サライ.jp

展覧会

展覧会に関する記事401

催し物 ミュシャやロートレックのモデルになった、フランスのミューズを…

取材・文/藤田麻希 花や装飾的な模様と女性を組み合わせた、アルフォンス・ミュシャによる優美なポスター。その人気は、制作か…

2020/1/3
催し物 空前絶後! ばらばらになった幻の歌仙絵が京都に集結【[特別展…

取材・文/藤田麻希 「佐竹本三十六歌仙絵」という絵をご存知でしょうか。 藤原公任(ふじわらのきんとう)が選んだ、三十六人…

2019/10/26
催し物 昭和の陶芸家に見いだされて世に広まった、美濃焼の全貌に迫る【…

取材・文/藤田麻希 美濃焼とは、岐阜県南部の美濃で焼かれたやきもの総称です。とくに桃山時代に隆盛し、黄瀬戸、瀬戸黒、志野…

2019/10/20
催し物 制作年順に並べることで発見できる、岸田劉生の新たな魅力【没後…

取材・文/藤田麻希 この二つの麗子像をご覧ください。どちらも画家の岸田劉生(1891~1929)が愛娘の麗子をモデルにし…

2019/10/5
催し物 「円山・四条派」とは何か? その全貌に迫る【円山応挙から近代…

取材・文/藤田麻希 江戸時代の日本美術について少し聞きかじった方なら、「円山・四条派」(四条円山派)という言葉を聞いたこ…

2019/9/7
催し物 明治時代から昭和初期の大コレクター・原三溪が夢見た幻の美術館…

取材・文/藤田麻希 根津美術館のコレクションを築いた根津嘉一郎、五島美術館の五島慶太、藤田美術館の藤田傳三郎、静嘉堂(現…

2019/8/12
催し物 ほっこり癒やされる日本美術が大集合!【特別展 日本の素朴絵―…

取材・文/藤田麻希 現代社会では上手いとは言えないけれども、親しみがもてるような絵や字のことを「味がある」と言って、ポジ…

2019/8/10
催し物 京都の夏を涼しくする、妖女と幽霊・妖怪たち【高台寺・百鬼夜行…

取材・文/末原美裕 京都の夏の暑さは盆地ゆえに厳しい、とよく言われます。昔から酷暑に晒され続けた京都だからこそ、“涼”を…

2019/8/3
催し物 「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化…

取材・文/池田充枝 日本が弥生時代といわれた、遥か1800年も昔の中国に起こった「三国志」は、いまだに関心がもたれていま…

2019/7/21
催し物 江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐…

取材・文/池田充枝 来年の2020年、東京で二度目となるオリンピック・パラリンピックが開かれます。 日本にまだ「スポーツ…

2019/7/14
催し物 「アルプスの少女ハイジ」「平成狸合戦ぽんぽこ」日本アニメ革新…

取材・文/池田充枝     誰もが知っている「アルプスの少女ハイジ」の生みの親であるアニメーション映…

2019/7/6
催し物 この男がいなければ国立西洋美術館はなかった!? 松方コレクシ…

取材・文/藤田麻希 上野にある国立西洋美術館が、松方幸次郎(1866-1950)という一人の人物のコレクションを収蔵・公…

2019/6/30
催し物 中国陶磁を代表する唐三彩の名品【唐三彩―シルクロードの至宝】

取材・文/池田充枝 20世紀初頭の中国で鉄道敷設工事中に発見され、その存在が知られるようになった唐三彩。わずか100年ほ…

2019/6/29
催し物 大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈…

取材・文/池田充枝 かつてヤマト政権が都をおいた土地として伝承され「国中(くになか)」とも呼ばれた奈良県東北部に位置する…

2019/6/22
催し物 知っておくと便利! 日本美術の定番の画題を、作品を見ながら学…

取材・文/藤田麻希 昨今の日本美術ブームで、美術館に出かけるかたは多いのではないでしょうか。何度か展覧会を見ていると、「…

2019/6/16
催し物 かな文字がつくり出す美の世界【企画展 日本の書―和歌と詩のか…

取材・文/池田充枝 日本の詩を代表する和歌は、平安貴族の繊細な美意識により完成された「かな」によって、他に類をみない造形…

2019/6/1
催し物 80代になっても進化し続けた「若冲の美」|商人時代に描いた絵…

取材・文/末原美裕 江戸時代絵画を代表する絵師として多くの人を魅了する伊藤若冲(1716—1800)の40代から80代に…

2019/5/29
催し物 ゆかた今昔物語【特別展 ゆかた 浴衣 YUKATA すずしさ…

取材・文/池田充枝 和装離れが進む現代においても、ファンを増やしているのが夏の涼衣、ゆかたです。花火見物や夏祭りに出かけ…

2019/5/28
催し物 師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺…

取材・文/藤田麻希 北鎌倉駅を出てすぐのところにある臨済宗大本山・円覚寺。高低差をいかした伽藍に、国宝の舎利殿や洪鐘、仏…

2019/5/25
催し物 有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったの…

取材・文/池田充枝 死絵(しにえ)とは、江戸時代後期に盛んになった浮世絵の一分野で、人気の歌舞伎俳優をはじめ有名人の訃報…

2019/5/18
1 2 21

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア