新着記事

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃①

有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八代目市川団十郎【企画展「死絵 ~明るく笑ってさようなら~」】

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。前後で家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

アメリカ訪問時の一葉(前列左からふたり目が小栗上野介・東善寺蔵)

明治政府が最も恐れた男・小栗上野介が罪なくして抹殺された理由【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー 3】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

新しい美人像を生み出した画家、岡田三郎助【モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい】

取材・文/池田充枝

明治から昭和初期にかけて、日本ではファッションや美意識の一大変革が起こりました。開国後の急速な欧化政策により、西洋式のスタイルが取り入れられるようになり、大正期には女性の社会進出や第一次世界大戦後の好景気にともない、モダンで華やかなファッションが求められ、新しい生活スタイルや娯楽を享受する人々が増えました。

この時代、新たなファッションアイコンや理想の美人のイメージ誕生に大きな役割を果たしたのが、洋画家の岡田三郎助(1869-1939)です。明治末頃から百貨店の仕事や日本初の美人写真コンテストにもかかわった岡田は、女性の装いに敏感に反応して新しい美人像を次々と生み出していきました。大きな瞳と卵型の輪郭が特徴的な岡田の女性像は、百貨店のポスターや雑誌の表紙などを通して広がり、人々の憧れの的となりました。

岡田三郎助《ダイヤモンドの女》1908(明治41)年 福富太郎コレクション資料室蔵

岡田三郎助《ダイヤモンドの女》1908(明治41)年 福富太郎コレクション資料室蔵

新しい日本の美人像を生み出した岡田三郎助を中心に、女性たちの美意識の変遷を辿る展覧会が開かれています。(2019年3月17日まで)

本展では、岡田三郎助をはじめ藤島武二、村山塊多らの絵画、化粧道具類、着物、ジュエリーに、ポスター・雑誌などを加えた約200点の展示作品で、新しい女性像の変遷を辿ります。

本展の見どころを、ポーラ美術館の学芸員、山塙菜未さんにうかがいました。

「近代日本洋画の重鎮として知られる岡田三郎助ですが、三越呉服店のポスター原画や婦人雑誌の表紙絵を手がけるなど、実は女性のファッションや流行といった世界とも密接に関係していました。《ダイヤモンドの女》は1908年(明治41)に開催された日本初の本格的な美人写真コンテストの宣伝を目的に描かれており、輝く大きな瞳が印象的な少女像が新しい時代の「美人イメージ」を決定づけたともいえるでしょう。また、着物や古い染織品の蒐集家でもあった岡田は、自らのコレクションをモデルに纏わせた優美な女性像を数多く残しています。今回は、《あやめの衣》をはじめとした着物の女性像と、そこに描かれた岡田旧蔵の染織品を並べて展示することによって、女性の装いに対する岡田の優れた感性を堪能して頂きます。

岡田三郎助《あやめの衣》1927(昭和2)年 ポーラ美術館蔵

岡田三郎助《あやめの衣》1927(昭和2)年 ポーラ美術館蔵

また、明治期から昭和初期にかけての日本人女性の装いの変遷を、豪華な化粧道具セットや多種多様な国産化粧品、そして大胆な色と柄が特徴の銘仙(めいせん)着物などによって立体的に辿る点も大きな見どころのひとつです。

「あやめ文銀製化粧セット」1903-1907(明治36-40)年 ポーラ美術館蔵

「あやめ文銀製化粧セット」1903-1907(明治36-40)年 ポーラ美術館蔵

そうした女性のファッションの変化は、伝統的な画題を重んじてきた日本画の世界にも変革をもたらしました。榎本千花俊(ちかとし)《池畔春興》のように、流行のファッションやレジャーを楽しむ「モダンガール」を描く画家たちが登場したのです。

明治期の欧化政策によって幕を開けた近代には、様々な女性像が描き続けられました。新しい時代を謳歌する彼女たちの姿は、女性の生き方がますます多様化する現代の私たちにも力強く語りかけてくるはずです」

榎本千花俊《池畔春興》1932(昭和7)年 島根県立石見美術館蔵 ※展示期間12月8日

榎本千花俊《池畔春興》1932(昭和7)年 島根県立石見美術館蔵 ※展示期間12月8日

藤島武二《女の横顔》1926-1927(大正15-昭和2)年 ポーラ美術館蔵

藤島武二《女の横顔》1926-1927(大正15-昭和2)年 ポーラ美術館蔵

懐かしき言葉「モダンガール」が現代にいきいきと甦ります。ぜひ会場でご堪能ください。

【開催要項】
モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい
会期:2018年12月8日(土)~2019年3月17日(日)
前期展示:12月8日~1月29日 後期展示:1月31日~3月17日
会場:ポーラ美術館 企画展示室
住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
電話番号:0460・84・2111
http:www.polamuseum.or.jp
開館時間:9時から17時まで(入館は16時30分まで)
休館日:会期中無休(ただし本展のみ展示替えのため2019年1月30日(水)は休室)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃① 有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八…
  2. 唐獅子図屛風 狩野永徳筆 六曲一双のうち右隻 安土桃山時代・16世紀 宮内庁三の丸尚蔵館蔵 「紡ぐプロジェクト」が発信する日本美術の至宝展【美を紡ぐ 日本美…
  3. 国宝 《一遍聖絵》(巻2、部分) 円伊筆、鎌倉時代、神奈川・清浄光寺(遊行寺)蔵、通期(巻替あり)*この場面は前期(4/13~5/12)展示 国宝『一遍聖絵』が全巻一挙公開! 時宗を総合的に紹介する京都初の…
  4. グスタフ・クリムト《ユディトⅠ》1901年  ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館  (C)Belvedere,Vienna,Photo:Jonannes Stoll 東京で約30年ぶりに開催! 過去最多のクリムト作品が一堂に会す展…
  5. 小淵沢町(現・北杜市)、山梨県 (C) Mitsuaki Iwago にゃんともカワイイ!! にゃんだか癒される!! 猫の写真がいっぱ…
PAGE TOP