新着記事

北斎が!フェルメールが!あの名画が買える『大人の逸品 美術館』が誕生

文/編集部サライ読者にはすっかりお馴染みであろう小学館の通販サービス『大人の逸品』のサイト内…

500マイルの極上ドライブ。スコットランド最大ルート“NC500”の5つの魅力

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)“スコットランドが…

帆布ミニ縦型ショルダーバッグ|街歩きにいい小振りなショルダーバッグ

鞄の産地、兵庫県豊岡市の鞄ブランド「鸛帆布」から小振りなショルダーバッグが届いた。厚手の10…

てんぷらは東京の郷土料理【食いしん坊の作法 第11回】

文/山本益博「てんぷら」は語源からもわかるように外来の料理が次第に和食になっていた日…

LUMIX DC-FT7|どんな季節でも野外撮影を楽しめるタフなデジタルカメラ

文/編集部パナソニックから、アクティブな撮影を楽しめるタフ性能のコンパクトデジタルカメラ『L…

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトークショーが…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

旅行

杉本寺と宝戒寺|鎌倉最古の寺の苔むした石段【鎌倉名刹紀行5】

杉本寺の苔に覆われた石段

文・写真/鈴木拓也

鎌倉は二階堂にある杉本寺の開山は734年、鎌倉の地で最も古くからある寺である。光明皇后(聖武天皇の后)が、夢の中に現れた観音様のお告げを受け、行基が彫った観音像を安置していた場所に本堂を据えたのが、始まりだという。

坂東三十三観音霊場と鎌倉三十三観音霊場の第一番札所としても知られ、多くの参拝者を集める。

石段を上ったところにある仁王門には、運慶の作と伝えられる一対の仁王像がにらみをきかせ、その先は苔むす石段に続いている。

仁王門の伝運慶作の仁王像

石段は摩耗が激しく危険なため、現在は通行止めとなっており、左側の石段を迂回して本堂を目指すことになる。「十一面杉本観音」の白旗が周囲をとりまく本堂は、なるほど鎌倉最古だけあって、ふるぶるしく趣がある。

杉本寺の本堂

本堂で祀られているのは、8~10世紀にかけ順次造立された3体の十一面観音像。1189年、隣家で生じた火災が本堂に延焼したときに、3体の観音像が近くの杉の木の下に避難したという言い伝えがある。それ以来、「杉の本の観音」と呼ばれるようになった。

また、乗馬したまま寺の前を通行しようとすると、落馬する者が続出したことから「下馬観音」とも呼ばれた。建長寺開山の蘭渓道隆が祈願し、観音像を袈裟で覆ったところ落馬する者がいなくなったというが、この故事から「覆面観音」とも呼ばれた。

これらは秘仏とされ遠くからの拝観になるが、本堂内にはほかに運慶作とされる御前立十一面観音像や地蔵菩薩像などが安置されている。

*  *  *

杉本寺から鶴岡八幡宮の方向へ、しばらく下ったところに見える三叉路に面して、杉本寺の親寺の宝戒寺がある。

ここはかつて、執権北条氏の代々の屋敷があったが、新田義貞の軍勢によって北条氏は滅ぼされ、屋敷も焼かれた。その後、北条氏の霊を慰めるため、そして国宝的人材を養成する道場として、後醍醐天皇の命により足利尊氏が建立したいきさつがある。

本堂は、1538年の火災で焼失したが、江戸時代に入り再興し今に至る。鎌倉二十四地蔵尊の第一番札所、鎌倉三十三観音霊場の第二番札所、鎌倉七福神の一として、秘仏を含め何体もの仏像を祀る。

宝戒寺の本堂

本堂とは別に、聖徳太子を祀る聖徳太子堂など3堂宇をかまえ、年中行事ともなると多くの人が訪れる。

宝戒寺は、秋の彼岸の時分に、シロハギの花が境内一面に咲くことから、「萩寺」の愛称を持つ。シロハギ以外に植えられている花は百種あまりで、春夏秋冬を問わず何かしらの花が咲いている。いつ訪れても、心が和まされる名刹である。

百種あまりの花が、境内の四季を彩る宝戒寺

【杉本寺】
住所:鎌倉市二
階堂903

電話:0467-22-3463
公式サイト:http://sugimotodera.com/
拝観時間:8:00~16:30(16:15入山受付終了)
交通:鎌倉駅から5番バス乗り場で、「金沢八景駅」行き、「鎌倉霊園正門前(太刀洗)」行き、「ハイランド」行きバス乗車、「杉本観音」バス停下車徒歩約1分

【宝戒寺】
住所:鎌倉市小町3-5-22
電話:0467-22-5512
公式サイト:http://hokaiji.com/
拝観時間:8:00~16:30
交通:鎌倉駅から5番バス乗り場で、「金沢八景駅」行き、「鎌倉霊園正門前(太刀洗)」行き、「ハイランド」行きバス乗車、「大学前」バス停下車徒歩約2分

文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「苔」が美しい京都の寺4選
  2. 京都「琵琶湖疏水」の通船が来春復活!127年の歴史薫る夢の水路を…
  3. 遍照寺|源氏物語「夕顔」ゆかりの由緒ある寺【真言宗御室派の名刹を…
  4. 道明寺|聖徳太子霊跡にして菅原道真ゆかりの古刹【真言宗御室派の名…
  5. 仁和寺|格式と優美が共存する真言宗御室派の総本山【真言宗御室派の…
PAGE TOP