新着記事

医療者も驚いた!新たに登場したある海外医療保険の衝撃【予防医療の最前線】

文/中村康宏日本の社会保障制度が直面する大問題日本では、医療や年金・介護などの財源と…

【夕刊サライ/進藤晶子】原田泳幸さん、尋常ではない超人ぶりと年長者の目線(進藤晶子の暮らし・家計コラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

南画の大成者・池大雅、85年ぶりの大回顧展《池大雅 天衣無縫の旅の画家》

取材・文/藤田麻希18世紀の京都で活躍した池大雅(いけのたいが/1723~76)は、…

もしも将棋に新しい駒が追加されることになったら?【イシグロ妄想研究所 vol.1】

妄想・イラスト/石黒謙吾(分類王)古代インドがルーツという説が有力な「将棋」というゲ…

【夕刊サライ/山本昌】継続は力なり! 45歳を過ぎたらオフはなし(山本昌の健康・スポーツコラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

団塊世代の足元に広がる深刻な問題に備える本『団塊絶壁』【定年本イッキ読み19】

文/印南敦史昭和22年〜24年に生まれた第一次ベビーブーム世代を「団塊世代」と呼ぶが…

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

江戸時代

  1. 知られざる江戸の健康指南書!『老人必用養草』に学ぶ食養生の知恵5つ

    文/鈴木拓也江戸時代に著されたシニア向けの健康ガイドブックと言えば、まっさきに『養生訓』が思い浮かぶだろう。著者の貝原益軒は、壮年の頃は藩医・学者として活躍し、古希を迎え公職を退いてからは、著述家として健筆をふるった…

  2. 「たそがれ清兵衛」が医者に払った診療費は?時代小説を面白くする一冊『江戸の家計簿』

    文/鈴木拓也最近はまた江戸ブームが再燃したのか、江戸時代のトリビアを満載した書籍が、…

  3. 握り寿司誕生の裏に「お酢の革命」あり!寿司酢に砂糖を入れるワケ【江戸庶民の食の知恵】

    文/車浮代(江戸料理・文化研究家)現代では、すし(鮨/鮓/寿司)といえば…

  4. 1日3食は江戸時代から!その意外な2つの理由とは【江戸庶民の食の知恵】

    文/車浮代(江戸料理・文化研究家)現代では、基本的に1日3食が当たり前ですが、これが…

  5. 江戸時代に「魚の毒を消す」と信じられていた意外な食品とは【江戸庶民の食の知恵】

    昨今、和食に注目が集まっていますが、和食のルーツ・江戸時代の食文化についての解説はほとんどあ…

PAGE TOP