新着記事

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

春を寿ぐ行事【企画展「春を寿(ことほ)ぐ―徳川将軍家のみやび―」】

取材・文/池田充枝

春といえば、花見や雛祭りなどを連想する人は少なくないでしょう。これらは今では広く一般的な行事となりましたが、もともと公家社会の習慣でした。

江戸時代となると次第に武家社会にこの文化が浸透しました。その背景にあったのは徳川将軍家と京都の宮家や摂関家との婚礼です。江戸と京都で婚姻関係が結ばれることにより、宮廷の文化が江戸城の大奥にもたらされました。

そして、春を寿ぐ行事が徐々に江戸市中にまで広まったのです。

掛袱紗(紅縮緬地竹に鶏文刺繡) 德川記念財団蔵 展示期間:2月5日~3月3日

掛袱紗(紅縮緬地竹に鶏文刺繡) 德川記念財団蔵 展示期間:2月5日~3月3日

将軍家の春の行事を紹介する展覧会が開かれています。(3月3日まで)

本展は、恒例の公益財団法人德川記念財団との共催企画展で、今回は春に焦点をあわせ、将軍家ではどのように春を祝し、過ごしたのかを展観します。

德川宗家に伝来する東照宮御影をはじめ、将軍正室であった天璋院篤姫と皇女和宮が所持した雛道具、江戸中後期の精密な銀細工や豆人形などを紹介します。

小袖(浅葱縮緬地松竹梅桜菊網干文様) 德川記念財団蔵 展示期間:1月2日~2月3日

小袖(浅葱縮緬地松竹梅桜菊網干文様) 德川記念財団蔵 展示期間:1月2日~2月3日

本展の見どころを東京都江戸東京博物館の学芸員、齋藤慎一さんにうかがいました。

「本展では、徳川将軍家の春の行事をおよそ月ごとに展観いたします。

睦月(1月)はまずお正月。徳川将軍家の正月は、東照宮御影への元日礼拝から始まりました。徳川家には今も「元日礼拝」と題された徳川家康の肖像画が伝えられています。また、お雑煮風の習慣もあり、江戸城表の正月儀礼では、兎の肉を入れた吸い物を将軍の祝膳に出し、初登城の大名や幕臣には「兎羹(うさぎのあつもの)」が下賜されました。

伊勢物語かるた  德川記念財団蔵

伊勢物語かるた  德川記念財団蔵

如月(2月)は花ひらく春。今日の日本で梅や桜の下での宴が恒例となっているように、将軍自ら春の花を和歌や絵画に描き、御台所は梅や桜などが配された調度品を多数所有して春の花を愛でていました。また、八代将軍徳川吉宗は、庶民のために桜の名所、飛鳥山や墨提(隅田川)を整備したことが知られています。

弥生(3月)は雛の節供。春の風物詩でもある雛祭りには、大奥でも段飾りのきらびやかな雛人形や雛道具を飾っていました。本展でもっとも注目していただきたいのがこの雛道具です。十三代将軍徳川家定正室篤姫と十四代将軍徳川家茂正室和宮の雛道具を中心にご覧いただきます。

書棚(左)・厨子棚(中央)・黒棚(右)(黒漆松唐草牡丹紋散蒔絵雛堂道具) 德川記念財団蔵

書棚(左)・厨子棚(中央)・黒棚(右)(黒漆松唐草牡丹紋散蒔絵雛堂道具) 德川記念財団蔵

展覧会のエピローグでは、将軍家や大名家で賞玩された「ちいさきもの」に注目します。江戸の手仕事の粋が集められた銀細工や象牙人形などの「ちいさきもの」は、後の時代の工芸品に引き継がれていきました。
春の行事にフォーカスしたこの展覧会から、徳川将軍家の年中行事や季節感、美意識などを味わっていただければと思います」

銀細工 兜に梅の花一枝 德記念財団蔵

銀細工 兜に梅の花一枝 德記念財団蔵

新年となって春を迎えたこの時期、みやびな風趣ただよう会場にぜひ足をお運びください。

【開催要項】
企画展「春を寿(ことほ)ぐ―徳川将軍家のみやび―」
会期:2019年1月2日(水)~3月3日(日)
会場:東京都江戸東京博物館
住所:東京都台東区横網1-9-1
電話番号:03・3626・9974(代表)
https://www.edo-tokyo-museum.or.jp
開館時間:9時30分から17時30分まで、土曜日は19時30分まで(入館は閉館30分前まで)
休館日:1月7日(月)・28日(月)、2月4日(月)・12日(火)・18日(月)・25日(月)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義 大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四…
  2. 源氏物語朝顔図(部分) 土佐光起筆 1幅 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵 知っておくと便利! 日本美術の定番の画題を、作品を見ながら学ぶ。…
  3. 重要美術品 藤原定信筆《石山切 (貫之集巻下断簡)》平安時代 12世紀 泉屋博古館蔵 かな文字がつくり出す美の世界【企画展 日本の書―和歌と詩のかたち…
  4. 本来の屏風は和室で座って眺めるもの。あえて低い位置に展示されているので、お座敷にいる気分で作品の鑑賞ができます。 80代になっても進化し続けた「若冲の美」|商人時代に描いた絵から…
  5. 《白紅梅織地朝顔麻葉模様浴衣》昭和時代 20世紀前半 東京都江戸東京博物館蔵 前期展示 ゆかた今昔物語【特別展 ゆかた 浴衣 YUKATA すずしさのデ…
PAGE TOP