新着記事

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

リーダーシップとは何か? 多くの人はメンバーを引っ張っていく強い意志、などを持った人間、と思…

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

来る2020年の東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムに、日本の伝統色である藍色が採用…

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

文・写真/マンゲイラ靖子(海外書き人クラブ/ブラジル在住ライター)ブラジルの東北地方、バイー…

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

忙しいときや特定の栄養が不足している時に補うことができるバランス栄養食品。今はどの銘柄が人気…

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

文/砂原浩太朗(小説家)「知る人ぞ知る」という表現を時おり耳にする。一般的な知名度は…

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆「“ごんげん蒸し”が上手にできれば、一日気分がいい」という歌…

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

奈良県北部に位置する大和郡山市。戦後より皮革産業が盛んなこの地で、70年にわたり紳士靴づくり…

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

文・写真/羽生のり子(海外書き人クラブ/フランス在住ライター)スペイン国境に近いピレ…

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  旅行についての記事一覧

  1. 多くの観光客で賑わうコルコバードの丘のキリスト像  

    新・世界七不思議に選ばれたリオデジャネイロのシンボル|「コルコバードのキリスト像」はどうやって作られた!?

         

    文・写真/マンゲイラ靖子(海外書き人クラブ/ブラジル在住ライター)ブラジル観光の人気スポットの上位にランキングされるコルコバードのキリスト像(Morro do corcovado)は、言わずと知れたリオ・デ・ジャネイロのシンボルです…

  2. 1位:上野恩賜公園【東京都】  

    関東圏在住のドライバーが選んだ「おすすめ桜スポットランキング」|3位「小田原城址公園」、2位「国営昭和記念公園 桜の園」、1位は?

         

    だんだんと春めいて、暖かくなってきた今日このごろ。もうすぐお花見のシーズンだ。今回は少し早いが、株式…

  3. メスカルのお伴はライムではなくオレンジ。そこにチリパウダーを混ぜた塩と乾燥させたグサノ(イモムシ)があれば完璧だ。  

    アメリカで大人気の「メスカル」、神の酒「プルケ」、メキシコワイン「Madera 5」|テキーラだけじゃない、メキシコの地酒を嗜む

         

    文・写真/長谷川律佳(海外書き人クラブ/メキシコシティ在住ライター)メキシコのお酒と聞くと真…

  4.  

    年に一度の夫婦の記念日を「トランスイート四季島」の旅で祝う[PR]

         

    子どもが無事独立し、親としての役目を果たした夫婦が迎える第二の人生。たとえば結婚記念日に夫婦水入らず…

  5. 「ザ・ガン号」その2  

    豪華寝台列車「ザ・ガン号」で1420㎞の荒野を行くオーストラリア大陸縦断の旅【後編】キャサリン→アリススプリングス [PR]

         

    文・写真/櫻井 寛※豪華寝台列車「ザ・ガン号」で1420㎞の荒野を行くオーストラリア…

  6. 【うつわの街を訪ねて】日本で初めて磁器が焼かれた産地、有田でうつわ巡り  

    【陶磁器の街を訪ねて】400年の歴史が息づく日本磁器発祥の地、有田でうつわ巡り|世界最大規模の有田焼ショッピングリゾート「アリタセラ」

         

    写真・文/矢崎海里突然ですが、皆さんの旅行に行く目的は何ですか?温泉?絶景?観光名所…

  7. 水田玉雲堂の唐板  

    【京都人のお墨付き】狂言師・茂山茂さんおすすめの京都手土産「水田玉雲堂の唐板」

         

    取材・文/末原美裕鴨川の流れが刻々と告げる四季の移り変わり、今日もどこかで催されてい…

  8. 世界第二のビール消費国、オーストリアのビール事情と工場見学  

    世界第二のビール消費国・オーストリア|飲み放題の試飲付き「ビール工場」見学ツアーを体験!

         

    文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)一人当たりのビール消費量が世界第二…

  9. 高所恐怖症の人はクラクラしてしまいそうな天井座敷。  

    ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法

         

    文・写真/宮本薫(海外書き人クラブ/ドイツ・ベルリン在住ライター)完璧な音楽などというも…

  10.  

    奈良・興福寺の中金堂が約300年ぶりに再建!記念講演会のお知らせ

         

    天平の美を蘇らせた、奈良「興福寺 中金堂」 “七転び八起き”で約300年ぶりに再建!「青…

  11.  

    パックンと『サライ』が認定!日本の「お宝観光資源」3選|観光商談マッチングフェア2018[PR]

         

    昨年12月に開催された「観光商談マッチングフェア2018」(主催:全国商工会連合会)では、全国から2…

  12.  

    穴場だらけ!知られざる日本全国の「お宝観光スポット」14選|観光商談マッチングフェア2018[PR]

         

    日本全国には、四季折々の美しい自然や山海の幸、地域で育まれてきた伝統や文化など、観光資源が多く眠って…

  13.  

