新着記事

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

おこもり生活に役立つアプリ「radiko」の使い方【スマホ基本のき 第20回】

生活費が足りない、借金返済の場合は嘘をつく、親にお金を借りる理由

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

毎日出勤しても仕事が無い…「社内失業者」にならないために必要なこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

武家の古都・鎌倉で海と切通しをスケッチ【半島をゆく 三浦半島編 特別編】

『サライ』本誌連載「半島をゆく」の装画を担当している日本画家・北村さゆりさんによる、取材同行エッセイをお届けします。

文・画/北村さゆり

この日の取材は、鎌倉歴史ガイドの坂本哲夫さんと合流して、光明寺、材木座、名越切通しを訪れた。

鎌倉市内の道は狭い。すれ違う車はオープンカーやあまり見かけない外国車が多い。

材木座で車から降りると、若者たちがバーベキューをしていた。太陽と炭火の香り。水平線には、カラフルな帆がたくさん浮かぶ。海も人もなんだかお洒落。まだ5月なのに、湘南はさすがだな、と思う。

者たちがバーベキューをしていたのは和賀江島の故地だった。

若者たちがバーベキューをしていたのは和賀江島の故地だった。

材木座

名越切通しはハイキングコースになっているので、邪魔にならないところでスケッチをした。安部さんたちは先へ進み、私は遅れてまんだら堂やぐら群に到着した。

名越切通しでスケッチする北村さん。

名越切通しでスケッチする北村さん。

まんだら堂やぐら群。

まんだら堂やぐら群。

国東半島で見た熊野磨崖仏にも似ている。残念ながら、時間切れでスケッチはできなかった。車に戻る途中、ここが“大町”であることに気づいた。鎌倉駅から鶴岡八幡宮までの商店街は小町通り。坂本さんに尋ねると、海を交通手段とした古代東海道時代の名残で、栄えていたから大町と言ったそうだ。地名の由来を知ると歴史が見えてくる。

名越切通①

切通しのスケッチ2点は反対側から描いたもの。狭い隙間が伝わりやすそうな方を水彩画にした(完成画は「サライ」12月号に掲載されています)。


文・画/北村さゆり
昭和35年、静岡県生まれ。日本画家。『利休にたずねよ』『三鬼』など小説の挿絵も担当。著書に『中世ふしぎ絵巻』など。

http://kitamurasayuri.jp/profile

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 金ケ崎城跡から望む敦賀湾 信長、秀吉、家康+光秀が従軍した戦国史跡「金ケ崎の絶景」【「半島…
  2. 往時には北前船が行き交ったかもめ島 榎本武揚・土方歳三らが蝦夷共和国の夢を託した開陽丸。精緻に復元さ…
  3. 越前産の石で造られた狛犬。 主従ではなくて平等ーー。和人とアイヌが混住していた北海道の戦国時…
  4. 広大な勝山館。必見の価値あり。 サハリン、アムール川流域とも交易をした北方の中世都市と巨大城館「…
  5. 北端の天守閣・松前城。桜の名所でもある。 シャクシャインの戦いで出兵した津軽藩侍大将は、石田三成の孫だった…
PAGE TOP