新着記事

絞り出し・至高急須|茶葉本来の魅力を引き出す、デザインの妙

難しく考えてしまいがちな独学を身近なものに|『独学のススメ-頑張らない! 「定年後」の学び方10か条』

頑張らない独学のススメ|「定年後」の学び方

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜とは…?|免疫力向上のために取り組んでいること第1位は「食事・栄養に気を配っている」!

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜1位はブロッコリー

【ビジネスの極意】 「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

【ビジネスの極意】「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

姫革細工の長財布|華やかさと気品を添える、和モダン柄の美しい財布

コリン・フェルナンド、世話好きの配管工の彼の愛車は、1929年生まれのFORDだ

1929年生まれのFORDが愛車!|ニュージーランドはクラッシックカーを愛す

緑内障の要介護者、半数は自覚症状が出てから診断

中途失明の原因1位「緑内障」|約5割が「見え方の異常」から眼科受診で判明

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

かな文字がつくり出す美の世界【企画展 日本の書―和歌と詩のかたち】

取材・文/池田充枝

日本の詩を代表する和歌は、平安貴族の繊細な美意識により完成された「かな」によって、他に類をみない造形美を生みました。

流麗な線、きわどい字形、緩急自在な字流れとその自在な配置、さらには装飾された料紙(用紙)が響きあって、三十一文字の限られた世界を変化に富むものへと昇華させています。

松花堂昭乗筆《三十六歌仙書画帖》江戸・元和2年(1616) 泉屋博古館蔵

松花堂昭乗筆《三十六歌仙書画帖》江戸・元和2年(1616) 泉屋博古館蔵

平安から鎌倉時代に書き継がれた和歌の造形美を広く紹介する展覧会が開かれています。(6月30日まで)

企画展 日本の書―和歌と詩のかたち      (会場:泉屋博古館)

本展は、数多くの日本書跡のコレクションを誇る泉屋博古館の住友コレクションから、かな古筆の白眉とされる《寸松庵色紙》はじめ、料紙装飾も美しい歌切、歌会の和歌懐紙、画賛などの優品を紹介します。

伝紀貫之筆《寸松庵色紙》平安時代 11世紀 泉屋博古館蔵

伝紀貫之筆《寸松庵色紙》平安時代 11世紀 泉屋博古館蔵

本展の見どころを泉屋博古館の学芸課長、実方葉子さんにうかがいました。

「やはりおすすめは平安、鎌倉の古筆歌切。それらはもと冊子や巻物で、多くが当代の書の名手による流麗なかな書、料紙も豪華な貴族のための鑑賞用和歌集でした。

とりわけ《寸松庵色紙》は、かなが洗練を極めた11世紀後半の作で、「継色紙」「升色紙」とともに”三色紙”と称されます。ここでは、月夜の嵯峨野で小倉山の鹿の声に感じられる秋の気配を詠んだ紀貫之の歌がしたためられます。ゆったりと連綿する筆運びや作為のない散らしで三十一文字が表現され、掌サイズの紙面に優れた造形感覚が凝縮されているようです。

重要美術品 藤原定信筆《石山切 (貫之集巻下断簡)》平安時代 12世紀 泉屋博古館蔵

重要美術品 藤原定信筆《石山切 (貫之集巻下断簡)》平安時代 12世紀 泉屋博古館蔵

そしてもうひとつ、注目したいのは《石山切》(貫之集下)です。これは能書の寄合書による豪奢な冊子本「本願寺本三十六人家集」の断簡で、白河上皇六十賀の献上品と推定されています。筆者の藤原定信は12世紀前半を代表する書の名手で、素早く流れるような運筆で、紀貫之の恋歌四首が表されます。

染紙、破り継ぎ、金銀泥による飛鳥文様などの豪華な料紙装飾はともすれば書家泣かせですが、定信はデザインを活かして、機知に富む散らし書きを軽々とやってのけました。文字と文様の鳥が戯れるかのようで、宮廷歌人の切なく狂おしい恋歌の世界が艶やかに立ちのぼります。

《古筆手鑑》平安~江戸時代 泉屋博古館蔵

《古筆手鑑》平安~江戸時代 泉屋博古館蔵

これら歌切は年月をへて掛軸に改装されることとなりました。近世初期の古筆ブームのなか茶人たちがはじめたもので、時の所有者により、思い思いに表装裂が取り合わされた姿もまた見どころのひとつです。」

たおやかでゆかしい日本の書の世界!! 会場でじっくりご堪能ください。

藤原定家筆《熊野懐紙》鎌倉・建仁元年(1201)泉屋博古館蔵

藤原定家筆《熊野懐紙》鎌倉・建仁元年(1201)泉屋博古館蔵

【開催要項】
2019年5月25日(土)~6月30日(日)
企画展 日本の書―和歌と詩のかたち
会場:泉屋博古館
住所:京都市左京区鹿ケ谷下宮ノ前町24
電話番号:075・771・6411
開館時間:10時から17時まで(入館は16時30分まで)
休館日:月曜日
https://www.sen-oku.or.jp/kyoto

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 原三溪ポートレイト 提供:三溪園 明治時代から昭和初期の大コレクター・原三溪が夢見た幻の美術館を具…
  2. 大津絵 猫と鼠 1幅 江戸時代 町田市立博物館蔵 ほっこり癒やされる日本美術が大集合!【特別展 日本の素朴絵― ゆ…
  3. 妖女襖絵 京都の夏を涼しくする、妖女と幽霊・妖怪たち【高台寺・百鬼夜行展と…
  4. 関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵 「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流…
  5. 「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日) 江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く…
PAGE TOP