新着記事

脳を活性化させて若返らせる画期的な方法|『脳が若返る15の習慣』

人の名前が出てこなくなったら、始めたほうがいい!? 脳を活性化させて若返らせる習慣

文/印南敦史「このところ、物忘れがひどくなった気がする」「人の名前をすぐに思い出せない」…

1位:銀の鈴サンドパンケーキモンブラン [コロンバン/グランスタ] 1個 297円

年末年始の帰省に喜ばれる!「東京駅冬のお土産人気ランキング2019」ベスト10

今年の冬も新商品や冬季限定商品がずらりと並ぶ東京駅。数あるお土産ラインアップの中から、もらったら…

Google マップの超基本的な使い方【スマホ基本のき 第8回】

いまや生活必需品家電のひとつといっても過言ではない、スマートフォン(略してスマホ…

「アメリカ英語」の生みの親は誰? 米語辞典から学ぶ新しい英語(4)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編33】

「アメリカ英語」の生みの親は誰? 米語辞典から学ぶ新しい英語(4)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編33】

文/晏生莉衣世界中から多くの人々が訪れるTOKYO2020の開催が近づいてきました。楽しく有意義…

「老後の生活や年金」「台風・豪雨・洪水」「あおり運転」|令和元年、日本人の不安1位は?

高齢化や核家族化、ネット環境や情報機器の発達、地震や豪雨などの自然災害の多発など、社会のあり方や世相…

【ビジネスの極意】なぜ社員が失敗を素直に報告できない会社は成果がでないのか?

【ビジネスの極意】なぜ社員が失敗を素直に報告できない会社は成果がでないのか?

仕事の成果を得るにはチームのメンバーが鍵を握っている。優秀なメンバーが集まれば、それだけで成…

アゴをリラックスさせて魅力的な声に

顎をリラックスさせて魅力的な声に!|よく響く落ち着いた声で話す方法

文/藤原邦康艶やかで若い声を保つためには喉のコンディションを整えることが大切です。私…

MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。

“イキモノ”としてクルマを捉えると見えてくる〜マツダのデザイン哲学を巡る風景〜[PR]

130万人以上の動員を記録した第46回東京モーターショー2019も終了し、クルマロス!? になってい…

仕事ができる男=気遣いができる男!? “できる男”に共通する特徴とは?

みなさんの周りにも仕事ができる、かっこいい上司や同僚がいると思います。そういった“できる男”…

肩こり、腰痛にテープ剤と飲み薬。どちらが効果的なのか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第7回】

肩こり、腰痛にテープ剤と飲み薬。どちらが効果的なのか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第7回】

効果は飲み薬と大きな差はない?前回、テープ剤の有効成分は、頭痛・生理痛薬、かぜ薬などに使われ…

ピックアップ記事

  1. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  2. 鴨鍋
  3. 宝塚歌劇

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

蕎麦談義

  1.  

    途絶えさせるにゃもったいない!「引越し蕎麦」の意外な由来【片山虎之介の蕎麦談義 第4回】

         

    文・写真/片山虎之介春は引越しの季節である。私の隣りの家の住人も転居し、住んでいた家は売りに出された。2か月間ほど空き家だった家に買い手がつき、先日、20代のご夫婦が、4歳の男の子を伴って、我が家に引越しのご挨拶にみ…

  2.  

    これぞ蕎麦のチャームポイント!麺の表面に見える「ホシ」の正体とは【片山虎之介の蕎麦談義 第3回】

         

    文・写真/片山虎之介自家製粉・手打ちをうたっているような蕎麦屋に行くと、淡い茶色を帯…

  3.  

    これぞ蕎麦好きの真骨頂!石臼を回して作る最高の年越し蕎麦【片山虎之介の蕎麦談義 第2回】

         

    文・写真/片山虎之介ひとそれぞれ、様々な年越し蕎麦の食べ方があると思うが、今回は、我が家の年…

  4.  

    カニの旨味と香りが溶け合う傑作蕎麦!福井『たからや』の「蟹豆乳そば」【片山虎之介の蕎麦談義 第1回】

         

    文・写真/片山虎之介■福井に花開いた多彩な蕎麦文化関東には江戸の蕎麦食文化が…

  5.  

    言われてみればよくわからない?「盛り蕎麦」とは何に盛られているものなのか【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第39回】

         

    わかっているようで、意外とわからないのが、蕎麦の名前だ。「盛り蕎麦(もりそば)」「笊…

  6.  

    うどん県の香川に「うまい蕎麦」はあるのか?【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第38回】

         

    香川県といえば、「うどん県」を名乗るほど、うどんへの思い入れの強いところだ。私は蕎麦だけでな…

  7.  

    名店といわれる老舗蕎麦店の「ざるそば」はなぜ量が少ないのか?【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第37回】

         

    昔から、蕎麦は「小腹が空いたときに、さっと手繰るもの」といわれる。しかし…

  8.  

    混雑時の相席体験で納得! 浅草『並木藪蕎麦』が東京屈指の名店といわれる理由【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第36回】

         

    蕎麦屋で長居することは、「蕎麦屋の長尻(ながっちり)」と呼ばれ、無粋な行動の典型のようにいわ…

  9.  

