新着記事

8号帆布のデイパックと薄マチショルダーバッグ|シンプルで使いやすい。質実剛健な帆布バッグ

(2)キース・ジャレット『ケルン・コンサート』

「都市」と共演するキース・ジャレットのソロ・ピアノ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道32】

不動産のプロ104人に聞いた、30年後に価値の落ちない物件とは|東京近郊のタワーマンションで一番価値が上がるエリアは!?

間違いだらけのタワマン選び|不動産のプロ100人に聞いた「価値が下がらないタワーマンションエリアランキング」(東京近郊編)

雇用保険、健康保険について【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

定年後の「雇用保険」「健康保険」、どうしたらいい?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

エコ・ドライブ グローバル電波時計|僅かな光を動力にする「エコ・ドライブ」搭載。海外対応の電波時計ゆえ時刻合わせは不要

彩り野菜のホットサラダ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】秋の味覚、さつまいもを使ったレシピ 「さつまいものごまチーズ焼き」「彩り野菜のホットサラダ」

憧れの女性象として活躍した女優、八千草薫|『男はつらいよ 寅次郎夢枕』【面白すぎる日本映画 第36回】

憧れの女性像として活躍した女優、八千草薫|『男はつらいよ 寅次郎夢枕』【面白すぎる日本映画 第36回】

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/11~11/17)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/11~11/17)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/11~11/17)牡羊座~蟹座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

巨匠ミケランジェロが描いた真筆のスケッチ! 「ミケランジェロ展 ルネサンス建築の至宝」

ミケランジェロ・ブオナローティ《システィーナ礼拝堂天井画<クマエの巫女>のための頭部習作》〔1508-1510年 トリノ王立図書館蔵〕©Trino,Biblioteca Reale

ミケランジェロ・ブオナローティ《システィーナ礼拝堂天井画<クマエの巫女>のための頭部習作》〔1508-1510年 トリノ王立図書館蔵〕©Trino,Biblioteca Reale

イタリア・ルネサンスの巨匠、ミケランジェロ・ブオナローティ(1475-1564)の建築作品に光を当てる展覧会が、東京・汐留のパナソニック 汐留ミュージアムで開催されています。

《ダヴィデ》像や《ピエタ》像、システィーナ礼拝堂の天井画、サン・ピエトロ大聖ドームなど、彫刻、絵画、建築といった3つの芸術分野の仕事で「神のごとき」と称されたミケランジェロですが、本展ではフィレンツェやローマに今も残るサン・ロレンツォ聖堂新聖具室やカンピドリオ広場など、ミケランジェロが手がけた数々の建築作品に重点を置いています。

ミケランジェロの子孫が受け継いだ邸宅と関係資料を公開する、フィレンツェのカーサ・ブオナローティの所蔵作品を中心に、作品約70点を展観。特別コーナーでは、20世紀日本を代表する建築家たちが、この巨匠に寄せた畏敬の念を自作のなかでいかに展開したかを紹介します(東京展のみ)。

ミケランジェロ・ブオナローティ「サン・ロレンツォ新聖具室」〔フィレンツェ、1520-1534年〕©Associazion Culturale Metamorfosi

ミケランジェロ・ブオナローティ「サン・ロレンツォ新聖具室」〔フィレンツェ、1520-1534年〕©Associazion Culturale Metamorfosi

本展の見どころを、パナソニック 汐留ミュージアム・学芸員の大村理恵子さんにうかがいました。

「彫刻、絵画、建築という視覚芸術の3つの領域で傑出した才能を発揮した、イタリア・ルネサンスの巨匠ミケランジェロの展覧会です。史上最大といわれるシスティーナ礼拝堂の天井画のための下絵を含む素描35点は、すべて500年ほど前にミケランジェロが描いた真筆です。

また、建築家としてのミケランジェロに焦点をあてた展覧会は日本初で、模型、映像など多様な資料を展示します。古代ローマをイメージした空間でご鑑賞いただきます」

本展は東京展のあと、広島県福山市のふくやま美術館(9月18日~11月6日)に巡回されます。お近くの方はお楽しみに。

パナソニック 汐留ミュージアムのサイトはこちら

【ミケランジェロ展 ルネサンス建築の至宝】
■日伊国交樹立150周年記念 ミケランジェロ展 ルネサンス建築の至宝
■会期/2016年6月25日(土)~8月28日(日)
■会場/パナソニック 汐留ミュージアム
■住所/東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階
■電話番号/03・5777・8600(ハローダイヤル)
■料金/一般1000円 65歳以上900円 大学生700円 中高生500円 ※小学生以下無料、20名以上の団体は各100円引、障がい者手帳所持者と介護者1名は無料
■開館時間/10時から18時まで(入館は17時30分まで)
■休館日/水曜日、夏期休館(8月12日~18日)
■アクセス/都営大江戸線汐留駅より徒歩約5分、東京メトロ銀座線・都営浅草線・ゆりかもめ新橋駅より徒歩約6分、JR新橋駅より徒歩約8分

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 重要文化財 佐竹本三十六歌仙絵 小大君(部分) 鎌倉時代 13世紀 奈良・大和文華館 【展示期間:11月6日~11月24日】 空前絶後! ばらばらになった幻の歌仙絵が京都に集結【[特別展] …
  2. 「黄瀬戸竹花入」 荒川豊蔵 昭和33年(1958) 愛知県陶磁美術館 (川崎音三氏寄贈) 昭和の陶芸家に見いだされて世に広まった、美濃焼の全貌に迫る【黄瀬…
  3. 《麗子肖像(麗子五歳之像)》1918年10月8日 東京国立近代美術館 制作年順に並べることで発見できる、岸田劉生の新たな魅力【没後90…
  4. 「円山・四条派」とは何か? その全貌に迫る【円山応挙から近代京都…
  5. 原三溪ポートレイト 提供:三溪園 明治時代から昭和初期の大コレクター・原三溪が夢見た幻の美術館を具…
PAGE TOP