新着記事

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

成就院と星井寺|由比ヶ浜へと続く石段の参道【鎌倉名刹紀行6】

文・写真/鈴木拓也

由比ヶ浜にほど近い極楽寺にある真言宗大覚寺派の成就院は、平安時代に弘法大師(空海)が護摩修法を行った地に建立された。時は1219年、創建は執権北条泰時である。その後1333年の新田義貞による鎌倉侵攻に巻き込まれて焼失し、西ヶ谷に移った。1688年元禄元年・中興の祖となる祐尊が、元の地に成就院を再建し今に至る。

成就院は、結界門をくぐり、煩悩の数である一〇八つの石段参道を上ったところにある。長い参道を振り返ると、芥川龍之介や国木田独歩が愛した由比ヶ浜を一望できる。

成就院参道から由比ヶ浜を望む

参道より山門をくぐった右手に真言宗の宗祖、弘法大師の行脚像が出迎える。山門で一礼したのち進んだ正面に本堂がある。

成就院の弘法大師行脚像

成就院の本堂

本堂には、本尊・不動明王の他に、大日如来、聖観世音菩薩、弘法大師座像、地蔵菩薩が祀られている。ここは、鎌倉三十三観音第二十一番札所であり、聖観世音菩薩をめあてに参拝に訪れる人も多い。

堂内への立ち入りや写真撮影は不可となっているが、その代り本堂の右手に、「本尊 不動明王 御分身」像が安置されている。ここは「縁結び祈願のスポット」として知られ、御守りとして待ち受け画面にするなど人気がある。

縁結びなどの御利益があると人気の不動明王御分身

さて、境内を出て、東側の参道を再び一〇八段を下り、道なりに歩いてゆくと屋根型の蓋をかぶせた井戸が見える。これは「星の井」という名の井戸で、鎌倉十井のひとつに数えられる。

奈良時代の昔、昼間でも井戸の水面に明星の光が映ったことからこの名がついたが、地元民からその噂を聞いた高僧行基が行ってみると、井戸の中に虚空蔵菩薩の姿を見た。行基は、ここに堂を建て自ら彫った虚空蔵菩薩像を安置したという。

のちに源頼朝が、この像を秘仏としたが、これを祀るのが、井戸のそばに位置する星井寺である。

秘仏虚空蔵菩薩像を祀る星井寺の虚空蔵堂

かつては、35年に一度だけ開帳が許された秘仏だが、熱心な信者の意に沿うため毎年1月13日に開帳が行われるようになった。秘仏は現在、成就院の境外仏となっている。

成就院、星井寺はともに、奈良・平安の古き伝説を秘めた霊力みなぎる古刹である。鎌倉を訪れた際は、ぜひ足をのばしてほしい。

【成就院】
住所:鎌倉市極楽寺1-1-5
電話:0467-22-3401
公式サイト:http://www.jojuin.com/
拝観時間:8:00~17:00(11月1日~3月1日は16:30まで。ご朱印受付は9:00から)
交通:江ノ島電鉄極楽寺駅下車徒歩約3分

【星井寺】
住所:鎌倉市坂ノ下18-28
拝観時間:随時(ご朱印受付は成就院にて)
交通:江ノ島電鉄極楽寺駅下車徒歩約5分、江ノ島電鉄長谷駅下車徒歩10分

文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 京都「琵琶湖疏水」の通船が来春復活!127年の歴史薫る夢の水路を…
  2. 遍照寺|源氏物語「夕顔」ゆかりの由緒ある寺【真言宗御室派の名刹を…
  3. 道明寺|聖徳太子霊跡にして菅原道真ゆかりの古刹【真言宗御室派の名…
  4. 仁和寺|格式と優美が共存する真言宗御室派の総本山【真言宗御室派の…
  5. 金剛寺|後村上天皇が月を愛でた観月亭が残る名刹【真言宗御室派の名…
PAGE TOP