    ブツブツと切れる蕎麦なのに評判! 出雲の名人が打つ極上の「釜上げ蕎麦」とは?【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第35回】

         

    蕎麦は本来、長くつながっているものだ。だからこそ昔から歳時などに、「細く長く」の縁起をかつい…

  10.  

    蕎麦屋の不思議~香り豊かな蕎麦の風味を消してしまうワサビが薬味に用意されるのはなぜか?【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第34回】

         

    蕎麦屋には、よくわからない謎がいっぱいある。僕はその謎の最たるものを七つ選び、「蕎麦屋の七不…

  11.  

    葉の付いている方から? それとも下から? 意外と知らないワサビの正しいおろし方【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第32回】

         

    蕎麦の脇に置かれた小皿。これに乗せられた、刻みネギ、ワサビ、大根おろしなどが、蕎麦好きなら誰…

  12.  

    ”うまい”とされる蕎麦は江戸の昔と今では正反対だった!?【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第33回】

         

    コシが強くて、しっかり角が立った手打ち蕎麦こそ「良い蕎麦」と評価される今の時代、ふにゃふにゃ…

  13.  

    老舗のルーツを辿ってわかった、蕎麦の本場はうどん文化圏の西日本?【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第32回】

         

    著書が一冊出版されるたびに、僕は岡山の父に送っている。蕎麦の本を受け取った父が、電話で語る感想は…

  14.  

    蕎麦打ちの楽しみは「ひとを幸福にする贈り物」を自分の手で作るというところにある 【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第31回】

         

     銀座にある長野県のアンテナショッブ「銀座NAGANO」で、蕎麦打ち教室「蕎麦のソムリエ講座」をスタ…

  15.  

    160年前の俵に入っていたソバの実でできた蕎麦を食べてみた!【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第30回】

         

    「もしも」という仮定は想像力の翼に力を与え、楽しい夢を見させてくれる。「もしもタイムマシンで江戸時代…

  16.  

    一度途絶えた伝統製法が復活。すりつぶした大豆を加えて打つ、甘み豊かな津軽蕎麦【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第29回】

         

     雨音が聞こえなくなったので窓の外を見ると、大粒の雪が音もなく降っている。こんな日は、雪を見ながら弘…

  17.  

    冬蕎麦の王座「鴨南ばん」 その美味しさの秘密を解き明かす【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第28回】

         

    蕎麦屋に入ったら、その店の個性や季節の旬を味わえるメニューを注文するのが、的を得た楽しみ方だといえる…

  18.  

    知ればさらに味わい深くなる年越し蕎麦の起源とは?【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第15回】

         

    町の雰囲気が気ぜわしくなり、また日本人がこぞって蕎麦を食べる、あの日が近付いている。今年…

  19.  

    一杯の「かけ蕎麦」で店主の技量がわかってしまうのはなぜか?【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第27回】

         

    京都の蕎麦店を取材した時、「ぜひ、かけ蕎麦を味わってください。汁に力を入れましたので」と、主人にすす…

  20.  

    郷土蕎麦を味わう~新潟県魚沼地方の「へぎ蕎麦」【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第26回】

         

    滑らかな食感が特徴の『越後へぎそば処 粋や』のへぎ蕎麦。蕎麦というものは、面白い食べ物で…

  21.  

    新蕎麦が出回るこの時期に、あえて「ひね蕎麦」を求める理由は?【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第24回】

         

    長野・松本市の名店『そばカフェ ぐりんでる』の「ひね蕎麦」。新蕎麦が…

  22.  

    新蕎麦を訪ねる旅に出よう【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第23回】

         

    淡い緑がかった色が美しい京都『有喜屋』の新蕎麦。私は写真家という仕事…

  23.  

    身近になった北陸の極上蕎麦【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第22回】

         

    『石臼挽き純手打ちそば 村田屋』の「辛味おろしそば」北陸の蕎麦を食べる機会が急に増えた。…

  24.  

    銀座で蕎麦の魅力を体験【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第21回】

         

    「銀座NAGANO校」での「蕎麦のソムリエ講座」の様子。私は現在、東京・銀座にある長野県…

  25.  

    蕎麦打ち健康法【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第20回】

         

    取材に出ないで、自宅で過ごす日は、なるべく一度は蕎麦を打って、食べるようにしている。私の場合、これが…

  26.  

    桜の香りがする蕎麦に酔う【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第18回】

         

    春、三月。そろそろ日溜まりでは、淡いピンクの花が蕾を開く季節だ。この季節になると、決…

  27.  

    蕎麦は食べ方で味が変わる【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第17回】

         

    蕎麦は、時間の経過とともに、食味が変化していく食べ物だ。一枚のもり蕎麦が運ばれてきて…

  28.  

    「行きつけの蕎麦屋」の選び方【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第16回】

         

    「蕎麦が食べたい」と、ふと思ったとき、何も考えなくても足が向かう、行きつけの蕎麦屋を、お持ち…

  29.  

    新蕎麦の味わい方【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第14回】

         

    新蕎麦と聞くと、ぱっと気持ちが明るくなる。淡いうぐいす色の艶やかな麺が目に浮かび、しなやかな…

  30.  

    昔の蕎麦には感動があった【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第13回】

         

    ない物ねだりを、ちょっとしてみたいというのが、この連載の、ひとつのテーマである。今回…

PAGE TOP