    豪華寝台列車「ザ・ガン号」で1420㎞の荒野を行くオーストラリア大陸縦断の旅【前編】ダーウィン→キャサリン [PR]

         

    文・写真/櫻井 寛今から90年前の1929年、南オーストラリアの州都アデレードから、…

  14. 早朝こそ美しい京都の寺3選  

    お坊さんも太鼓判! 早朝こそ美しい京都の寺3選

         

    8取材・文/末原美裕京都は風光明媚な寺社仏閣が多数存在し魅力的な街だけど、人ごみの中…

  15. シャングリ・ラ ホテル 東京  

    世界中の旅行者が認めた! 日本の「ベストホテル」1位は『シャングリ・ラ ホテル 東京』

         

    旅行において、宿選びは重要なポイントだ。旅の目的や予算に応じて、ベストなホテルを選ぶわけだが、その際…

  16. うずらがゆ  

    「これを食べるために京都へ来た」と言わしめる、「瓢亭」の季節限定・朝食をいただく

         

    取材・文/末原美裕「瓢亭」と言えば、450年以上もの間、京都とともに歴史を歩んできた…

  17. イギリス政治の中心地ロンドン・ウェストミンスター  

    イギリスのブレグジット問題|あるスコットランド女性の憂いとチャレンジ

         

    文・写真/石橋貴子(海外書き人クラブ/スコットランド在住ライター)今、イギリスが揺れ…

  18.  

    ドナウ河の渓谷と世界遺産を走り抜けるローカル線「ヴァッハウ鉄道」

         

    文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)オーストリアに10か所ある世界遺産…

  19. 眩いばかりの黄金製品も多数展示されている。  

    ラテンアメリカ第1位に輝く「ラルコ博物館」(リマ) |性の営みを表現した土器が有名な「エロティック・ギャラリー」は必見!

         

    文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)海外旅行で博物館を訪れるこ…

  20. つなん雪まつり【新潟県 新潟県 】  

    新潟県「つなん雪まつり」が1位を獲得!|行ってみたい冬の絶景スポットランキングTOP10

         

    冬真っ盛り。株式会社リクルートライフスタイルが企画・編集する旅行情報誌『じゃらん』は、「冬の絶景」に…

  21. 藻岩山  

    家から見える1番いい眺めはここ!|「札幌」「仙台」「広島」「福岡」の眺望ランキング ベスト10

         

    札幌・仙台・広島・福岡の街 ~眺望ランキング ベスト10~ 家から見えると嬉しい景色は?眺め…

  22.  

    キリシタンのまほろば|佐世保湾歴史クルージング【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵半島】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  23. 鶴岡八幡宮のスケッチ(「鶴岡八幡宮」完成画は「サライ」1月号に掲載されています)  

    日曜の鶴岡八幡宮で甲冑姿の人々をスケッチ【半島をゆく 三浦半島編 特別編】

         

    『サライ』本誌連載「半島をゆく」の装画を担当している日本画家・北村さゆりさんによる、取材同行エッセイ…

  24. アンコール遺跡群  

    3位マチュピチュ、2位サグラダ・ファミリア、1位は?|旅好きが選ぶ!日本人に人気の海外観光スポットベスト20

         

    日本のパスポートで、ビザなしで渡航できる国や地域の数は190ヵ所と、世界一である。そんな最強のパスポ…

  25. 名越切通②  

    武家の古都・鎌倉で海と切通しをスケッチ【半島をゆく 三浦半島編 特別編】

         

    『サライ』本誌連載「半島をゆく」の装画を担当している日本画家・北村さゆりさんによる、取材同行エッセイ…

  26. 武士の都 鎌倉を象徴する鶴岡八幡宮  

    中世武士の聖都「鎌倉」の地形に隠された意味とは【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島4】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  27. JAL工場見学  

    旅好きが選ぶ! 無料観光スポットランキング|第1位は「JAL工場見学 Sky Museum」

         

    飛行機を間近で見られたり、工場直送のビールが飲めたりと、“無料”でお得に学んだり、楽しめる観光スポッ…

  28. 咸臨丸  

    所縁の地サンフランシスコで巡る幕末の歴史|「咸臨丸」水夫達の眠る墓地に想う

         

    文・写真/杉野美穂子(海外書き人クラブ/アメリカ在住ライター)『咸臨丸』、幕末の…

  29. 北海道が1位を獲得!|初日の出を見たい都道府県ランキング  

    北海道が1位を獲得!|初日の出を見たい都道府県ランキング

         

    もうすぐ新年。新しい年を迎えるにあたり、初日の出を見るのは1年の始まりとして清々しい気分にな…

  30. 3時間半でスコットランドを飲んで、食べ尽くす「フードツアー」  

    短時間でエディンバラの名物を飲んで食べ尽くす!|新しい観光スタイル「フードツアー」のススメ(スコットランド)

         

    文・写真/石橋貴子(海外書き人クラブ/スコットランド在住ライター)食事は、旅行中の何よりの楽…

PAGE TOP