新着記事

大判おあげのゆず胡椒風味うどん

【管理栄養士が教える減塩レシピ】食欲のない夏の救世主!麺の種類別塩分比較と減塩レシピ

退職金・企業年金・私的年金も忘れずに。セカンドライフの収支もチェック【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後にもらえるお金はいくら!?|年金だけでなく、退職金・企業年金・私的年金の受け取れる総額を知る【今からはじめるリタイアメントプランニング】

【ビジネスの極意】管理職の仕事とは何か?

【ビジネスの極意】管理職の仕事とは何か?

常滑焼の炭化焼成の急須と湯呑み2客組|コクがあり柔らかな味が楽しめる炭化焼成のセット

佐世保鎮守府関連の日本遺産を巡る特別な徒歩ツアー|長崎県佐世保・日本近代化の躍動を体感できる街【1】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【前編】

同窓会で気になること第1位は「友人のおばさん化」!?

高校時代、あんなにキレイだったのに……|同窓会で気になったこと第1位は「友人のおばさん化」

八幡堀に沿って白壁の土蔵や旧家が立ち並び、往時の賑わいが偲ばれる

水運で潤う城下町を全国に残す|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城【田中吉政編】

関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵

「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希

豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取山に伽藍を展開する、真言宗醍醐派の総本山です。874年に、理源大師聖宝が開創し、以来1100年余り、天皇、貴族、武士など時の権力者の帰依を受け、真言密教の中心寺院として栄えてきました。

聖宝坐像 吉野右京種久作 江戸時代 延宝2年(1674) 醍醐寺蔵【全期間展示】

醍醐寺は、15万点にも及ぶ膨大な文化財を所蔵しています。現在、これら醍醐寺の寺宝から国宝や重要文化財など、選りすぐりの100件を集めた展覧会が、東京・サントリー美術館で開催されています。

密教は儀式や祈祷によって願いを叶えていきます。その際、文字では真理は伝わらないと考え、仏像や仏画を本尊として祀ってきました。そのため、醍醐寺には多くの仏像や仏画が伝わっています。

国宝 文殊渡海図 鎌倉時代 13世紀 醍醐寺蔵 画像提供:奈良国立博物館 撮影:佐々木香輔【展示期間:10/17~11/11】

『文殊渡海図』は、醍醐寺にある6件の国宝仏画のうちの一つ。鎌倉時代に描かれました。中央で獅子に乗っている文殊菩薩は、「三人寄れば文殊の知恵」で知られる、知恵をつかさどる仏です。文殊は、善財童子など4人の従者とともに、雲に乗って海を渡り、仏教を広める旅に出ようとしています。眉をひそめて険しい表情を浮かべる文殊、優しい表情の善財童子といった登場人物ごとの表情の描き分けや、それぞれが身にまとう衣服の細かな文様などから、この絵を描いた人物の高い描写力がうかがえます。

重要文化財 如意輪観音坐像 平安時代 10世紀 醍醐寺蔵 画像提供:奈良国立博物館 撮影:森村欣司 【全期間展示】

上に掲載した如意輪観音坐像は平安時代のものです。理源大師聖宝は、醍醐寺を創建する際、草庵を建て、如意輪観音像と准胝観音像を安置しました。そのため、醍醐寺では如意輪、准胝の両観音が篤い信仰を集めてきました。この像は、聖宝が祀った像そのものではありませんが、当初の根本像に近いといわれているものです。瞑想するような穏やかな表情を浮かべ、装飾もきらびやかで金箔も非常によく残っています。小さいながら密度の高い仏像です。

国宝 薬師如来坐像 平安時代 10世紀 醍醐寺蔵 画像提供:奈良国立博物館 撮影:佐々木香輔【全期間展示】

この展覧会の目玉は、会場の吹き抜けの空間で圧倒的な存在感を放っている、像高180cm近い国宝・薬師如来坐像です。平安時代に醍醐天皇の発願でつくられたもので、厚い胸板とがっしりした体型が特徴です。この像について、醍醐寺公室室長 長瀬福男さんは次のように説明します。

「今回展示しているお薬師さんは、醍醐寺の創建当時から残っている数少ない仏像です。私が皆様方に知っていただきたいのは、この仏像が何度も失われる危機にあったということです。お薬師さんのあった薬師堂は、応仁の乱や昭和10年の山火事など、いろんなことがありましたが、昭和24年の火災のときに燃えそうになりました。薬師堂は檜皮葺ですから、火の粉には非常に弱いです。そのとき上醍醐のお坊さんは、なんとかお薬師さんを守りたいと考え、しかし、非常に大きい仏像で運び出すことは不可能なため、いざとなれば首だけでも落とそうと思われて、ノコを持ってなかに入られたそうです。そのときのお坊さんはさぞ大変だったと思います。幸い助かりまして、いまみなさんに見ていただくことができています。

それ以外の仏さんも僧侶や信徒の力でなんとか守って、奇跡的に難を逃れた大切なものばかりです。展覧会を通じて、そのような背景も感じ取っていただければ幸いです」

美しいか否かという点だけではなく、人々の信仰の対象であったことを意識しながら鑑賞したい展覧会です。

【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】
■会期:2018年9月19日(水)~11月11日(日)
※作品保護のため、会期中展示替を行います。
■会場:サントリー美術館
■住所:〒107-8643 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階
■電話番号:03-3479-8600
■公式サイト:http://daigoji.exhn.jp/
■開館時間:10:00~18:00(金・土は10:00~20:00)
※いずれも入館は閉館の30分前まで
■休館日:火曜日
※11月6日は18時まで開館

取材・文/藤田麻希
美術ライター。明治学院大学大学院芸術学専攻修了。『美術手帖』などへの寄稿ほか、『日本美術全集』『超絶技巧!明治工芸の粋』『村上隆のスーパーフラット・コレクション』など展覧会図録や書籍の編集・執筆も担当。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵 「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流…
  2. 「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日) 江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く…
  3. 「平成狸合戦ぽんぽこ」セル付き背景画  (C) 1994 畑事務所・Studio Ghibli・NH 「アルプスの少女ハイジ」「平成狸合戦ぽんぽこ」日本アニメ革新者の…
  4. 松方幸次郎 写真提供:川崎重工業株式会社 この男がいなければ国立西洋美術館はなかった!? 松方コレクション…
  5. 中国陶磁を代表する唐三彩の名品【唐三彩―シルクロードの至宝】
PAGE TOP