新着記事

自宅で「小鯵の南蛮漬け」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】 アゴの問題が姿勢に影響⁉|歩くための筋肉とアゴの意外な関係 アゴの問題が姿勢に影響⁉|歩くための筋肉とアゴの意外な関係 春風亭昇太さんの定番・朝めし自慢 落語家・春風亭昇太さんの朝めし自慢「週2〜3回は自分で調える純和風の献立です」 サライ読者に聞いた「好きな美術展のジャンル」ランキング 親の終の棲家をどう選ぶ?| 任せて大丈夫? 信頼できる老人ホーム紹介センターを探すには 親の終の棲家をどう選ぶ?| 任せて大丈夫? 信頼できる「老人ホーム紹介センター」を探すには 社長の年忘れ・新年の決意 平成最後の忘年会でやらかした「ぼったくりバーで5分20万円」! 初詣のお賽銭 平均「2394円」!|社長の忘年会・お賽銭事情 秋刀魚の味 小津映画の中で魅力を発散した女優・岩下志麻|『秋刀魚の味』【面白すぎる日本映画 第26回】 藻岩山 家から見える1番いい眺めはここ!|「札幌」「仙台」「広島」「福岡」の眺望ランキング ベスト10 メンタルヘルスを理由に出社できなくなる部下を減らすために|ストレスチェックの正しい活用法 【ビジネスの極意】メンタルヘルスを理由に出社できなくなる部下を減らすために|ストレスチェックの正しい活用法 減塩おかず2選 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|野菜不足を補える簡単おかず2選

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

喪黒福造に「ドーン!!!」される!藤子不二雄(A)展レポート

取材・文/池田充枝

満賀道雄(まんが道)(C)藤子スタジオ

漫画家デビューして67年、御年84歳にしていまだ現役の藤子不二雄(A)は、1934年富山県氷見市生まれ。本名安孫子素雄。小学生のころから漫画家をめざしていた素雄は、1951年より漫画制作をはじめます。1954年に同郷の藤本弘とともに上京。池袋のアパート「トキワ荘」で新進気鋭の漫画家たちと新漫画党を結成、メキメキと頭角を現していった話は有名です。

藤本弘とともに「藤子不二雄」のペンネームで次々とヒット作を生み、コンビを解消してからは、藤子不二雄(A)のペンネームで、揺れ動く人間の心を多彩なジャンルで描いていきました。おもな著作は『忍者ハットリくん』『怪物くん』『プロゴルファー猿』『笑ウせぇるすまん』など。

1990年、自作漫画をもとに映画「少年時代」を製作、日本アカデミー賞ほか多数受賞しています。2005年文部科学大臣賞受賞。2008年旭日小綬章受章。

『魔太郎がくる!!』(C)藤子スタジオ

日本の漫画カルチャーの生きた伝説的存在といってもいい藤子不二雄(A)の世界が広がる展覧会が開かれています。(2019年1月6日まで)

藤子不二雄(A)展-(A)の変コレクション-(会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー)

本展は、日本を代表するブラックユーモア漫画作家である藤子不二雄(A)の奇妙な世界を、生原稿や映像、立体物などの「変コレクション」とともに紹介します。会場すべてが撮影可能となっており、奇妙でユニークな写真撮影も楽しめる展覧会です。

本展の見どころを東京シティビュー企画担当の風間美希さんにうかがいました。

「本展は藤子不二雄(A)氏の生み出してきた作品やそれにまつわるアイテムの数々を「変なコレクション」=「変コレ」と名付けて、大きく3つのゾーンにわけて各作品をご紹介します。

エントランスイメージ (C)藤子スタジオ

本展の魅力のポイントの1つ目は、展覧会場内全ての展示物が動画静止画ともに撮影可能なことです。『笑ゥせぇるすまん』でおなじみの「Bar 魔の巣」をはじめ、『怪物くん』や『忍者ハットリくん』などの作品世界に入り込んで写真や動画を撮影できる奇妙なフォトスポットを用意しました。喪黒福造に「ドーン!!!」される場所もあります。皆さんのいろいろなアイディアで会場を魅力的に撮影してください。

影絵(怪物くん)2018 (C)satomi kono

2つ目は(A)氏の真髄でもあるブラックユーモア作品に着目した点。「人間のココロのスキマ」を独自の視線で表現する(A)氏の世界を初めて一堂に会し、ご覧いただきます。長編短編作品の中から、約50作品を選びました。展示される作品のページ総数はなんと500枚以上!ショートシアター形式でお見せする作品もありますのでお楽しみに。

短編漫画『明日は日曜日そしてまた明後日も……』(C)藤子スタジオ

今年の秋冬は、六本木ヒルズで奇妙な変コレの世界を見に来てください!」

ファンなら見逃せないグッズやショップも充実しています。ぜひ会場に足をお運びください。

【開催要項】
藤子不二雄(A)展 -(A)の変コレクション-
会期:2018年10月19日(金)~2019年1月6日(日)会期中無休
会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)
住所:東京都港区六本木6-10-1
電話:03・6406・6652
https://tcv-fujiko-a-ten.roppongihills.com

会場時間:10時から22時まで(最終入場は21時30分まで)
取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 元田久治 《 Indication: Shibuya Center Town》 2005年 リトグラフ 作家蔵 廃墟ブームは400年前から!?  廃墟にまつわる絵画を集めた展覧…
  2. 掛袱紗(紅縮緬地竹に鶏文刺繡) 德川記念財団蔵 展示期間:2月5日~3月3日 春を寿ぐ行事【企画展「春を寿(ことほ)ぐ―徳川将軍家のみやび―」…
  3. 《新聞と自画像2008.10.8 毎日新聞》2008年、個人蔵 図像を「写す」ことにこだわった、知られざる画家の東京初の回顧展【…
  4. 竹内栖鳳《夏鹿》(右) 近代日本画壇を牽引した巨匠【竹内栖鳳展 コレクションを中心に】
  5. 「春日若宮御祭礼絵巻 上巻」 春日大社蔵 奈良の歳末を彩るおん祭【特別陳列 おん祭と春日信仰の美術―特集 …
PAGE TOP