新着記事

川中島にある信玄と謙信像。川中島合戦はお互いにとって不毛な戦いだった。

大河ドラマ『麒麟がくる』満喫リポート|【戦国史のおさらい(1)】「桶狭間合戦」のきっかけを作った 武田×今川×北条の「三国軍事同盟」

乾燥シーズンに増える手指のお悩み…「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?

既婚女性 4,700名に聞いた「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その1~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その1~

塾に通う小学生・中学生の子どもをもつ保護者に聞いた「塾への満足度調査」

塾に通う小学生・中学生の保護者に聞いた「退塾の原因」

リードが外れた!いざという時のために今しておくこと

ペットのリードが外れた!いざという時のために今しておくこと

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

【京都人のお墨付き】三軸組織織元 西陣織織元「綵巧」代表取締役 室門恒明さんおすすめ|京都西陣の味「五辻の昆布」

取材・文/末原美裕

【京都人のお墨付き】三軸組織織元 西陣織織元「綵巧」代表取締役 室門恒明さんおすすめ|京都西陣の味「五辻の昆布」

京都で長年活躍している目の肥えた方々が足繁く通うお店は、間違いなく感動と出会えるところ。本連載では目利きの京都人の方が太鼓判を押すお店を紹介していきます。

今回、京都人のお墨付きの場所を教えてくれるのは、三軸組織(さんじくくみおり)織元 西陣織織元「綵巧(さいこう)」代表取締役の室門 恒明(むろかど つねあき)さん。

京都人のお墨付き

「西陣織の力織機の奏でる音はすごいでしょう?」と微笑まれる室門 恒明さん。11台もの織機が稼働している様は西陣でも珍しい光景です。

室門さんが代表を務める、「綵巧」には世界に二台しか存在しない大型環状織機があります。その織機は「三軸組織」を製織できる唯一のものです。

京都人のお墨付き

世界に二台しかない大型環状織機は両方とも綵巧が保有しています。デリケートな操作が必要になる織機のため、ベテラン織り職人たちの確かな「手」と「目」と「耳」が入ることにより高い品質が保たれています。

「三軸組織は、千年以上前、京都で誕生したと伝えられている<京くみひも>の技術と、イタリアのトーションレースの技法との融合によって生まれた織物のことです。奈良時代に大陸から技法が伝わり、経典を保管する組紐や貴族の正装の装飾品に使われてきました。それらの品々は、今も正倉院や法隆寺の宝物館、安芸ノ宮島厳島神社等に大切に収蔵されていますよ」と室門さん。

三軸組織

「三軸組織は、斜め組織だから緩まず、シワにもなりにくい。また、多彩な色糸を使用するから、絶妙なグラデーションが表現できるんです」と室門さん。複雑に交差した糸によって光の屈折が生まれ、独特の光沢を放っています。

三軸組織

三軸組織の名刺ケース。伝統に裏打ちされた美しさと独特の風合いが人目を引きます。元々帯に使われる織物なので強度があり、使うたびに愛着が増します。

「五辻のこんぶやさん」と京都人から親しまれている

五辻の昆布 本店

京都人のお墨付き

「お歳暮やお中元、誰かに手土産を持っていこうかという時に寄らせてもらって、もう30年になります。“こんぶやさん”と一口に言っても、種類が多くて珍しいものも揃っているので、相手の好みに合わせた品物を選ぶことができるんです」と室門さんがおすすめしてくれたのは、「五辻の昆布 本店」。千本通り沿いのお店で、近くには北野天満宮があります。
軒先には、今ではあまり見かけない塩昆布用の機械切り・手で押切りされた昆布が数種類並び、お店に入る前から思わず手が伸びてしまいます。

京都人のお墨付き

落ち着いた店内には、出汁昆布はもちろん、佃煮からふりかけ、お茶、甘味など昆布にまつわる商品が所狭しと並べられています。

京都人のお墨付き

お客さんが次々と訪れますが、地元の方ばかりなので、ゆったりと買い物ができます。

「手土産を渡す相手の年齢だったり、家族構成を伝えると、店員さんがいつも的確に商品をセレクトしてくれるんです。手土産や贈答品はいつもこのお店だけで決まるから安心ですね」と室門さん。
今のおすすめを「五辻の昆布」の久世 章斗(くせ あきと)代表取締役専務に聞いてみました。「各季節限定の昆布の佃煮はいつもご好評いただいています。この夏は新生姜入り塩昆布の「洛水」(8月まで、580円・税込)がおすすめです。みずみずしい新生姜と昆布の相性は抜群ですよ」
新生姜の穏やかな辛味とまろやかな昆布の組み合わせはご飯のお供にぴったりです。

京都人のお墨付き

洛水の包装紙は高瀬川のイラスト。「元々、新聞紙でくるんでいたのですが、西陣の織屋さんの催事などのお土産に出させていただくようになり、先々代の発案で京都の名所風景が描かれた包装紙を使うようになったんです」と久世さん。

また、約2㎝四方に刻まれた昆布が入っている「だし昆パック」(1300円・税込)を使うといい昆布出汁が手軽にとれると人気です。「昆布本来の旨味を伝えたくて作りました。手間をかけずに“ほんまもん”の味わいが感じられますよ」と久世さん。

京都人のお墨付き

だし昆パック(1300円・税込)

「五辻の昆布がある西陣の界隈には、徒歩圏内に京料理・てんぷらの<天喜(てんき)>、京菓子の<千本玉壽軒(せんぼんたまじゅけん)>、赤飯と豆大福といえば<金時>、老舗パン屋の<大正製パン所>など大々的には知られていないけれど、名店がたくさんあります。西陣全体を楽しんでもらいたいですね」と話す久世さんからは西陣への誇りを感じました。
お土産に昆布を買いながら、西陣をぶらりと歩いてみれば、ほんまもんの京都時間が過ごせるはずですよ。

■室門恒明さん
三軸組織織元 西陣織織元である有限会社 綵巧 の代表取締役。
1948年、京都・西陣に生まれる。西陣織屋で働いたのち、1962年に2代目を継ぎ現職となる。世界に2台しか存在しない大型環状織機を使い、「京くみひも」の技術と、イタリアのトーションレースの技法との融合によって生まれた織物である、「三軸組織」という希少な織物を製織している。“最高”の西陣織を発信する織元。
http://nishijinori-saiko.jp

■五辻の昆布 本店

営業日:年中無休
営業時間: 9:00~18:00
住所:京都市上京区五辻通千本東入る西五辻東町74-2
TEL:075-431-0719
アクセス:京都市バス「千本今出川」下車 徒歩約5分
https://itutuji.com

取材・文/末原美裕
小学館の編集者を経て、フリーの編集者・ライター・Webディレクターに。2014年、文化と自然豊かな京都に移住。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 京都人のお墨付き 【京都人のお墨付き】能役者・味方團さんおすすめの役者を支える味「…
  2. 京都人のお墨付き 【京都人のお墨付き】能役者・味方團さんおすすめの京都甘味「大黒屋…
  3. 梅しそおろし蕎麦 【京都人のお墨付き】三軸組織織元 西陣織織元「綵巧」代表取締役 …
  4. 【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ…
  5. マンションの1階、豊かな緑と青い庇が目印です。 【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ…
PAGE TOP