新着記事

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」郷土色溢れるお雑煮は、伝えていきたい究極の和食(コウケンテツの料理コラム 最終回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

【閲覧注意】カレー好きもカレー嫌いになるイヤな妄想画像10コ【イシグロ妄想研究所 vol.4】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)「カレーはどうもニガテで食べられない……」とい…

知られざる履きやすい下駄!東京浅草・高久の八ツ割下駄【メイドインニッポン紀行】

取材・文/編集部東京・浅草は新仲見世通りに店を構える高久は、創業80年の江戸小物・雑…

ヘルニア患者の長引く腰痛、原因は「トリガーポイント」だった【川口陽海の腰痛事件簿 第1回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【名門校の青春食堂 第6回】早稲田中学校高等学校×メルシーのラーメン(東京・早稲田)

文/鈴木隆祐早稲田生に愛されてきたワセメシの代表選手『メルシー』のラーメン早…

なぜお金持ちは長生きする?健康と経済の共通点から導く「健康長寿の秘訣」とは【予防医学の最前線】

文/中村康宏「お金」と「健康」といえば、サライ世代の多くの人が気にかけている問題では…

【夕刊サライ/角田光代】エジプト:悠久の街と、私のなかの悠久(角田光代の旅行コラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

長崎・小値賀の2つの教会【長崎の潜伏キリシタン関連遺産を旅する 第2回】旧野首教会/小値賀教会

写真・文/石津祐介キリスト教が禁教とされた時代、頑なに信仰を貫いた潜伏キリシタン。その信仰の…

袖裾ゴム式作務衣|軽快な着心地で動きやすい夏の作務衣

これからの季節は、庭仕事など屋外での作業が増えてくる。そんなときの“作業着”のひとつとして、…

谷崎潤一郎がまとっていた絢爛豪華な長襦袢【文士の逸品No.21】

◎No.21:谷崎潤一郎の長襦袢文/矢島裕紀彦長襦袢と呼ぶには、余りにも絢爛…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

展覧会

  1. 知られざる漂泊の画家・長谷川利行が描いた「七色の東京」を見る

    取材・文/池田充枝戦前の日本を破天荒に生きた画家、長谷川利行(はせかわ・としゆき1891-1940)。愛称はリコウ。京都に生まれ、多感な青春時代を文学に傾倒した利行は、自ら歌集も出版しますが、30歳頃に上京。本格的に絵画を志して作画…

  2. 琳派はどのように継承されてきたか?を見る《琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―》展

    取材・文/池田充枝17世紀、京都で活躍した画家・俵屋宗達(たわらや・そうたつ)は、やまと絵の…

  3. 徳利の語源って?日本古来の「酒器」の名品を観賞《酒器の美に酔う》展

    取材・文/藤田麻希日常生活から慶事にいたるまで、我々の生活とは切り離すことのできないお酒。そ…

  4. 岩佐又兵衛の傑作「浄瑠璃物語絵巻」全12巻が一挙に公開《岩佐又兵衛 浄瑠璃物語絵巻》

    取材・文/池田充枝大和絵と漢画を折衷したような独特の画風で一世を風靡した江戸時代初期の絵師、…

  5. キュビスムの巨匠ブラック晩年の絢爛たる作品群を見る《ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容―メタモルフォーシス》

    取材・文/池田充枝フランスの画家ジョルジュ・ブラック(1882-1963)は、20世紀初頭、…

  6. 日本美術史の教科書のような贅沢な展覧会《特別展「名作誕生-つながる日本美術」》

  7. 徳川家康ゆかりの本願寺寺宝が関東初公開!《本願寺・寺宝展「東本願寺と江戸幕府」》

  8. 画業100年!105歳の美術家・篠田桃紅の挑戦の全貌を見る《篠田桃紅 とどめ得ぬもの 墨のいろ 心のかたち》展

  9. 神秘的かつ優美な中国磁器の真髄を見る《宋磁 神秘のやきもの》展

  10. 南画の大成者・池大雅、85年ぶりの大回顧展《池大雅 天衣無縫の旅の画家》

  11. なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

  12. 林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

  13. 面白すぎる江戸の滑稽絵を集めた展覧会《江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで》展

  14. 旅情をそそる巨匠たちの傑作風景画が来日《プーシキン美術館展―旅するフランス風景画》展

  15. 戦禍を免れた「奇跡のネガ」277枚に写っていた80年前の沖縄の姿《よみがえる沖縄1935》展

  16. 無類の猫好き画家が描いた、愛すべき猫たちの姿《猪熊弦一郎展 猫たち》

  17. 上村松園の最高傑作《序の舞》が修理後初公開!「東西美人画の名作《序の舞》への系譜」展

  18. 美しき「裸体画」ばかりの展覧会《ヌード NUDE ―英国テート・コレクションより》

  19. 佐竹本三十六歌仙「藤原興風」が初公開!メナード美術館《ひと 人・顔・姿》展

  20. 江戸の絵師たちが追求した不思議な現実《リアル 最大の奇抜》展

  21. 御年80歳、日本が世界に誇る人形作家「与 勇輝」創作人形の集大成

  22. 大阪・中之島に日本美術の美術館「中之島香雪美術館」が誕生!《珠玉の村山コレクション》展

  23. 日本浮世絵史上の二大巨頭が夢の饗宴《北斎と広重 冨嶽三十六景と東海道五十三次》

  24. 知られざる日本画家・木島櫻谷の徹底した写生の技に瞠目《木島櫻谷 近代動物画の冒険》展

  25. 黒の画家ルドンの色彩豊かな明るい世界を発見《ルドン―秘密の花園》展

  26. スペインが誇る美の殿堂「プラド美術館」の至宝を堪能《プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光》

  27. 白隠禅師の書画が故郷静岡に結集!展覧会《駿河の白隠さん》

  28. 京都ゆかりの雛人形たちが華やかに並ぶ展覧会《雛まつりと人形》

  29. モダンデザインの父、ウィリアム・モリスの軌跡を辿る展覧会

  30. 猫好き文士にちなんだ猫まみれの写真展《大佛次郎×ねこ写真展2018》

PAGE TOP