新着記事

ギックリ腰を早く治す!やっていいこと悪いこと完璧対応マニュアル ギックリ腰を早く治す!やっていいこと悪いこと完璧マニュアル【川口陽海の腰痛改善教室 第6回】 アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド【予防医療最前線】 100歳以上の百寿者 いまや約7万人!100歳以上の百寿者が身につけている生活習慣とは? コンプライアンス 【ビジネスの極意】もし、あなたの部下が「道頓堀ダイブ」したら、どうする? 日本の美術館 日本の美術館ランキング2018 トップ20 JAZZ遺言状 寺島靖国氏が語るジャズ7箇条|『JAZZ遺言状』 死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルールとは? 隣り合っていながら絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 静岡vs山梨、千葉vs埼玉|絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 山本益博|「江戸前」の握り鮨は、「まぐろ」がないと始まらない。【食いしん坊の作法 第13回】 快適に過ごせる靴との出会い 実践!正しい靴の履き方講座【快適に過ごせる靴との出会い vol.1】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

催し物

京都市内に残った貴重な鎌倉彫刻がズラリ【京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ】展

取材・文/藤田麻希

京都上京区にある大報恩寺は、鎌倉時代の前期、承久二年(1220)に義空上人が開創したお寺です。平安京のメインストリートであった千本通がそばにある、釈迦如来を本尊とするお寺ということで「千本釈迦堂」の名前で親しまれています。鎌倉時代に建てられた本堂は、応仁の乱の戦火を免れた貴重な建物で、洛中最古の木造建造物として国宝に指定されています。そのため、京都市内にはあまり残されていない、鎌倉時代の仏像が多く安置されています。

そんな大報恩寺の寺宝が現在、東京国立博物館に揃ってやってきています。同館主任研究員の皿井舞さんは次のように説明します。

「昨年の運慶展に引き続き、慶派仏師祭第二弾といってもいい展覧会です。関東では大報恩寺の知名度はそれほどありませんので、皆さん近くの北野天満宮まではいらっしゃるのですが、大報恩寺までは足をのばしてくださらない。ということで、今回の展覧会で大報恩寺の魅力をご紹介したく考えています。京都のお寺で鎌倉時代の彫刻の名作がバリエーション豊かに残っているお寺というのは、多くはありません。展示点数はさほど多くはありませんが、慶派仏師の魅力がぎゅっとつまった内容の濃い展覧会となっています」

重要文化財 「釈迦如来坐像」 行快作 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺蔵

重要文化財 「釈迦如来坐像」 行快作 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺蔵

本尊の釈迦如来坐像は、お寺では厨子の扉を閉めた状態で安置されている秘仏です。大報恩寺が創建された鎌倉時代前期は、源氏と平氏の内乱や大規模災害などが起こった不安定な時代。そんななか、仏教の原点に立ち返る釈迦信仰が隆盛し、この仏像もつくられました。鎌倉時代を代表する仏師・快慶の一番弟子・行快の作です。丸みを帯びた顔に釣り上がった目、という行快の特徴がよくあらわれており、師の快慶が亡くなったあと、自らの作風を模索していた時期のものと考えられています。

重要文化財「迦旃延立像(十大弟子立像のうち)」快慶作 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺蔵

重要文化財「迦旃延立像(十大弟子立像のうち)」快慶作 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺蔵

重要文化財「富楼那立像(十大弟子立像のうち)」快慶作 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺蔵

重要文化財「富楼那立像(十大弟子立像のうち)」快慶作 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺蔵

重要文化財「目犍連立像(十大弟子立像のうち)」快慶作 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺蔵

重要文化財「目犍連立像(十大弟子立像のうち)」快慶作 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺蔵

