新着記事

生活のリズムが乳癌発症に影響する? スマートフォンの光も要注意?

不規則な生活が乳がんの発症に影響する!?| サーカディアンリズムと 乳がんの関係

2019年夏休みの都市別海外旅行ランキング|予約急上昇の都市は?

夏休み海外旅行「予約急上昇ランキング」|3位ヤンゴン、2位ウラジオストク、1位は?

幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語

幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編18】

男性管理職のメンタル不調は深刻化か? メンタル不調の悩みの約4分の1は40代男性から!

男性40代のメンタル不調が急増!? 悩みの原因は「職場の問題」と「自分自身のこと」

【ビジネスの極意】新リーダーのための「リーダーシップ」理論

【ビジネスの極意】新リーダーのための「リーダーシップ」理論

油麻地

懐かしく怪しき香り漂うディープな街 「油麻地」裏通りを行く(香港)

『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

老後資金、結局いくら必要?|『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

令和初のボーナスの使い途|使う金額、用途、支払い方法は?

令和初のボーナスの使い途|将来のために貯金をする人が約7割!

『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』

テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

小宮悦子×中野信子スペシャルトークイベント ~いい記憶をつくる考え方~[PR]

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四寺のみほとけ】

取材・文/池田充枝

かつてヤマト政権が都をおいた土地として伝承され「国中(くになか)」とも呼ばれた奈良県東北部に位置する岡寺、室生寺、長谷寺、安倍文殊院の四寺は、6世紀半ばに仏教が朝鮮半島から伝来して間もない飛鳥時代の7世紀、あるいは仏教を大いに受け入れた奈良時代の8世紀に建てられた古刹です。

室生寺は、室生川に面して立ち、上流の渓谷には龍神が棲むと信じられている多くの洞窟があることで知られます。本尊は国宝の十一面観音菩薩立像です。

国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義

国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義

岡寺は、古代政治の舞台であった飛鳥(明日香)を見下ろす丘の上に立ち、日本で最も大きな塑像の重文・如意輪観音菩薩坐像を本尊とします。

長谷寺は、初瀬山の斜面に寺域が広がり、四季折々の花々が参拝客の目を楽しませてくれます。本尊は10メートルを超す重文・十一面観音菩薩立像です。

重文「十一面観音菩薩立像」鎌倉時代・13世紀 奈良・長谷寺蔵 画像提供・奈良国立博物館

重文「十一面観音菩薩立像」鎌倉時代・13世紀 奈良・長谷寺蔵 画像提供・奈良国立博物館

安倍文珠院は、乙巳の変(大化の改新)があった645年に左大臣安倍倉梯麻呂が建てた寺で、現在の本尊は、仏師・快慶によってつくられた国宝・文殊五尊像です。

大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に会する展覧会が開かれています。(9月23日まで)

本展の見どころを東京国立博物館の平常展調整室長、皿井舞さんにうかがいました。

「この四寺には、魅力的な仏像が大切に守り伝えられています。
室生寺からは、国宝・十一面観音菩薩立像と重文・地蔵菩薩立像、重文・十二神将立像二躯(巳神・酉神)など5点が並びます。十一面観音の細線をいくえにも重ねた衣の襞はさざ波のように美しく、半眼の優しい眼差しが観音の慈悲を感じさせる名品です。また、同じ平安前期彫刻ながら、同寺、国宝・釈迦如来坐像は深く鋭い衣文に迫力がある逸品です。

国宝「釈迦如来坐像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 画像提供・奈良国立博物館

国宝「釈迦如来坐像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 画像提供・奈良国立博物館

岡寺からは創建当初の本尊と伝えられる重文・菩薩半跏像のほか、深く刻まれた皺に深い精神性を感じさせる名作、国宝・義淵僧正坐像など4点。

国宝「義淵僧正坐像」奈良時代・8世紀 奈良・岡寺蔵 画像提供・奈良国立博物館

国宝「義淵僧正坐像」奈良時代・8世紀 奈良・岡寺蔵 画像提供・奈良国立博物館

長谷寺からは今も篤い観音信仰の歴史を伝える重文・難陀龍王立像と重文・赤精童子立像をはじめとする諸像6点、安倍文珠院からは快慶作文殊菩薩像の胎内に秘められた、仏の魂ともいうべき経巻がお出ましになります。

本館の平常展にて、これだけのバラエティに富んだ名品をご覧いただく機会は早々にはございません。また、本展は総合文化展観覧料(620円)でご覧いただけるとてもお得な展覧会です。卓越した造形と篤い信仰を物語るみほとけをぜひご堪能ください。」

国宝「文殊菩薩像像内納入品『仏頂尊勝陀羅尼・文殊真言等』」 鎌倉時代・承久2年(1220) 奈良・安倍文殊院蔵 画像提供・奈良国立博物館

国宝「文殊菩薩像像内納入品『仏頂尊勝陀羅尼・文殊真言等』」 鎌倉時代・承久2年(1220) 奈良・安倍文殊院蔵 画像提供・奈良国立博物館

遥か昔の大和の地に花開いた仏教文化にふれるまたとない機会です。ぜひ会場に足をお運びください。

【開催要項】
特別企画 奈良大和四寺のみほとけ
会期:2019年6月18日(火)~9月23日(月・祝)
会場:東京国立博物館 本館1階11室(彫刻展示室)
住所:東京都台東区上野公園13-9
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
https://www.tnm.jp
開館時間:9時30分から17時まで、金・土曜日は21時まで、9月20日・21日の金・土曜日は22時まで(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(ただし7月15日、8月12日、9月16日は開館)、7月16日(火)、9月17日(火)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日) 江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く…
  2. 「平成狸合戦ぽんぽこ」セル付き背景画  (C) 1994 畑事務所・Studio Ghibli・NH 「アルプスの少女ハイジ」「平成狸合戦ぽんぽこ」日本アニメ革新者の…
  3. 松方幸次郎 写真提供:川崎重工業株式会社 この男がいなければ国立西洋美術館はなかった!? 松方コレクション…
  4. 中国陶磁を代表する唐三彩の名品【唐三彩―シルクロードの至宝】
  5. 源氏物語朝顔図(部分) 土佐光起筆 1幅 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵 知っておくと便利! 日本美術の定番の画題を、作品を見ながら学ぶ。…
PAGE TOP