新着記事

メリノンの半纏|裏地に羊毛をふんだんに使い暖かさを逃さない

裏地の背中一面に「メリノン」をふんだんに使った、見るからに暖かそうな半纏である。メリノンとは…

奇跡の階段 「なぜ立っているのかわからない」世界中の建築家が首をかしげるサンタフェ「奇跡の階段」

文・写真/大井美紗子(海外書き人クラブ/アメリカ在住ライター)サンタフェは、キリスト教の町だ…

中之町出土資料 京都市蔵 日本陶磁史のターニングポイント、桃山時代のやきものをめぐる展覧会【特別展 新・桃山の茶陶】

取材・文/藤田麻希縄文時代から現代まで10000年以上の歴史を誇る、日本の陶磁。そのなかで最…

西郷隆盛と3人の妻たち 西郷隆盛と3人の妻たち【にっぽん歴史夜話10】

文/砂原浩太朗(小説家)西郷隆盛(1827~77)の名を知らない日本人は、まずいない…

「アゴ難民」増加中|顎関節症を引き起こす原因 アゴの疲れを取る方法|3つの原因が顎関節症を引き起こす

文/藤原邦康今回は、顎関節症を引き起こす原因について解説していきましょう。【顎関節症…

男の牛革ベルトポーチ|小さな革鞄で街歩きを軽やかに楽しむべし

ちょっとした外出には、こんな小型バッグがよく似合う。鞄の産地として知られる、兵庫県豊岡市の老…

幕府の近代化に心血を注いだ小栗忠順|軍港・横須賀に残る「鉄とレンガの近代」の曙光【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島3】

『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

娘のきもち・その2 【娘のきもち】口に出すと泣いてしまう。父の思い出を話せるようになるまで、3年が必要だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

娘のきもち・その1 【娘のきもち】24歳のときにガンで亡くなった父。思い出すのは幼少期の厳格な姿だった~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

山口蓬春《新宮殿杉戸楓4分の1下絵》 山﨑種二と皇室ゆかりの美術【特別展 皇室ゆかりの美術 ―宮殿を彩った日本画家―】

取材・文/池田充枝1968(昭和43)年11月、皇居新宮殿が完成され、竣工式が行われました。…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

展覧会

  1. 中之町出土資料 京都市蔵

    日本陶磁史のターニングポイント、桃山時代のやきものをめぐる展覧会【特別展 新・桃山の茶陶】

    取材・文/藤田麻希縄文時代から現代まで10000年以上の歴史を誇る、日本の陶磁。そのなかで最も注目度が高く、また、後世に与えた影響も大きいのが、桃山時代の茶の湯に関わるやきものです。1600年前後のわずか30年ほどの短い期間に、産地…

  2. 山口蓬春《新宮殿杉戸楓4分の1下絵》

    山﨑種二と皇室ゆかりの美術【特別展 皇室ゆかりの美術 ―宮殿を彩った日本画家―】

    取材・文/池田充枝1968(昭和43)年11月、皇居新宮殿が完成され、竣工式が行われました。…

  3. 重要文化財 「釈迦如来坐像」 行快作 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺蔵

    京都市内に残った貴重な鎌倉彫刻がズラリ【京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ】展

    取材・文/藤田麻希京都上京区にある大報恩寺は、鎌倉時代の前期、承久二年(1220)に義空上人…

  4. 国宝「源氏物語絵巻」竹河(二) 絵 〔平安時代 12世紀 徳川美術館蔵〕※展示期間11月20日~12月2日

    絵画化された源氏物語【源氏物語の世界―王朝の恋物語―】

    取材・文/池田充枝紫式部によって著された『源氏物語』は、日本の文学史上もっとも重要な作品とし…

  5. 「私の芸術は、自己告白である」【ムンク展―共鳴する魂の叫び】

    取材・文/池田充枝世界で最もよく知られる名画「叫び」を描いた巨匠、エドヴァルド・ムン…

  6. 現代美術作家・杉本博司の視線で天正少年使節の足跡をたどる展覧会

  7. 醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

  8. 喪黒福造に「ドーン!!!」される!藤子不二雄(A)展レポート

  9. バロック美術とルーベンス【ルーベンス展―バロックの誕生】

  10. 世界が熱狂するフェルメール【フェルメール展】

  11. 仏像が、走る・踊る!?仏像の新たな一面を楽しめる展覧会をレポート

  12. 日本画の父・狩野芳崖と、その高弟たちの展覧会【特別展 狩野芳崖と四天王 ―近代日本画、もうひとつの水脈―】

  13. 現代美術の父 マルセル・デュシャン【東京国立博物館・フィラデルフィア美術館交流企画特別展 マルセル・デュシャンと日本美術】

  14. 愛の画家 ジョルジュ・ルオー【開館15周年特別展 ジョルジュ・ルオー 聖なる芸術とモデル二テ】

  15. 多才がゆえに埋もれてしまった!?奇想絵師「横山華山」の筆技に喫驚

  16. 万葉集の名歌絶唱の地を写真で巡る展覧会|牧野貞之『万葉写真展』

  17. 日本美術を愛した謎多き画家、ボナール【オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展】

  18. 「太陽の塔」48年ぶりの内部公開!圧倒的な展示内容を紹介

  19. 見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

  20. ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

  21. 悠々自適で88歳まで生きた「老後の達人」 仙厓。晩年期の作品に注目した展示が開催

  22. 歌麿、写楽、江戸後期浮世絵ブームの立役者の作品が一望できる、大満足の展覧会

  23. 国民的画家、東山魁夷の大回顧展【生誕110年 東山魁夷】

  24. “おみやげ”は日本特有の文化!深い世界に迫る「ニッポンおみやげ博物誌」展

  25. とっても「いたそう」な絵も。激動の時代を生きた鬼才浮世絵師、芳年

  26. 大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

  27. 「江戸」から「東京へ」…150年の変遷を辿る企画展

  28. 「作家に正面から向き合った」いわさきちひろ生誕100年展示の裏側を聞く

  29. 幽閉、洗礼、そして死…悲劇の女性 細川ガラシャの生涯を辿る

  30. 吉田博展覧会の見どころをMOA美術館学芸員が解説

PAGE TOP