア・ルネサンスの巨匠ミケランジェロの展覧会です。史上最大といわれるシスティーナ礼拝堂の天井画のための下絵を含む素描35点は、すべて500年ほど前にミケランジェロが描いた真筆です。

また、建築家としてのミケランジェロに焦点をあてた展覧会は日本初で、模型、映像など多様な資料を展示します。古代ローマをイメージした空間でご鑑賞いただきます」

本展は東京展のあと、広島県福山市のふくやま美術館(9月18日~11月6日)に巡回されます。お近くの方はお楽しみに。

パナソニック 汐留ミュージアムのサイトはこちら

【ミケランジェロ展 ルネサンス建築の至宝】
■日伊国交樹立150周年記念 ミケランジェロ展 ルネサンス建築の至宝
■会期/2016年6月25日(土)~8月28日(日)
■会場/パナソニック 汐留ミュージアム
■住所/東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階
■電話番号/03・5777・8600(ハローダイヤル)
■料金/一般1000円 65歳以上900円 大学生700円 中高生500円 ※小学生以下無料、20名以上の団体は各100円引、障がい者手帳所持者と介護者1名は無料
■開館時間/10時から18時まで(入館は17時30分まで)
■休館日/水曜日、夏期休館(8月12日~18日)
■アクセス/都営大江戸線汐留駅より徒歩約5分、東京メトロ銀座線・都営浅草線・ゆりかもめ新橋駅より徒歩約6分、JR新橋駅より徒歩約8分

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 源氏物語朝顔図(部分) 土佐光起筆 1幅 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵 知っておくと便利! 日本美術の定番の画題を、作品を見ながら学ぶ。…
  2. 重要美術品 藤原定信筆《石山切 (貫之集巻下断簡)》平安時代 12世紀 泉屋博古館蔵 かな文字がつくり出す美の世界【企画展 日本の書―和歌と詩のかたち…
  3. 本来の屏風は和室で座って眺めるもの。あえて低い位置に展示されているので、お座敷にいる気分で作品の鑑賞ができます。 80代になっても進化し続けた「若冲の美」|商人時代に描いた絵から…
  4. 《白紅梅織地朝顔麻葉模様浴衣》昭和時代 20世紀前半 東京都江戸東京博物館蔵 前期展示 ゆかた今昔物語【特別展 ゆかた 浴衣 YUKATA すずしさのデ…
  5. 重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺 師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至…
PAGE TOP