新着記事

カビ専門家に聞く「梅雨時期のカビ対策」3つのポイント

朝倉館跡空撮。

「お屋形さま」と呼ばれていた朝倉義景。室町時代後期の「大名屋形」を知れば『麒麟がくる』をもっと楽しめる【麒麟がくる 満喫リポート】

エアコンの故障は冷房の使い始めに起きている! 今年の猛暑を快適に過ごすために今すべきこと

誰でも簡単腰痛改善ストレッチ!ろっ骨ほぐしで腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

誰でも簡単にできるストレッチ「ろっ骨ほぐし」で腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

クリップオン偏光サングラス|日常使いのメガネがそのまま高機能サングラスに

南部以外ではなかなかお目にかかれないグリッツ。これはインスタント商品

『ザリガニの鳴くところ』のトウモロコシ粥(グリッツ)ってどんな味?【物語のアメリカ料理】

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その2~

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その1~

右側は煮溶かしたばかりのため、サラサラで飲みやすい。 左側は、冷めてかたまってからカットしたもの。プリッとしてボリュームがある。

おこもり生活で便秘が気になるなら、水溶性食物繊維たっぷりスープを!「あったか寒天スープ」でウィルス対策!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

催し物

廃墟ブームは400年前から!?  廃墟にまつわる絵画を集めた展覧会【終わりのむこうへ : 廃墟の美術史】

取材・文/藤田麻希

長崎の軍艦島が世界遺産に登録されたことも記憶に新しいですが、昨今、廃墟をテーマにした写真集がヒットしたり、廃墟見学のツアーが組まれたり、廃墟ブームのような状況が起こっています。古い建物が面白いだけでなく、時が止まってしまった異様な光景が人々を惹きつけています。

じつは、18世紀のヨーロッパでも廃墟ブームがありました。廃墟のスケールが日本とは違うのですが、古代ギリシアとローマの遺跡が人気を集めていました。このブームには、さまざまな要因がありますが、イタリアのポンペイなどの遺跡が発掘され古代に対する関心が高まったこと、イギリスの裕福な貴族がフランス・イタリアなどを周遊する「グランド・ツアー」が隆盛し、廃墟を訪れる人が増えたことなどがあげられます。それにともなって、廃墟を描いた絵画の需要も高まり、古来、風景の一角としてしか描かれてこなかった廃墟は、ついに絵の主役に躍り出ました。フランスのユベール・ロベールと、イタリアの版画家、ジョヴァンニ・バッティスタ・ピラネージは、廃墟画で名を成しました。

ユベール・ロベール 《ローマのパンテオンのある建築的奇想画》 1763年 ペン・水彩、紙 ヤマザキマザック美術館

ユベール・ロベール 《ローマのパンテオンのある建築的奇想画》 1763年 ペン・水彩、紙 ヤマザキマザック美術館

ジョヴァンニ・バッティスタ・ピラネージ 《『ローマの古代遺跡』(第2巻II)より:古代アッピア街道とアルデアティーナ街道の交差点》1756年刊 エッチング 町田市立国際版画美術館

ジョヴァンニ・バッティスタ・ピラネージ 《『ローマの古代遺跡』(第2巻II)より:古代アッピア街道とアルデアティーナ街道の交差点》1756年刊 エッチング 町田市立国際版画美術館

このような廃墟にまつわる絵画を集めた展覧会「終わりのむこうへ:廃墟の美術史」が、現在、渋谷区立松濤美術館で開催されています。18世紀廃墟ブームの作品だけでなく、それ以前の作品や20世紀前半のシュールレアリスムの文脈で描かれた廃墟、日本で描かれた廃墟まで、約70点で知られざる廃墟の美術史を紐解きます。

