新着記事

【夕刊サライ/神取忍】神取流いじめ撲滅運動~思いを声に出す大切さを伝えたい(神取忍の健康・スポーツコラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

富士山ぐい呑み|職人技で磨き込まれた富士山シルエットの酒器

金属加工の本場、新潟県燕市から届いた、ぐい呑みセット。錆びにくく熱に強い「18‐8ステンレス…

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

三菱/エクリプス クロス|ブランド復活を狙った、斬新な意匠が評判の高性能な小型SUV【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)荒地などでの走行性能に優れた車づくりに定評のある三菱自動車…

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

建長寺|鎌倉五山第一位の名刹の見どころ【鎌倉名刹紀行1】

文・写真/鈴木拓也

北鎌倉にある建長寺は、臨済宗の寺格を定めた鎌倉五山の第一位、そして臨済宗建長寺派の大本山として、つとに知られる名寺。第5代執権北条時頼が、中国の禅僧、蘭渓道隆(らんけい・どうりゅう)を招いて1253年に開山した、本邦初の本格的な禅寺でもある。

天下の禅林として、一時は千人を超える修行僧を擁したという建長寺。その長い歴史の中で、火災により衰微した時期もあったものの、江戸幕府の後援によって再興し、2003年の創建750年事業によって、現在の姿を迎えている。

旅行者にとって建長寺の見どころは尽きない。以下、順に紹介したい。

■1:三門(重要文化財)

建長寺の三門

関東一円から浄財を募り、1775年に再建された建長寺の三門(三解脱門の略)は、その下を通ると心が清浄になることを祈念して造られた。

「狸の三門」という別名があるのは、建立の折に寺で飼われていた狸が恩義に報いようと、僧侶の姿に身を代えて大活躍した言い伝えから。

三門の下には、十六羅漢のひとり「賓頭盧尊者」(おびんづる様)の坐像がある。自分の体で痛いところにあたる部分をなでると、痛みがひくとされている。

■2:梵鐘(国宝)

1255年鋳造という、きわめて古い梵鐘で、蘭渓道隆による銘文が浮き彫りにされている。鎌倉では数少ない国宝のひとつである。

■3:仏殿(重要文化財)

建長寺の仏殿

1647年に、江戸の増上寺より徳川秀忠夫人の霊屋を移築したもので、中には本尊である地蔵菩薩像が安置されている。

禅寺で地蔵菩薩を本尊とするのは珍しいが、これは建長寺建立の前に、この地にあった地蔵堂の縁起を引き継いだからだという。

建長寺仏殿内の地蔵菩薩像

■4:法堂(重要文化財)

建長寺の法堂

法堂(はっとう)とは、もともと住職が須弥壇の上で説法をするための堂宇。そのため本来は仏像を置かないが、今は千手観音菩薩像と釈迦苦行像を祀っている。

建長寺法堂内の千手観音菩薩像

法堂の巨大天井画『雲龍図』は、建長寺の創建750年記念事業の一環として、鎌倉に在住した故小泉淳作画伯が描いたもの。見る者に畏敬の念を抱かせずにはおれない、雄渾の大作である。

建長寺法堂の天井画『雲龍図』

『雲龍図』の大きさは、直下の千手観音菩薩像と比較するとよく分かる

■5:唐門(重要文化財)

建長寺の唐門

唐門は、1647年の仏殿移築時に一緒に移築された、唐破風の屋根を持つ建築物。先年の大修理によって、往時のまばゆい美しさを取り戻している。

■6:庭園

境内の奥、方丈の裏手にあるのが、蘭渓道隆の作庭した庭園。江戸時代の改修で所々に手が加えられているが、禅寺の庭らしい趣を保っている。方丈には、庭に面してこしかけがしつらえており、境内の散策で疲れた身体を休めることができる。

方丈から臨む建長寺の庭園

以上、駆け足の紹介となったが、建長寺の魅力の一端がうかがえたかと思う。

これほどの風光明媚を誇る名刹だが、北鎌倉駅と鎌倉駅の真ん中あたりに位置し、遠方からの旅行者にはややハードルが高い。最寄りの北鎌倉駅から歩いて15分ほどの行程であるが、途次には明月院、東慶寺、浄智寺など名刹があるので、そちらに立ち寄りながら、ゆるりとした気持ちで訪れるとよいだろう。

【建長寺】
住所:鎌倉市山ノ内8
電話:0467-22-0981
公式サイト:http://www.kenchoji.com/
拝観時間:8:30~16:30
交通:北鎌倉駅より鎌倉駅方面に向かって徒歩約15分

文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 京都「琵琶湖疏水」の通船が来春復活!127年の歴史薫る夢の水路を…
  2. 遍照寺|源氏物語「夕顔」ゆかりの由緒ある寺【真言宗御室派の名刹を…
  3. 道明寺|聖徳太子霊跡にして菅原道真ゆかりの古刹【真言宗御室派の名…
  4. 仁和寺|格式と優美が共存する真言宗御室派の総本山【真言宗御室派の…
  5. 金剛寺|後村上天皇が月を愛でた観月亭が残る名刹【真言宗御室派の名…
PAGE TOP