新着記事

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

夫婦から息子へと受け継がれた「マツダ ロードスター」ある家族の物語

高知県南国市。田畑が広がる緑豊かな住宅地に松村一亀(かつき)・倫子(のりこ)さん夫妻の自宅はある。ガ…

墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セット

水と筆があれば、墨汁を使わなくても書道の練習ができるセット。半紙の代わりに使うのは「水写布」…

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

武家の古都・鎌倉で早春の風景を撮影する【風景写真家・原田寛の旬景散歩】

2~3月の鎌倉は花でいえばウメが満開の季節。今年は大きな寒暖差のために、花の状態が完璧というわけにはいかなかった。風景写真の決定的シーンは狙って撮れることは少なく、どうしても何年もかけて撮影することになってしまう。

今回訪れた常立寺のウメも過去の写真レベルではなかったので撮影は見送った。この寺は厳密には鎌倉ではなく、藤沢市の東端だが、鎌倉文化圏にある寺院。日ごろは拝観者もそれほど多くないのだが、ウメの季節には多くの写真ファンが集まってくる。鎌倉周辺随一のシダレウメの名所だからだ。

そんなわけで、今回は過去の写真で常立寺のシダレウメを紹介。夜半に強い風雨にみまわれた翌朝に訪れ、満開の花が残念ながら散っていた時のカットが3枚目の「こぼれ梅」。雨で濡れた黒い地面にこぼれた花びらが浮かび上がって見えた。こんな偶然の出会いを逃さず撮影していくことが、風景写真の醍醐味だ。

紅白の花をパターン模様のように。

常立寺のシダレウメ。紅白の花をパターン模様のように撮った一枚。

地蔵石像の背中越に白梅をボケで撮影。

地蔵石像の背中越に白梅をボケで撮影。

「こぼれ梅」

「こぼれ梅」

 

地元ならではの早春の味を楽しむ

常立寺でのウメの撮影はあきらめて、腰越(こしごえ)の浜に向かう。

常立寺のある江ノ島駅からは江ノ電でひと駅、歩いても行ける距離に腰越の浜がある。近年、生シラスが人気だが、この時期はまだ禁漁期。かわりに、2月は養殖ワカメ、3月は天然ワカメを収穫している。鎌倉の坂ノ下や材木座海岸でもワカメを獲っているが、浜でワカメ干しをしている風情が好きで、私はいつも腰越漁師の加藤丸に通っている。

ある晴れた日、腰越の浜を目指して午前中の早めに出かけた。その理由はふたつあって、ひとつは干しワカメがまだ完全に乾いていないので、撮影目的ならワカメを美しい緑色に撮影できること。時間が経つと、ワカメは干上がって黒くなってしまうのだ。そしてもうひとつ、運が良ければなんと生ワカメを買うことができる。これをシャブシャブにして食すのが我が家の食卓に春を告げる定番料理。鍋に入れてシャブシャブすると、サッと色が緑色に変わる瞬間は、やがて木々が新緑に覆われる季節を予感させてくれる。

今年のワカメは休漁日が続いていたらしいが、運よく青空の下でワカメ干しに出会うことができた。そして撮影後には、ワカメの根元部分であるメカブもワカメと一緒に入手することができた。遠方からの観光客が生ワカメを買って持ち帰るのは鮮度などの点でいろいろ難しいが、最近は鎌倉市内の飲食店でもワカメのシャブシャブを提供するところがある。これなら誰でも気軽に鎌倉の早春の味覚を堪能することができる。

ワカメの奥には稲村ヶ崎から三浦半島まで望める。

腰越の浜。干しワカメの奥には稲村ヶ崎から三浦半島まで望める。

一家総出でワカメ干し。

腰越の浜では一家総出でワカメ干しの真っ最中だった。

右はメカブ酢、中央はチーズとの和え物、左がシャブシャブ用ワカメ。

購入した生ワカメとメカブを自宅で調理。右奥はメカブ酢、中央はメカブとチーズの和え物、左がシャブシャブ用ワカメ。

店舗では盛りつけも美しく手軽に楽しめる。

こちらは鎌倉市内にある「こまち市場 風凛」で楽しめる「新生わかめのしゃぶしゃぶ」。店舗では盛りつけも美しく手軽に楽しめる。

 

常立寺(じょうりゅうじ)
紅白のシダレウメが並び咲く姿が見られるのは鎌倉でもここだけ。
住所/神奈川県藤沢市片瀬3-14-3
TEL/0466-26-1911
拝観時間/自由
拝観料/無料
アクセス/江ノ電江ノ島駅から徒歩約5分、湘南モノレール湘南江の島駅から徒歩約3分


■加藤丸直売所
海辺の風景としても魅力を感じる浜小屋。干しワカメは養殖1000円、天然ワカメは1200円
住所/神奈川県鎌倉市腰越2-1-1
TEL/0467-31-07460
営業時間/8時30分~15時(完売まで)
定休日/不定休
アクセス/江ノ電腰越駅から徒歩約4分


■こまち市場 風凛(ふうりん)
三崎漁港から直接買い付ける魚介の新鮮さ、美味しさで評判の料理店。ワカメしゃぶしゃぶ一人前880円
住所:神奈川県鎌倉市小町1-1-1
TEL:0467-24-7971
営業時間:ランチ11時〜15時、ディナー16時30分〜22時30分(L.O.21:45)
定休日:無休
アクセス/JR鎌倉駅東口から徒歩約1分、エキスト鎌倉 2F

 

文・写真/原田  寛
1948年 東京生まれ。1971年 早稲田大学法学部卒業。日本全国の古都や歴史ある町並みを中心に撮影を続け、鎌倉の歴史と文化・自然の撮影をライフワークとしている。鎌倉風景写真講座を主宰し後進の指導にもあたる。作品集は『鎌倉』『鎌倉Ⅱ』(ともに求龍堂)『四季鎌倉』(神奈川新聞社)『花の鎌倉』(グラフィック社)など多数。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『鎌倉清雅堂』の「鎚起(ついき)」のうつわ|職人技が光る金属器の…
  2. 遊行寺と光触寺|時宗開祖・一遍上人ゆかりの2つの寺【鎌倉名刹紀行…
  3. 東慶寺と浄智寺|北鎌倉に並び立つ文化人ゆかりの寺【鎌倉名刹紀行7…
  4. 成就院と星井寺|由比ヶ浜へと続く石段の参道【鎌倉名刹紀行6】
  5. 杉本寺と宝戒寺|鎌倉最古の寺の苔むした石段【鎌倉名刹紀行5】
PAGE TOP