伝歌川豊春 《阿蘭陀フランスカノ伽藍之図》版元西村屋与八 文化期(1804-18年)頃 紙本色摺 町田市立国際版画美術館

伝歌川豊春 《阿蘭陀フランスカノ伽藍之図》版元西村屋与八 文化期(1804-18年)頃 紙本色摺 町田市立国際版画美術館

江戸時代以前まで、日本では廃墟を鑑賞の対象にすることはあまりなかったようです。例外的な作例として伝歌川豊春の「阿蘭陀フランスカノ伽藍之図」があります。こちらはロンドンで販売された、古代ローマの遺跡を描いた銅版画を参考にしたことが指摘されていますが、この浮世絵師がこの風景を廃墟として認識していたかどうかは不明です。日本人が自覚的に廃墟を主題にしたのは、西洋の美術教育が入ってきた明治時代以降のことでした。

野又 穫《交差点で待つ間に》2013 キャンバスにアクリル 作家蔵 撮影:木奥恵三 (C)Minoru Nomata

野又 穫《交差点で待つ間に》2013 キャンバスにアクリル 作家蔵 撮影:木奥恵三 (C)Minoru Nomata

元田久治 《 Indication: Shibuya Center Town》 2005年 リトグラフ 作家蔵

元田久治 《 Indication: Shibuya Center Town》 2005年 リトグラフ 作家蔵

平成に入ってからは野又穫さん、元田久治さんのように、現実にある廃墟ではなく、未来の廃墟を描く画家が現れます。そんなときにしばしば取り上げられるのが、渋谷の街です。渋谷区立松濤美術館学芸員の平泉千枝さんは次のように説明します。

「展覧会の準備中、なぜ渋谷の廃墟が描かれるのかを考えてみました。渋谷は歴史上類をみないほど繁栄しています。それを見ていると、いつまでこの繁栄が続くのだろうかという不安もよぎります。もしかしたら、失うのが怖い愛するものこそを、あえて廃墟として描くのかもしれません。美術館で未来の廃墟を見た後に、人々で賑わう渋谷の街を歩きながらそのことに思いを馳せていただければ幸いです」

人はなぜ廃墟を求めるのか。古今東西の廃墟にまつわる絵を見ながら、考えてみるのはいかがでしょうか。

【終わりのむこうへ : 廃墟の美術史】

■会期:2018年12月8日(土)~2019年1月31日(木)
■会場:渋谷区立松濤美術館
■住所:〒150-0046東京都渋谷区松濤2-14-14
■電話番号:03-3465-9421
■公式サイト:http://www.shoto-museum.jp/
■開館時間:10:00〜18:00(金曜日は20:00まで)
■休館日:12月25日(火)、12月29日(土)~1月3日(木)、1月7日(月)、15日(火)、21日(月)、28日(月)

取材・文/藤田麻希
美術ライター。明治学院大学大学院芸術学専攻修了。『美術手帖』などへの寄稿ほか、『日本美術全集』『超絶技巧!明治工芸の粋』『村上隆のスーパーフラット・コレクション』など展覧会図録や書籍の編集・執筆も担当。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. C.W.ダウニー《街着姿のサラ・ベルナール》1902年 個人蔵 ミュシャやロートレックのモデルになった、フランスのミューズをめぐ…
  2. 重要文化財 佐竹本三十六歌仙絵 小大君(部分) 鎌倉時代 13世紀 奈良・大和文華館 【展示期間:11月6日~11月24日】 空前絶後! ばらばらになった幻の歌仙絵が京都に集結【[特別展] …
  3. 「黄瀬戸竹花入」 荒川豊蔵 昭和33年(1958) 愛知県陶磁美術館 (川崎音三氏寄贈) 昭和の陶芸家に見いだされて世に広まった、美濃焼の全貌に迫る【黄瀬…
  4. 《麗子肖像(麗子五歳之像)》1918年10月8日 東京国立近代美術館 制作年順に並べることで発見できる、岸田劉生の新たな魅力【没後90…
  5. 「円山・四条派」とは何か? その全貌に迫る【円山応挙から近代京都…
PAGE TOP