新着記事

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

「私の芸術は、自己告白である」【ムンク展―共鳴する魂の叫び】

取材・文/池田充枝

エドヴァルド・ムンク《叫び》1910年? テンペラ・油彩・厚紙 オスロ市立ムンク美術館所蔵 (C)Munhmuseet

世界で最もよく知られる名画「叫び」を描いた巨匠、エドヴァルド・ムンク(1863-1944)。
オスロの美術学校に学んだ後、パリやベルリンと故郷を行き来しながら活動し、次第に人間の内面をあらわにする独自の表現を確立していきました。

「私の芸術は、自己告白である」と述べているように、家族の死、女性との愛憎など、内面の葛藤を作品に投影してきたムンクは、晩年ナチスにより頽廃芸術の烙印を押される一方、ノルウェーの国民的画家と称えられます。そして戦禍の最中、気管支炎を患い膨大な作品に囲まれながら、孤独な生涯を終えました。

没後、遺言に従ってムンクが所有していた全作品はオスロ市に遺贈されました。

オスロ市立ムンク美術館が誇る世界最大のコレクションによるムンクの大回顧展が開かれています。(2019年1月20日まで)

本展は、約60点の油彩画に版画などを加えた約100点により、約60年にわたるムンクの画業を辿ります。なお、複数描かれた「叫び」のうち、オスロ市立ムンク美術館が所蔵するテンペラ・油彩画の《叫び》は今回が待望の初来日となります。

本展の見どころを、東京都美術館の学芸員、小林明子さんにうかがいました。

「本展覧会は、ノルウェーの画家エドヴァルド・ムンクの回顧展です。画家の故郷、ノルウェーのオスロ市立ムンク美術館が誇る世界最大のコレクションを中心に、初期から晩年の作品を通じて、画家の生涯と作品を辿ります。

エドヴァルド・ムンク《絶望》1894年 油彩・カンヴァス オスロ市立ムンク美術館所蔵 (C)Munhmuseet

本展は、ムンクが生涯を通して描き続けた自画像をまとめて紹介する章から始まります。展示の冒頭から、ムンクとはどのような画家だったのかということに、思いを巡らせることになるでしょう。ムンクにとっての自画像は、新たな表現を試みるための絵画実験の場であり、あるいは戦略的に自己演出するための手段でもありました。各年代の画家の自画像のほか、カメラで撮影したセルフポートレートもあわせて紹介しています。

エドヴァルド・ムンク《自画像、時計とベッドの間》1940-43年 油彩・カンヴァス オスロ市立ムンク美術館所蔵 (C)Munhmuseet

ムンクと聞いて誰もが思い浮かべる「叫び」。今回の展覧会には、現存する複数の「叫び」のうち、テンペラと油彩による後年の作品が出品されます。目と口を大きく開き、両手で左右の耳をふさいで立ち尽くす人物と、フィヨルドの果てに広がる真っ赤な日没。脳裏にやきつく鮮烈な色彩とフォルムを、ぜひ間近でご覧ください。

自画像に始まり、9章からなる本展では、愛や死を主題とする初期の代表作から、故郷の自然をとらえた美しい風景画、肖像画、明るい色が彩る晩年の作品まで、ムンクの多彩な作品をご覧いただけます。「《叫び》の画家」の新たな一面を、この機会にぜひ発見してください。」

エドヴァルド・ムンク《太陽》1910-13年 油彩・カンヴァス オスロ市立ムンク美術館所蔵 (C)Munhmuseet

エドヴァルド・ムンク《星月夜》1922-24年 油彩・カンヴァス オスロ市立ムンク美術館所蔵 (C)Munhmuseet

ムンクのすべてが詰まった展覧会です!! ぜひ会場に足をお運びください。

【開催要項】
ムンク展―共鳴する魂の叫び
会期:2018年10月27日(土)~2019年1月20日(日)
会場:東京都美術館 企画展示室
住所:東京都台東区上野公園8-36
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
特設WEBサイト:https://munch2018.jp
開室時間:9時30分より5時30分まで、金曜日、11月1日(木)・3日(土・祝)は20時まで(入室は閉室30分前まで)
休室日:月曜日(ただし11月26日、12月10日・24日、1月14日は開室)、12月25日(火)・12月31日(月)、1月1日(火・祝)・15日(火)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 原三溪ポートレイト 提供:三溪園 明治時代から昭和初期の大コレクター・原三溪が夢見た幻の美術館を具…
  2. 大津絵 猫と鼠 1幅 江戸時代 町田市立博物館蔵 ほっこり癒やされる日本美術が大集合!【特別展 日本の素朴絵― ゆ…
  3. 妖女襖絵 京都の夏を涼しくする、妖女と幽霊・妖怪たち【高台寺・百鬼夜行展と…
  4. 関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵 「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流…
  5. 「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日) 江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く…
PAGE TOP