新着記事

戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

 文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

【夕刊サライ/福澤朗】講演後のビールとつまみが最高!(福澤朗の美味・料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

もし有名高校の野球ユニフォームの文字がこんなだったら…【イシグロ妄想研究所 vol.6】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)画像作成/澤田洋佑高校野球、甲子園の100…

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

高徳院|美男で名高い「鎌倉の大仏さん」を訪ねる【鎌倉名刹紀行4】

文・写真/鈴木拓也

「鎌倉の大仏」で名高い高徳院は、長谷寺から徒歩数分の距離にあり、この地域では長谷寺と並ぶ二大観光名所となっている。

高徳院と言えば、誰もが大仏を連想するだろうが、当地を訪れたなら、まずは入り口の仁王門をご覧になってほしい。これは18世紀に、別の地域からここに移築され、中の仁王像も一緒に運ばれてきたものと考えられている。

高徳院の仁王門

高徳院を護持する一対の仁王像は、塗装が真新しく見えるが、実は2011年10月から2年あまりの月日をかけ修復・再塗装したもの。同年3月の東北大地震のとき、仁王像が激しく揺れて損傷したことを受けての大修復となり、今の姿によみがえった。

高徳院の仁王像

さて、仁王門を通って、拝観受付を済ますと、大仏はすぐそこ。テレビや雑誌で、その姿を見知っているつもりの人でも、大仏像をはじめて見たときは、その大きさと迫力に、なぜか微笑んでしまう。

まさに至宝、「日本三大大仏」のひとつに数えられるだけのことはある。

高徳院の大仏像

観光ガイドではめったに見られない大仏像の後ろ姿

鎌倉大仏像は、触れることができるという点で稀な国宝である。中は空洞になっており、「胎内拝観」として、左脇の入り口から中に入ることができる。

胎内では御尊体に触れることは許されているが、これは奈良の大仏を含め、他の国宝・重要文化財の仏像ではありえないこと。

「掌で得た触覚から、御尊像に対する理解や信心を深める参拝者もおられる」という高徳院住職のはからいである(ただし外面への接触は不可)。

近くの回廊の壁には、巨大な藁草履(長さ1.8m、幅0.9m、重量45kg)がかけられている。

大仏が履ける巨大藁草履

巨大藁草履の奉納は、1951年に「大仏様に日本中を行脚し、万民を幸せにしていただきたい」と願う、茨城県久慈郡(現常陸太田市松栄町)の子供たちによって始められた。この制作活動は、3年に一度行われ、今も続けられている。

大仏像を取り囲む回廊を抜け、境内の奥の方へ進むと見えてくるのが観月堂だ。

山一證券の前身、山一合資会社の杉野喜精社長の私邸にあったのを寄贈・移築したものだが、もとは5世紀中頃に朝鮮王宮内にあったと伝えられる建物である。

中には、江戸後期の作とみられる秘仏、観音菩薩立像が安置されている。

観音菩薩立像が安置される観月堂

余談になるが、高徳院の境内裏手の界隈に、野尻清彦という名の若者が住んでいた。劇作家を目指していたが、関東大震災のせいで呑気なことを言っていられなくなり、生活費を稼ぐために大衆向けの娯楽小説を書くことにした。

この際に思いついたペンネームは、大仏の裏手に住んでいたから「大佛次郎」。

そもそもは劇作家になるまでの当座のペンネームであり、これを50年も使い続けるとは自身も想定していなかったようだが、彼も含め、高徳院は、多くの鎌倉文士にとってゆかりの場所でもあった。そして、数々の俳人・歌人もまた大仏像の前で句を作った。

鎌倉の大仏には、詩文の創作意欲をかきたてる見えない力があるのだろう。大仏を拝観される際は、短冊を携えておくと、一句ひらめくかもしれない。

【高徳院】
住所:鎌倉市長谷4丁目2番28号
電話:0467-22-0703
公式サイト:http://www.kotoku-in.jp/
拝観時間:8:00~17:30(10月~3月は8:00~17:00、受付は16:45まで)
交通:鎌倉駅からバスで「長谷観音」バス停下車徒歩7分。または、江ノ電長谷駅下車徒歩5分/藤沢駅からは、江ノ電「長谷駅」下車徒歩約7分

文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 京都「琵琶湖疏水」の通船が来春復活!127年の歴史薫る夢の水路を…
  2. 遍照寺|源氏物語「夕顔」ゆかりの由緒ある寺【真言宗御室派の名刹を…
  3. 道明寺|聖徳太子霊跡にして菅原道真ゆかりの古刹【真言宗御室派の名…
  4. 仁和寺|格式と優美が共存する真言宗御室派の総本山【真言宗御室派の…
  5. 金剛寺|後村上天皇が月を愛でた観月亭が残る名刹【真言宗御室派の名…
PAGE TOP