釈迦如来のまわりを取り囲んでいるのが、快慶晩年の作である十大弟子立像です。釈迦の弟子のなかで特に優れた10人を個性豊かにあらわした肖像彫刻です。なかでも、目犍連(もくけんれん)は、快慶の署名が書かれている作者の確かなもの。しかも、この像だけは金泥塗りで、ほかの像とは違う特別なものであったことがうかがえます。一般的に、快慶と同門の運慶はともに写実を追求し、とりわけ、快慶は美麗で理想的な阿弥陀如来などをつくったと言われていますが、この目犍連は、深く刻まれた皺、胸毛、腕に浮かぶ血管、首の筋などから、快慶が老僧をリアルに表現しようとしたことがわかります。

重要文化財「十一面観音菩薩立像(六観音菩薩像のうち)」肥後定慶作 鎌倉時代・貞応3年(1224)京都・大報恩寺蔵

重要文化財「十一面観音菩薩立像(六観音菩薩像のうち)」肥後定慶作 鎌倉時代・貞応3年(1224)京都・大報恩寺蔵

重要文化財「准胝観音菩薩立像(六観音菩薩像のうち)」肥後定慶作 鎌倉時代・貞応3年(1224)京都・大報恩寺蔵

重要文化財「准胝観音菩薩立像(六観音菩薩像のうち)」肥後定慶作 鎌倉時代・貞応3年(1224)京都・大報恩寺蔵

重要文化財「如意輪観音菩薩坐像(六観音菩薩像のうち)」肥後定慶作 鎌倉時代・貞応3年(1224)京都・大報恩寺蔵

重要文化財「如意輪観音菩薩坐像(六観音菩薩像のうち)」肥後定慶作 鎌倉時代・貞応3年(1224)京都・大報恩寺蔵

六観音とは、聖観音、千手観音、馬頭観音、十一面観音、准胝観音、如意輪観音のことで、それぞれ、地獄・餓鬼・畜生・阿修羅・人・天の六道にいる人を救ってくれると言われています。つくったのは、運慶晩年の実力派の弟子・肥後定慶です。やわらかい衣、ハリのある肌、コシのある髪などの質感の違いを、木で見事にあらわしています。また、会期後半である現在は、お寺に安置されている状況とは違い、光背をはずした姿を360度、ぐるりと回って見ることができます。仏像は基本的に正面から見られることを意識してつくられていますが、本作は、定慶が持ち前の立体把握能力を発揮し、背後まで気を抜かずに彫っていることがわかります。中世の六観音で、光背や台座まですべてが残っている作例はほかになく、貴重です。

京都観光に訪れても大報恩寺まで足をのばした方は少ないのではないかと思います。秘仏をふくめ、鎌倉時代の魅力的な仏像を堪能できるまたとない機会ですので、ぜひお出かけください。

【特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」】

■会期:2018年10月2日(火)~2018年12月9日(日)
■会場:東京国立博物館 平成館特別第3・4室
■住所:〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
■電話番号:03-5777-8600(ハローダイヤル)
■公式サイト:https://artexhibition.jp/kaikei-jokei2018/
■開館時間:9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、会期中の金曜・土曜は21:00まで開館)
■休館日:月曜日

取材・文/藤田麻希
美術ライター。明治学院大学大学院芸術学専攻修了。『美術手帖』などへの寄稿ほか、『日本美術全集』『超絶技巧!明治工芸の粋』『村上隆のスーパーフラット・コレクション』など展覧会図録や書籍の編集・執筆も担当。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 国宝「源氏物語絵巻」竹河(二) 絵 〔平安時代 12世紀 徳川美術館蔵〕※展示期間11月20日~12月2日 絵画化された源氏物語【源氏物語の世界―王朝の恋物語―】
  2. 「私の芸術は、自己告白である」【ムンク展―共鳴する魂の叫び】
  3. 現代美術作家・杉本博司の視線で天正少年使節の足跡をたどる展覧会
  4. 醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙…
  5. 喪黒福造に「ドーン!!!」される!藤子不二雄(A)展レポート
PAGE TOP