新着記事

2016年10月29日、「樹木希林の遺言」の演題で静岡市にて開催された講演の模様をDVDで初公開。希林さんが講演を引き受けることは滅多になく、講演自体が貴重な記録だ。講演では、希林さん独特の人生観、死生観が、時折笑いを交えながら、淡々と語られた。

女優・樹木希林が明かした“幸せの極意”|全身がん公表後の講演会がDVDブックで初公開

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

東京歯科大学口腔健康科学講座スポーツ歯学研究室 武田友孝教授(左)。右は筆者。

【キーパーソンに聞く|東京歯科大学 武田友孝教授】「正しく噛むことが怪我予防につながる」

傷だらけの天使

さえない場面でも、ブザマな状況でも全部カッコよかったショーケン『傷だらけの天使』【面白すぎる日本映画 第29回・特別編】

サライ読者に聞いた「最近始めた趣味/やめた趣味」ランキング

サライのマカオ紀行記事がマカオ政府観光局主催「メディア・アワーズ2018」を受賞!

「イズント・シー・ラヴリー」のオリジナルが収録されたスティーヴィー・ワンダー『キー・オブ・ライフ』(モータウン)。

スティーヴィー・ワンダーの「イズント・シー・ラヴリー」がどうして「ジャズ・スタンダード」となったのか?|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道2】

史上初のゴールデンウィーク10連休! どこに行く? 今から行ける旅先は?

ゴールデンウィーク10連休、旅行の予定ありますか?| 海外旅行先、人気ナンバー1はやっぱり「ハワイ」!

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

武家の古都・鎌倉で海と切通しをスケッチ【半島をゆく 三浦半島編 特別編】

『サライ』本誌連載「半島をゆく」の装画を担当している日本画家・北村さゆりさんによる、取材同行エッセイをお届けします。

文・画/北村さゆり

この日の取材は、鎌倉歴史ガイドの坂本哲夫さんと合流して、光明寺、材木座、名越切通しを訪れた。

鎌倉市内の道は狭い。すれ違う車はオープンカーやあまり見かけない外国車が多い。

材木座で車から降りると、若者たちがバーベキューをしていた。太陽と炭火の香り。水平線には、カラフルな帆がたくさん浮かぶ。海も人もなんだかお洒落。まだ5月なのに、湘南はさすがだな、と思う。

者たちがバーベキューをしていたのは和賀江島の故地だった。

若者たちがバーベキューをしていたのは和賀江島の故地だった。

材木座

名越切通しはハイキングコースになっているので、邪魔にならないところでスケッチをした。安部さんたちは先へ進み、私は遅れてまんだら堂やぐら群に到着した。

名越切通しでスケッチする北村さん。

名越切通しでスケッチする北村さん。

まんだら堂やぐら群。

まんだら堂やぐら群。

国東半島で見た熊野磨崖仏にも似ている。残念ながら、時間切れでスケッチはできなかった。車に戻る途中、ここが“大町”であることに気づいた。鎌倉駅から鶴岡八幡宮までの商店街は小町通り。坂本さんに尋ねると、海を交通手段とした古代東海道時代の名残で、栄えていたから大町と言ったそうだ。地名の由来を知ると歴史が見えてくる。

名越切通①

切通しのスケッチ2点は反対側から描いたもの。狭い隙間が伝わりやすそうな方を水彩画にした(完成画は「サライ」12月号に掲載されています)。


文・画/北村さゆり
昭和35年、静岡県生まれ。日本画家。『利休にたずねよ』『三鬼』など小説の挿絵も担当。著書に『中世ふしぎ絵巻』など。

http://kitamurasayuri.jp/profile

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. イエズス会の巡察使として来日したヴァリニャーノ(南島原市口之津公園にある銅像) 「バテレン追放」|日本の植民地化危機を救った秀吉の決断【半島をゆ…
  2. キリシタンのまほろば|佐世保湾歴史クルージング【半島をゆく 歴史…
  3. 鶴岡八幡宮のスケッチ(「鶴岡八幡宮」完成画は「サライ」1月号に掲載されています) 日曜の鶴岡八幡宮で甲冑姿の人々をスケッチ【半島をゆく 三浦半島編…
  4. 武士の都 鎌倉を象徴する鶴岡八幡宮 中世武士の聖都「鎌倉」の地形に隠された意味とは【半島をゆく 歴史…
  5. 幕府の近代化に心血を注いだ小栗忠順|軍港・横須賀に残る「鉄とレン…
PAGE TOP