新着記事

最終的に色付けをしてできあがり ユネスコの無形文化遺産、スペイン・バレンシアの「火祭り」|火祭りアーティストとはいったい何? クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~) 初代から最新まで、歴代クラウン15台がショッピングストリートの石畳スペースに一挙集結! 元町商店街とクラウンがコラボした「クラウンDay at Motomachi」![PR] 【ビジネスの極意】ホリエモンの宇宙事業に学ぶ、仕事のモチベーションの高め方 【ビジネスの極意】ホリエモンの宇宙事業に学ぶ、仕事のモチベーションの高め方 膝や腰の痛み、原因は足の形かも 甲高や扁平だと、なぜひざや腰に負担がかかるのか?|「足の形」が原因の膝や腰の痛み メイドイン京都の小さなおりん|澄んだ音色が心地よい手のひらサイズのおりんセット 黒澤明『用心棒』 観るたびに面白く、見飽きない。どんなハリウッド映画も吹き飛ばすほどの痛快さ|黒澤明『用心棒』【面白すぎる日本映画 第28回】 日本リメイク版『24』ジャック・バウアー役を演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は? 日本リメイク版『24』ジャック・バウアーを演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は? 被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】 被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】 出雲黒柿の香筒|柿の古木が生む超希少な材を使った伝統の逸品 今もっともアツい動物行動学者、入交眞巳先生の新刊は愛猫家必読のバイブル【にゃんこサライ特別編】

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~)

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希

豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取山に伽藍を展開する、真言宗醍醐派の総本山です。874年に、理源大師聖宝が開創し、以来1100年余り、天皇、貴族、武士など時の権力者の帰依を受け、真言密教の中心寺院として栄えてきました。

聖宝坐像 吉野右京種久作 江戸時代 延宝2年(1674) 醍醐寺蔵【全期間展示】

醍醐寺は、15万点にも及ぶ膨大な文化財を所蔵しています。現在、これら醍醐寺の寺宝から国宝や重要文化財など、選りすぐりの100件を集めた展覧会が、東京・サントリー美術館で開催されています。

密教は儀式や祈祷によって願いを叶えていきます。その際、文字では真理は伝わらないと考え、仏像や仏画を本尊として祀ってきました。そのため、醍醐寺には多くの仏像や仏画が伝わっています。

国宝 文殊渡海図 鎌倉時代 13世紀 醍醐寺蔵 画像提供:奈良国立博物館 撮影:佐々木香輔【展示期間:10/17~11/11】

『文殊渡海図』は、醍醐寺にある6件の国宝仏画のうちの一つ。鎌倉時代に描かれました。中央で獅子に乗っている文殊菩薩は、「三人寄れば文殊の知恵」で知られる、知恵をつかさどる仏です。文殊は、善財童子など4人の従者とともに、雲に乗って海を渡り、仏教を広める旅に出ようとしています。眉をひそめて険しい表情を浮かべる文殊、優しい表情の善財童子といった登場人物ごとの表情の描き分けや、それぞれが身にまとう衣服の細かな文様などから、この絵を描いた人物の高い描写力がうかがえます。

重要文化財 如意輪観音坐像 平安時代 10世紀 醍醐寺蔵 画像提供:奈良国立博物館 撮影:森村欣司 【全期間展示】

上に掲載した如意輪観音坐像は平安時代のものです。理源大師聖宝は、醍醐寺を創建する際、草庵を建て、如意輪観音像と准胝観音像を安置しました。そのため、醍醐寺では如意輪、准胝の両観音が篤い信仰を集めてきました。この像は、聖宝が祀った像そのものではありませんが、当初の根本像に近いといわれているものです。瞑想するような穏やかな表情を浮かべ、装飾もきらびやかで金箔も非常によく残っています。小さいながら密度の高い仏像です。

国宝 薬師如来坐像 平安時代 10世紀 醍醐寺蔵 画像提供:奈良国立博物館 撮影:佐々木香輔【全期間展示】

この展覧会の目玉は、会場の吹き抜けの空間で圧倒的な存在感を放っている、像高180cm近い国宝・薬師如来坐像です。平安時代に醍醐天皇の発願でつくられたもので、厚い胸板とがっしりした体型が特徴です。この像について、醍醐寺公室室長 長瀬福男さんは次のように説明します。

「今回展示しているお薬師さんは、醍醐寺の創建当時から残っている数少ない仏像です。私が皆様方に知っていただきたいのは、この仏像が何度も失われる危機にあったということです。お薬師さんのあった薬師堂は、応仁の乱や昭和10年の山火事など、いろんなことがありましたが、昭和24年の火災のときに燃えそうになりました。薬師堂は檜皮葺ですから、火の粉には非常に弱いです。そのとき上醍醐のお坊さんは、なんとかお薬師さんを守りたいと考え、しかし、非常に大きい仏像で運び出すことは不可能なため、いざとなれば首だけでも落とそうと思われて、ノコを持ってなかに入られたそうです。そのときのお坊さんはさぞ大変だったと思います。幸い助かりまして、いまみなさんに見ていただくことができています。

それ以外の仏さんも僧侶や信徒の力でなんとか守って、奇跡的に難を逃れた大切なものばかりです。展覧会を通じて、そのような背景も感じ取っていただければ幸いです」

美しいか否かという点だけではなく、人々の信仰の対象であったことを意識しながら鑑賞したい展覧会です。

【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】
■会期:2018年9月19日(水)~11月11日(日)
※作品保護のため、会期中展示替を行います。
■会場:サントリー美術館
■住所:〒107-8643 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階
■電話番号:03-3479-8600
■公式サイト:http://daigoji.exhn.jp/
■開館時間:10:00~18:00(金・土は10:00~20:00)
※いずれも入館は閉館の30分前まで
■休館日:火曜日
※11月6日は18時まで開館

取材・文/藤田麻希
美術ライター。明治学院大学大学院芸術学専攻修了。『美術手帖』などへの寄稿ほか、『日本美術全集』『超絶技巧!明治工芸の粋』『村上隆のスーパーフラット・コレクション』など展覧会図録や書籍の編集・執筆も担当。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 横山大観《蓬萊山》昭和23年(1948)足立美術館蔵 横山大観と日本画の錚々たる巨匠の作品を一堂に【日本画家のつながり…
  2. ル・コルビュジエ「サヴォワ邸」(1928-31年) 国立西洋美術館開館60周年記念 ル・コルビュジエ 絵画から建築へ…
  3. 「プーとコブタが、狩りに出て…」『クマのプーさん』第3章、E.H.シェパード、ペン画、1926年、V&A所蔵 (C)The Shepard Trust 世界で一番有名なクマ【クマのプーさん展】
  4. 二月堂縁起上巻(部分) 奈良・東大寺蔵 1200年を超える伝統行事の歴史【特別陳列 お水取り】
  5. 奥村土牛《醍醐》1972(昭和47)年 絹本・彩色 山種美術館蔵 80歳にして初心、100歳にして現役【山種美術館 広尾開館10周…
PAGE TOP