新着記事

常滑焼の炭化焼成の急須と湯呑み2客組|コクがあり柔らかな味が楽しめる炭化焼成のセット

佐世保鎮守府関連の日本遺産を巡る特別な徒歩ツアー|長崎県佐世保・日本近代化の躍動を体感できる街【1】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【前編】

同窓会で気になること第1位は「友人のおばさん化」!?

高校時代、あんなにキレイだったのに……|同窓会で気になったこと第1位は「友人のおばさん化」

八幡堀に沿って白壁の土蔵や旧家が立ち並び、往時の賑わいが偲ばれる

水運で潤う城下町を全国に残す|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城【田中吉政編】

関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵

「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」】

岡山県産綿布の雪駄|素足に心地よい伝統の綿布を使用。普段着でさくさく歩きたい

黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

タイヤは消耗品。黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

京都市内に残った貴重な鎌倉彫刻がズラリ【京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ】展

取材・文/藤田麻希

京都上京区にある大報恩寺は、鎌倉時代の前期、承久二年(1220)に義空上人が開創したお寺です。平安京のメインストリートであった千本通がそばにある、釈迦如来を本尊とするお寺ということで「千本釈迦堂」の名前で親しまれています。鎌倉時代に建てられた本堂は、応仁の乱の戦火を免れた貴重な建物で、洛中最古の木造建造物として国宝に指定されています。そのため、京都市内にはあまり残されていない、鎌倉時代の仏像が多く安置されています。

そんな大報恩寺の寺宝が現在、東京国立博物館に揃ってやってきています。同館主任研究員の皿井舞さんは次のように説明します。

「昨年の運慶展に引き続き、慶派仏師祭第二弾といってもいい展覧会です。関東では大報恩寺の知名度はそれほどありませんので、皆さん近くの北野天満宮まではいらっしゃるのですが、大報恩寺までは足をのばしてくださらない。ということで、今回の展覧会で大報恩寺の魅力をご紹介したく考えています。京都のお寺で鎌倉時代の彫刻の名作がバリエーション豊かに残っているお寺というのは、多くはありません。展示点数はさほど多くはありませんが、慶派仏師の魅力がぎゅっとつまった内容の濃い展覧会となっています」

重要文化財 「釈迦如来坐像」 行快作 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺蔵

重要文化財 「釈迦如来坐像」 行快作 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺蔵

本尊の釈迦如来坐像は、お寺では厨子の扉を閉めた状態で安置されている秘仏です。大報恩寺が創建された鎌倉時代前期は、源氏と平氏の内乱や大規模災害などが起こった不安定な時代。そんななか、仏教の原点に立ち返る釈迦信仰が隆盛し、この仏像もつくられました。鎌倉時代を代表する仏師・快慶の一番弟子・行快の作です。丸みを帯びた顔に釣り上がった目、という行快の特徴がよくあらわれており、師の快慶が亡くなったあと、自らの作風を模索していた時期のものと考えられています。

重要文化財「迦旃延立像(十大弟子立像のうち)」快慶作 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺蔵

重要文化財「迦旃延立像(十大弟子立像のうち)」快慶作 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺蔵

重要文化財「富楼那立像(十大弟子立像のうち)」快慶作 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺蔵

重要文化財「富楼那立像(十大弟子立像のうち)」快慶作 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺蔵

重要文化財「目犍連立像(十大弟子立像のうち)」快慶作 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺蔵

重要文化財「目犍連立像(十大弟子立像のうち)」快慶作 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺蔵

釈迦如来のまわりを取り囲んでいるのが、快慶晩年の作である十大弟子立像です。釈迦の弟子のなかで特に優れた10人を個性豊かにあらわした肖像彫刻です。なかでも、目犍連(もくけんれん)は、快慶の署名が書かれている作者の確かなもの。しかも、この像だけは金泥塗りで、ほかの像とは違う特別なものであったことがうかがえます。一般的に、快慶と同門の運慶はともに写実を追求し、とりわけ、快慶は美麗で理想的な阿弥陀如来などをつくったと言われていますが、この目犍連は、深く刻まれた皺、胸毛、腕に浮かぶ血管、首の筋などから、快慶が老僧をリアルに表現しようとしたことがわかります。

重要文化財「十一面観音菩薩立像(六観音菩薩像のうち)」肥後定慶作 鎌倉時代・貞応3年(1224)京都・大報恩寺蔵

重要文化財「十一面観音菩薩立像(六観音菩薩像のうち)」肥後定慶作 鎌倉時代・貞応3年(1224)京都・大報恩寺蔵

重要文化財「准胝観音菩薩立像(六観音菩薩像のうち)」肥後定慶作 鎌倉時代・貞応3年(1224)京都・大報恩寺蔵

重要文化財「准胝観音菩薩立像(六観音菩薩像のうち)」肥後定慶作 鎌倉時代・貞応3年(1224)京都・大報恩寺蔵

重要文化財「如意輪観音菩薩坐像(六観音菩薩像のうち)」肥後定慶作 鎌倉時代・貞応3年(1224)京都・大報恩寺蔵

重要文化財「如意輪観音菩薩坐像(六観音菩薩像のうち)」肥後定慶作 鎌倉時代・貞応3年(1224)京都・大報恩寺蔵

六観音とは、聖観音、千手観音、馬頭観音、十一面観音、准胝観音、如意輪観音のことで、それぞれ、地獄・餓鬼・畜生・阿修羅・人・天の六道にいる人を救ってくれると言われています。つくったのは、運慶晩年の実力派の弟子・肥後定慶です。やわらかい衣、ハリのある肌、コシのある髪などの質感の違いを、木で見事にあらわしています。また、会期後半である現在は、お寺に安置されている状況とは違い、光背をはずした姿を360度、ぐるりと回って見ることができます。仏像は基本的に正面から見られることを意識してつくられていますが、本作は、定慶が持ち前の立体把握能力を発揮し、背後まで気を抜かずに彫っていることがわかります。中世の六観音で、光背や台座まですべてが残っている作例はほかになく、貴重です。

京都観光に訪れても大報恩寺まで足をのばした方は少ないのではないかと思います。秘仏をふくめ、鎌倉時代の魅力的な仏像を堪能できるまたとない機会ですので、ぜひお出かけください。

【特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」】

■会期:2018年10月2日(火)~2018年12月9日(日)
■会場:東京国立博物館 平成館特別第3・4室
■住所:〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
■電話番号:03-5777-8600(ハローダイヤル)
■公式サイト:https://artexhibition.jp/kaikei-jokei2018/
■開館時間:9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、会期中の金曜・土曜は21:00まで開館)
■休館日:月曜日

取材・文/藤田麻希
美術ライター。明治学院大学大学院芸術学専攻修了。『美術手帖』などへの寄稿ほか、『日本美術全集』『超絶技巧!明治工芸の粋』『村上隆のスーパーフラット・コレクション』など展覧会図録や書籍の編集・執筆も担当。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵 「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流…
  2. 「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日) 江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く…
  3. 「平成狸合戦ぽんぽこ」セル付き背景画  (C) 1994 畑事務所・Studio Ghibli・NH 「アルプスの少女ハイジ」「平成狸合戦ぽんぽこ」日本アニメ革新者の…
  4. 松方幸次郎 写真提供:川崎重工業株式会社 この男がいなければ国立西洋美術館はなかった!? 松方コレクション…
  5. 中国陶磁を代表する唐三彩の名品【唐三彩―シルクロードの至宝】
PAGE TOP