新着記事

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

巨匠ミケランジェロが描いた真筆のスケッチ! 「ミケランジェロ展 ルネサンス建築の至宝」

ミケランジェロ・ブオナローティ《システィーナ礼拝堂天井画<クマエの巫女>のための頭部習作》〔1508-1510年 トリノ王立図書館蔵〕©Trino,Biblioteca Reale

ミケランジェロ・ブオナローティ《システィーナ礼拝堂天井画<クマエの巫女>のための頭部習作》〔1508-1510年 トリノ王立図書館蔵〕©Trino,Biblioteca Reale

イタリア・ルネサンスの巨匠、ミケランジェロ・ブオナローティ(1475-1564)の建築作品に光を当てる展覧会が、東京・汐留のパナソニック 汐留ミュージアムで開催されています。

《ダヴィデ》像や《ピエタ》像、システィーナ礼拝堂の天井画、サン・ピエトロ大聖ドームなど、彫刻、絵画、建築といった3つの芸術分野の仕事で「神のごとき」と称されたミケランジェロですが、本展ではフィレンツェやローマに今も残るサン・ロレンツォ聖堂新聖具室やカンピドリオ広場など、ミケランジェロが手がけた数々の建築作品に重点を置いています。

ミケランジェロの子孫が受け継いだ邸宅と関係資料を公開する、フィレンツェのカーサ・ブオナローティの所蔵作品を中心に、作品約70点を展観。特別コーナーでは、20世紀日本を代表する建築家たちが、この巨匠に寄せた畏敬の念を自作のなかでいかに展開したかを紹介します(東京展のみ)。

ミケランジェロ・ブオナローティ「サン・ロレンツォ新聖具室」〔フィレンツェ、1520-1534年〕©Associazion Culturale Metamorfosi

ミケランジェロ・ブオナローティ「サン・ロレンツォ新聖具室」〔フィレンツェ、1520-1534年〕©Associazion Culturale Metamorfosi

本展の見どころを、パナソニック 汐留ミュージアム・学芸員の大村理恵子さんにうかがいました。

「彫刻、絵画、建築という視覚芸術の3つの領域で傑出した才能を発揮した、イタリア・ルネサンスの巨匠ミケランジェロの展覧会です。史上最大といわれるシスティーナ礼拝堂の天井画のための下絵を含む素描35点は、すべて500年ほど前にミケランジェロが描いた真筆です。

また、建築家としてのミケランジェロに焦点をあてた展覧会は日本初で、模型、映像など多様な資料を展示します。古代ローマをイメージした空間でご鑑賞いただきます」

本展は東京展のあと、広島県福山市のふくやま美術館(9月18日~11月6日)に巡回されます。お近くの方はお楽しみに。

パナソニック 汐留ミュージアムのサイトはこちら

【ミケランジェロ展 ルネサンス建築の至宝】
■日伊国交樹立150周年記念 ミケランジェロ展 ルネサンス建築の至宝
■会期/2016年6月25日(土)~8月28日(日)
■会場/パナソニック 汐留ミュージアム
■住所/東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階
■電話番号/03・5777・8600(ハローダイヤル)
■料金/一般1000円 65歳以上900円 大学生700円 中高生500円 ※小学生以下無料、20名以上の団体は各100円引、障がい者手帳所持者と介護者1名は無料
■開館時間/10時から18時まで(入館は17時30分まで)
■休館日/水曜日、夏期休館(8月12日~18日)
■アクセス/都営大江戸線汐留駅より徒歩約5分、東京メトロ銀座線・都営浅草線・ゆりかもめ新橋駅より徒歩約6分、JR新橋駅より徒歩約8分

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 原三溪ポートレイト 提供:三溪園 明治時代から昭和初期の大コレクター・原三溪が夢見た幻の美術館を具…
  2. 大津絵 猫と鼠 1幅 江戸時代 町田市立博物館蔵 ほっこり癒やされる日本美術が大集合!【特別展 日本の素朴絵― ゆ…
  3. 妖女襖絵 京都の夏を涼しくする、妖女と幽霊・妖怪たち【高台寺・百鬼夜行展と…
  4. 関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵 「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流…
  5. 「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日) 江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く…
PAGE TOP