新着記事

幹が太い、マスカット・ベーリーAの見事な古木。「父が小学生の時の写真にすでに写っているから、樹齢は少なくとも80年以上」。その前に佇む岸平典子さん。 【日本ワイン生産者の肖像6】岸平典子さん(タケダワイナリー)|創業100年の歴史を持つ老舗で、日本ワインの王道を突き進む女性醸造家。 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今もお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今も両親はお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親。その姿が苦手だった~その1~ 【娘のきもち】中高一貫校に入ったことで勉強が好きに。お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親が苦手だった~その1~ 履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方 本多忠勝像 「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【にっぽん歴史夜話13】 江戸切子のぐい呑み|珍しい琥珀色のクリスタルガラスに東西の刻みの技が共演 一生仕事を続ける時代、73歳女性も活躍するユーチューバーという職業[PR] 「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万円超で落札!|「ヤフオク!」で取引された意外な「猫」グッズ 高所恐怖症の人はクラクラしてしまいそうな天井座敷。 ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも!?

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

バロック美術とルーベンス【ルーベンス展―バロックの誕生】

取材・文/池田充枝

ぺーテル・パウル・ルーベンス《セネカの死》1615/16年 油彩・カンヴァス マドリード、プラド美術館蔵 (C)Madrid, Museo National Prado

17世紀ヨーロッパを代表する画家、ぺーテル・パウル・ルーベンス(1577-1640)。スペイン領ネーデルラント(現在のベルギーあたり)で活躍した彼の作品は、豊かな色彩や動き溢れる構図によって、当時のヨーロッパを席巻した「バロック美術」の見本となっています。大規模な工房を構えた画家として名声を博す一方で、たいへんなインテリだったために外交官としても重用されました。外国の宮廷外交交渉をしつつ、同時に絵画の注文を受けて作品を制作したといわれます。

ぺーテル・パウル・ルーベンス《キリスト哀悼》1601-02年 油彩・カンヴァス ローマ、ボルゲーゼ美術館蔵 (C)Ministero dei beni e delle attività culturali e del turismo-Galleria Borghese

「バロック」は17世紀から18世紀初頭にかけてヨーロッパ各国に広まった建築・美術・文化の様式で、曲線や楕円が多く用いられ、豪華な装飾が特徴です。建築ではフランスのヴェルサイユ宮殿がその代表です。美術では、イタリアのカラヴァッジョ、スペインのベラスケス、フランドルのルーベンス、オランダのレンブラントやフェルメールなどが代表的な画家です。

イタリア・バロックとルーベンスの関わりに焦点をあてた初の試みである展覧会が開かれています。(2019年1月20日まで)

ルーベンス展―バロックの誕生     (会場:国立西洋美術館)

ぺーテル・パウル・ルーベンス《クララ・セレーナ・ルーベンスの肖像》1615-16年 油彩・板で裏打ちしたカンヴァス ファドーツ/ウイーン、リヒテンシュタイン侯爵家コレクション (C)LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz-Vienna

本展はルーベンスの作品を、古代彫刻や彼に先行する16世紀のイタリアの芸術家の作品、そして同時代のイタリア・バロックの芸術家の作品とともに展示します。

本展の見どころを、ルーベンス展広報担当者にうかがいました。

「ぺーテル・パウル・ルーベンスの名は、わが国では名作アニメ「フランダースの犬」によって知られています。そう、主人公ネロが一目見たいと望み続け、最終回にはその前で愛犬パトラッシュとともにこと切れる聖母大聖堂の祭壇画の作者です。しかし本場西洋では、ルーベンスのほうが圧倒的に有名です。

ぺーテル・パウル・ルーベンス《パエトンの墜落》1604-05年頃、おそらく1606-08年頃に再制作 油彩・カンヴァス ワシントン、ナショナル・ギャラリー蔵 (C)National Gallery of Art, Patron’s Permanent Fund, 1990.1.1

ルーベンスは、バロックと呼ばれる壮麗華美な美術様式が栄えた17世紀ヨーロッパを代表する画家であり、後に「王の画家にして画家の王」と呼ばれたほどの存在なのです。本展覧会はこのルーベンスとイタリアとのかかわりに焦点を当てて紹介いたします。

ぺーテル・パウル・ルーベンス《エリクトニオスを発見するケクロプスの娘たち》1615-16年 油彩・カンヴァス ファドーツ/ウイーン、リヒテンシュタイン侯爵家コレクション (C)LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz-Vienna

なぜイタリアなのか―。イタリアは古代美術やルネサンス美術が栄えた地であり、バロックの中心地もローマでした。フランドルのアントウェルペンで育ったルーベンスは、幼いころから古代文化に親しみ、イタリアに憧れを抱きます。そして1600年から1608年まで滞在して自らの芸術を大きく発展させたのです。

本展は、ルーベンスがイタリアから何を学んだのかをお見せするとともに、彼とイタリア・バロック美術との関係を解きほぐす日本で初めての試み、かつ過去最大規模の展覧会です」

明と暗が紡ぎだす壮大な物語世界!! ルーベンスの芸術に浸りにぜひ会場に足をお運びください。

【開催要項】
ルーベンス展―バロックの誕生
会期:2018年10月16日(火)~2019年1月20日(日)
会場:国立西洋美術館
住所:東京都台東区上野公園7-7
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
公式サイト:http://www.tbs.co.jp/rubens2018
開館時間:9時30分から17時30分まで、金・土曜日は20時まで、11月17日は17時30分まで(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(ただし12月24日、1月14日は開館)、年末年始(12月28日~1月1日)、1月15日(火)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ル・コルビュジエ「サヴォワ邸」(1928-31年) 国立西洋美術館開館60周年記念 ル・コルビュジエ 絵画から建築へ…
  2. 「プーとコブタが、狩りに出て…」『クマのプーさん』第3章、E.H.シェパード、ペン画、1926年、V&A所蔵 (C)The Shepard Trust 世界で一番有名なクマ【クマのプーさん展】
  3. 二月堂縁起上巻(部分) 奈良・東大寺蔵 1200年を超える伝統行事の歴史【特別陳列 お水取り】
  4. 奥村土牛《醍醐》1972(昭和47)年 絹本・彩色 山種美術館蔵 80歳にして初心、100歳にして現役【山種美術館 広尾開館10周…
  5. 浮世四十八手夜をふかして朝寝の手 溪斎英泉 個人蔵 多彩なひろがりをみせた園芸【江戸の園芸熱―浮世絵に見る庶民の草花…
PAGE TOP