新着記事

水晶彫りの酒器|水晶のような小窓からのぞく美酒を愛でつつ一献

活用しないともったいない! 自治体独自のサービスや「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守ろう

活用しないともったいない「見守りサービス」! 「自治体独自の活動」や「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守る方法

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断なのか

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断が必要なのか?

現代人の3人に1人が孤独死しやすい?

現代人の3人に1人が可能性あり!孤独死しやすい人の共通点とは?

尾戸焼の酒器セット|酒を愛する土佐人たちの宴を盛り上げる伝統の酒器

アクセサリーソケットを活用

車内でアロマテラピーから炊飯までできる、アクセサリーソケット活用術【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

ダイエット

「食事制限ダイエット」で目標を達成した人が明かす成功の秘訣

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く【特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」】

取材・文/池田充枝

来年の2020年、東京で二度目となるオリンピック・パラリンピックが開かれます。
日本にまだ「スポーツ」という言葉がなかった江戸時代から、2020年には二度目のオリンピック・パラリンピック東京大会が開かれることになるまで、日本の近代スポーツ発展には様々なドラマがありました。

オリンピック・パラリンピック開催を1年後にひかえた今、我が国におけるスポーツとオリンピックの歴史をひもとく意義深い展覧会が開かれています。(8月25日まで)

本展では、江戸時代に行われていた伝統的な「スポーツ」を概観し、明治以降の近代スポーツの受容と流行からオリンピックへの参加、東京大会招致と開催に至るまでの歴史を、様々な資料や映像を通して紹介します。

本展の見どころを、東京都江戸東京博物館の都市歴史研究室学芸員の沓沢博行さんにうかがいました。
「まず観ていただきたいのは、江戸の『スポーツ』事情です。江戸時代には、近代における『スポーツ』とは少し異なりますが、様々な運動や競技が行われていました。
例えば武士は馬術や弓術、剣術などを必要な技術として習得し、時にそれらの競技を観衆が楽しむこともありました。また、庶民の間では、蹴鞠や楊弓が楽しまれ、ことに人気を集めたのが相撲興行です。
歌川豊国(三代)の『極暑あそび』は、隅田川に架かる両国橋のたもとで古式泳法にのっとった変わった泳ぎ方を披露して観衆を楽しませる様子を描いています。

「極暑あそび」歌川豊国(三代)/画 1852年(嘉永5)早稲田大学演劇博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日)

「極暑あそび」歌川豊国(三代)/画 1852年(嘉永5)早稲田大学演劇博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日)

相撲興行は18世紀後半から19世紀初頭に大いに盛り上がり、谷風、雷電為右衛門、小野川ら人気力士を輩出しました。雷電為右衛門所用の道中羽織や手形扇、足袋が展示されますが、身長197cm、体重170kgの雷電の威容をしのぶことができます。

雷電為右衛門の道中羽織 雷電為右衛門/所用 公益財団法人日本相撲協会 相撲博物館蔵

雷電為右衛門の道中羽織 雷電為右衛門/所用 公益財団法人日本相撲協会 相撲博物館蔵

また本展では、日本がオリンピックと関わってきた歴史を資料とともに分かりやすくご紹介します。

明治に入って西洋の様々なスポーツが紹介され、欧化を進める国の後押しもあって近代スポーツは学校教育に取り入れられ、広まっていきました。

「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日)

「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日)

そして日本が世界の国々に劣らずスポーツを実践している証として、1912年(明治45)、第5回オリンピック、ストックホルム大会に初出場を果たします。参加した金栗四三と三島弥彦はメダルこそのがしたものの、その後のスポーツ普及に大きな足跡を残しています。
以降のオリンピックでは、テニスの熊谷一弥、柏尾誠一郎や陸上の織田幹雄、人見絹江らメダリストも生まれました。

織田幹雄金メダル(三段跳)織田幹雄/所有 1928年(昭和3)織田正雄・織田和雄蔵

織田幹雄金メダル(三段跳)織田幹雄/所有 1928年(昭和3)織田正雄・織田和雄蔵

そしてついに1940年(昭和15)に第12回オリンピックが東京で開催されることが決まりました。しかし、日中戦争の開戦と国際関係の悪化から中止となり、幻の大会となりました。ちなみに東京の替わりに開催予定だったヘルシンキ大会も第二次世界大戦のため中止となっています。

第12回オリンピック東京大会記念手旗 1936年(昭和11)頃 東京都江戸東京博物館蔵

第12回オリンピック東京大会記念手旗 1936年(昭和11)頃 東京都江戸東京博物館蔵

終戦後、日本では復興から高度経済成長へと移った成果を内外に示すべく再びオリンピック招致が進められ、1964年(昭和39)、第18回オリンピックの東京大会が開催されました。そしてオリンピックの後には、パラリンピックも開催されました。『パラリンピック』の名称が愛称として初めて使われたのもこの東京大会です。

「1964年東京オリンピック記録カラー映像」師岡宏次、東京エイト/撮影 1964年(昭和39)東京都江戸東京博物館蔵

「1964年東京オリンピック記録カラー映像」師岡宏次、東京エイト/撮影 1964年(昭和39)東京都江戸東京博物館蔵

『愛と希望の祭典 パラリンピック東京大会』1965年(昭和40)東京都江戸東京博物館蔵

『愛と希望の祭典 パラリンピック東京大会』1965年(昭和40)東京都江戸東京博物館蔵

本展で、平和の祭典、オリンピックの意義を改めて思い起こしていただければ幸いです」

2020年夏を前に、会場も大いに盛り上がりをみせることでしょう。ぜひ足をお運びください。

【開催要項】
特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」
会期:2019年7月6日(土)~8月25日(日)
会場:東京都江戸東京博物館 1階 特別展示室
住所:東京都墨田区横網1-4-1
電話番号:03・3626・9974
https://www.edo-tokyo-museum.or.jp
開館時間:9時30分から17時30分まで、土曜日は19時30分まで、
7月19日・26日、8月2日・9日・16日・23日の各金曜日は21時まで(入館は閉館30分前まで)

休館日:月曜日(ただし7月15日、8月12日は開館)、7月16日(火)
※会期中に一部展示替えあり

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「円山・四条派」とは何か? その全貌に迫る【円山応挙から近代京都…
  2. 原三溪ポートレイト 提供:三溪園 明治時代から昭和初期の大コレクター・原三溪が夢見た幻の美術館を具…
  3. 大津絵 猫と鼠 1幅 江戸時代 町田市立博物館蔵 ほっこり癒やされる日本美術が大集合!【特別展 日本の素朴絵― ゆ…
  4. 妖女襖絵 京都の夏を涼しくする、妖女と幽霊・妖怪たち【高台寺・百鬼夜行展と…
  5. 関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵 「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流…
PAGE TOP