新着記事

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

文/印南敦史きわめてニッチな一冊であると言えよう。なにしろ『名古屋の酒場』(大竹敏之…

毎日出勤しても仕事が無い…「社内失業者」にならないために必要なこと

毎日、出勤していても仕事が無いというケースがあります。就労していながらの「社内失業」の実態と…

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

オーナー社長の後継者は世襲制となっている会社も多いだろう。だが、その社長にリーダーシップがな…

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

生きていく上で欠かせないもののひとつが「お金」です。もちろん、お金がすべてではありませんが、…

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

近年、共働き世帯の増加によりPTA活動が大きな負担となり、PTAの必要性の議論やPTA廃止の…

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

陽光眩しい季節になりました。今年は新型コロナの影響で外出時間は減るかもしれません。それでも日焼けした…

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

文/池上信次「顔合わせ」の2回目です(前回はこちら)。ジャズは、誰とでも共演できるというのが…

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

テレビを見ていて、音がちゃんと聞き取れず、“聞き逃し”をしてストレスを感じた経験はありません…

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

休校期間が長かった学校は不利? 入試時期は変わる? 受験生の9割以上「受験に不安」、約8割受験勉…

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

写真・文/矢崎海里外国産も多く出回っているにんにくですが、5月~7月に旬を迎える野菜です。…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

鎌倉

  1. 鶴岡八幡宮のスケッチ(「鶴岡八幡宮」完成画は「サライ」1月号に掲載されています)  

    日曜の鶴岡八幡宮で甲冑姿の人々をスケッチ【半島をゆく 三浦半島編 特別編】

         

    『サライ』本誌連載「半島をゆく」の装画を担当している日本画家・北村さゆりさんによる、取材同行エッセイをお届けします。文・画/北村さゆり日曜日の鶴岡八幡宮は参拝する人々で賑わっていた。大銀杏の切り株を眺めていた…

  2. 名越切通②  

    武家の古都・鎌倉で海と切通しをスケッチ【半島をゆく 三浦半島編 特別編】

         

    『サライ』本誌連載「半島をゆく」の装画を担当している日本画家・北村さゆりさんによる、取材同行エッセイ…

  3. 武士の都 鎌倉を象徴する鶴岡八幡宮  

    中世武士の聖都「鎌倉」の地形に隠された意味とは【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島4】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  4.  

    『鎌倉清雅堂』の「鎚起(ついき)」のうつわ|職人技が光る金属器の艶めき

         

    文・写真/鈴木拓也鎌倉の長谷寺や大仏のほど近くに店舗を構える『鎌倉清雅堂』は、「鎚起…

  5.  

    遊行寺と光触寺|時宗開祖・一遍上人ゆかりの2つの寺【鎌倉名刹紀行8】

         

    文・写真/鈴木拓也藤沢市にある清浄光寺(しょうじょうこうじ)は時宗の総本山で、1325年に呑…

  6.  

    東慶寺と浄智寺|北鎌倉に並び立つ文化人ゆかりの寺【鎌倉名刹紀行7】

         

    文・写真/鈴木拓也北鎌倉にある東慶寺(とうけいじ)は、「駆込寺」や「縁切寺」として知られてい…

  7.  

    成就院と星井寺|由比ヶ浜へと続く石段の参道【鎌倉名刹紀行6】

         

    文・写真/鈴木拓也由比ヶ浜にほど近い極楽寺にある真言宗大覚寺派の成就院は、平安時代に弘法大師…

  8.  

    杉本寺と宝戒寺|鎌倉最古の寺の苔むした石段【鎌倉名刹紀行5】

         

    文・写真/鈴木拓也鎌倉は二階堂にある杉本寺の開山は734年、鎌倉の地で最も古くからあ…

  9.  

    高徳院|美男で名高い「鎌倉の大仏さん」を訪ねる【鎌倉名刹紀行4】

         

    文・写真/鈴木拓也「鎌倉の大仏」で名高い高徳院は、長谷寺から徒歩数分の距離にあり、この地域で…

  10.  

    光明寺|鎌倉最大級の山門&本堂の圧倒的迫力【鎌倉名刹紀行3】

         

    文・写真/鈴木拓也「鎌倉で一番大きな山門と本堂のあるお寺は?」と訊かれて、正しく答えられる人…

  11.  

    長谷寺|巨大な十一面観音菩薩像の奇しき由来とは【鎌倉名刹紀行2】

         

    文・写真/鈴木拓也長谷寺は、鎌倉幕府創建より450年も前にさかのぼる聖武天皇治世の7…

  12.  

    建長寺|鎌倉五山第一位の名刹の見どころ【鎌倉名刹紀行1】

         

    文・写真/鈴木拓也北鎌倉にある建長寺は、臨済宗の寺格を定めた鎌倉五山の第一位、そして臨済宗建…

  13.  

    鎌倉・長谷寺、年末の美景3つ【風景写真家・原田寛の旬景散歩】

         

    奈良・長谷寺の本尊と同じ木から刻り出されたという伝説がある、鎌倉・長谷寺の観音菩薩像は、木像としては…

  14.  

    武家の古都・鎌倉の「夏の美景」5選【風景写真家・原田寛の旬景散歩】

         

    いくら鎌倉の夏が静寂だと言っても、さすがに暑さにめげてしまいそうな季節。それでも、暑さをしのぐ工夫を…

  15.  

    武家の古都・鎌倉7月「とっておきの花景色」5つ【風景写真家・原田寛の旬景散歩】

         

    古都鎌倉へ向かう横須賀線の車内は、相変わらず混雑しているが、鎌倉駅を降り立つ人の波は、若宮大路に出る…

  16.  

    武家の古都・鎌倉で早春の風景を撮影する【風景写真家・原田寛の旬景散歩】

         

    2~3月の鎌倉は花でいえばウメが満開の季節。今年は大きな寒暖差のために、花の状態が完璧というわけには…

PAGE TOP