新着記事

黒澤明『用心棒』 観るたびに面白く、見飽きない。どんなハリウッド映画も吹き飛ばすほどの痛快さ|黒澤明『用心棒』【面白すぎる日本映画 第28回】 日本リメイク版『24』ジャック・バウアー役を演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は? 日本リメイク版『24』ジャック・バウアーを演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は? 被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】 被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】 出雲黒柿の香筒|柿の古木が生む超希少な材を使った伝統の逸品 今もっともアツい動物行動学者、入交眞巳先生の新刊は愛猫家必読のバイブル【にゃんこサライ特別編】 レクサス車の顔として定着した、台形をふたつ合わせたようなスピンドルグリルが印象的。ヘッドライトは小型LED3眼を採用。 レクサスES|12年ぶりに国内販売を再開した上級4ドアセダンの革新性【石川真禧照の名車を利く】 【ビジネスの極意】なぜ、有望な新人を適材適所に配置できないのか? 【ビジネスの極意】なぜ、有望な新人を適材適所に配置できないのか? 鉄瓶 観月アラレ|まろやかな湯が沸く使い勝手のよいサイズの鉄瓶 野菜たっぷり干し貝柱の中華丼 【管理栄養士が教える減塩レシピ】野菜たっぷり干し貝柱の中華丼|干し貝柱でだしを取ろう 長く運転を続けたいシニアなら読んでおくべき1冊|『運転をあきらめないシニアの本音と新・対策』 「歩行者や自転車に気づかない」「ブレーキのつもりがアクセル」「ウインカーの出し忘れ」|シニアの運転傾向と安全運転を続けるコツ

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

喪黒福造に「ドーン!!!」される!藤子不二雄(A)展レポート

取材・文/池田充枝

満賀道雄(まんが道)(C)藤子スタジオ

漫画家デビューして67年、御年84歳にしていまだ現役の藤子不二雄(A)は、1934年富山県氷見市生まれ。本名安孫子素雄。小学生のころから漫画家をめざしていた素雄は、1951年より漫画制作をはじめます。1954年に同郷の藤本弘とともに上京。池袋のアパート「トキワ荘」で新進気鋭の漫画家たちと新漫画党を結成、メキメキと頭角を現していった話は有名です。

藤本弘とともに「藤子不二雄」のペンネームで次々とヒット作を生み、コンビを解消してからは、藤子不二雄(A)のペンネームで、揺れ動く人間の心を多彩なジャンルで描いていきました。おもな著作は『忍者ハットリくん』『怪物くん』『プロゴルファー猿』『笑ウせぇるすまん』など。

1990年、自作漫画をもとに映画「少年時代」を製作、日本アカデミー賞ほか多数受賞しています。2005年文部科学大臣賞受賞。2008年旭日小綬章受章。

『魔太郎がくる!!』(C)藤子スタジオ

日本の漫画カルチャーの生きた伝説的存在といってもいい藤子不二雄(A)の世界が広がる展覧会が開かれています。(2019年1月6日まで)

藤子不二雄(A)展-(A)の変コレクション-(会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー)

本展は、日本を代表するブラックユーモア漫画作家である藤子不二雄(A)の奇妙な世界を、生原稿や映像、立体物などの「変コレクション」とともに紹介します。会場すべてが撮影可能となっており、奇妙でユニークな写真撮影も楽しめる展覧会です。

本展の見どころを東京シティビュー企画担当の風間美希さんにうかがいました。

「本展は藤子不二雄(A)氏の生み出してきた作品やそれにまつわるアイテムの数々を「変なコレクション」=「変コレ」と名付けて、大きく3つのゾーンにわけて各作品をご紹介します。

エントランスイメージ (C)藤子スタジオ

本展の魅力のポイントの1つ目は、展覧会場内全ての展示物が動画静止画ともに撮影可能なことです。『笑ゥせぇるすまん』でおなじみの「Bar 魔の巣」をはじめ、『怪物くん』や『忍者ハットリくん』などの作品世界に入り込んで写真や動画を撮影できる奇妙なフォトスポットを用意しました。喪黒福造に「ドーン!!!」される場所もあります。皆さんのいろいろなアイディアで会場を魅力的に撮影してください。

影絵(怪物くん)2018 (C)satomi kono

2つ目は(A)氏の真髄でもあるブラックユーモア作品に着目した点。「人間のココロのスキマ」を独自の視線で表現する(A)氏の世界を初めて一堂に会し、ご覧いただきます。長編短編作品の中から、約50作品を選びました。展示される作品のページ総数はなんと500枚以上!ショートシアター形式でお見せする作品もありますのでお楽しみに。

短編漫画『明日は日曜日そしてまた明後日も……』(C)藤子スタジオ

今年の秋冬は、六本木ヒルズで奇妙な変コレの世界を見に来てください!」

ファンなら見逃せないグッズやショップも充実しています。ぜひ会場に足をお運びください。

【開催要項】
藤子不二雄(A)展 -(A)の変コレクション-
会期:2018年10月19日(金)~2019年1月6日(日)会期中無休
会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)
住所:東京都港区六本木6-10-1
電話:03・6406・6652
https://tcv-fujiko-a-ten.roppongihills.com

会場時間:10時から22時まで(最終入場は21時30分まで)
取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 横山大観《蓬萊山》昭和23年(1948)足立美術館蔵 横山大観と日本画の錚々たる巨匠の作品を一堂に【日本画家のつながり…
  2. ル・コルビュジエ「サヴォワ邸」(1928-31年) 国立西洋美術館開館60周年記念 ル・コルビュジエ 絵画から建築へ…
  3. 「プーとコブタが、狩りに出て…」『クマのプーさん』第3章、E.H.シェパード、ペン画、1926年、V&A所蔵 (C)The Shepard Trust 世界で一番有名なクマ【クマのプーさん展】
  4. 二月堂縁起上巻(部分) 奈良・東大寺蔵 1200年を超える伝統行事の歴史【特別陳列 お水取り】
  5. 奥村土牛《醍醐》1972(昭和47)年 絹本・彩色 山種美術館蔵 80歳にして初心、100歳にして現役【山種美術館 広尾開館10周…
PAGE TOP