新着記事

レトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱

男性は「カレー」、女性は「パスタソース」が人気! みんなが「レトルト食品」を買う理由

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

老後は笑顔で「平気で生きていく」|『おじいさんになったね』

南伸坊『おじいさんになったね』に学ぶ「平気で生きていく」ということ

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬“はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬”はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

主婦が最も心掛けているのはエコバッグ持参

主婦が実践している「エコ活」|3位「電気をこまめに消す」、2位「水の出しっぱなしに注意」、1位は?

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

催し物

「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」】

取材・文/池田充枝

日本が弥生時代といわれた、遥か1800年も昔の中国に起こった「三国志」は、いまだに関心がもたれています。
天下に比類なき大帝国であった漢王朝が、王朝内部の政争によって弱体化した2世紀末、その混迷に端を発し、各地の有力武将たちが歴史の表舞台へと踊り出ました。

華北では曹操(そうそう)が、長江上流域では劉備(りゅうび)が、長江下流域では孫堅(そんけん)・孫権(そんけん)父子が台頭し、ここに魏(ぎ)・蜀(しょく)・呉(ご)の三国時代が幕をあけました。

この三国の動静は、正史「三国志」や小説「三国志演義」に著され、長く人々の楽しむところとなりました。そして21世紀に入り、曹操高陵(そうそうこうりょう)の発掘など重要な考古学的成果が相次いだことで、三国志研究は新たな局面を迎えています。

金製獣文帯金具(きんせいじゅうもんおびかなぐ) 金製、貴石象嵌 後漢時代・2世紀 2009年、安徽省淮南市寿県寿春鎮古墓出土 寿県博物館蔵

金製獣文帯金具(きんせいじゅうもんおびかなぐ) 金製、貴石象嵌 後漢時代・2世紀 2009年、安徽省淮南市寿県寿春鎮古墓出土 寿県博物館蔵

選りすぐりの文物と最新の研究成果を交えてその実像に迫る「リアル三国志」展が開かれています。(9月16日(月・祝)まで)

本展では、三国志研究史上最大の発見で、海外初出品となる曹操高陵出土品や、呉の皇族クラスの墓と目される上坊(じょうぼう)1号墓など最新の発掘成果を多数紹介します。

本展の見どころを、東京国立博物館の学芸研究部調査研究課東洋室主任研究員、市元塁さんにうかがいました。

「特別展の会場でまず目に入るのは、関帝廟の堂内を飾っていた清時代の壁画です。張飛が私利私欲をむさぼる小役人を鞭打つ場面など、『三国志演義』の名場面がいきいきと描かれています。

関帝廟壁画(かんていびょうへきが)「張飛、督郵を鞭打つ(ちょうひ、とくゆうをむちうつ)」 土製、彩色 清時代・18世紀 内モンゴル自治区フフホト市清水河県水門塔伏龍寺伝来 内蒙古博物院蔵

関帝廟壁画(かんていびょうへきが)「張飛、督郵を鞭打つ(ちょうひ、とくゆうをむちうつ)」 土製、彩色 清時代・18世紀 内モンゴル自治区フフホト市清水河県水門塔伏龍寺伝来 内蒙古博物院蔵

次に視界に飛び込むのは圧倒的な存在感を放つ関羽像。坐像でありながら像高は170㎝を超え、引き締まった体躯と人間味のある表情は、伝世屈指の「美関羽」です。

本展は、このように『三国志演義』や関羽信仰にゆかりの、いわば伝説化した三国志から始まります。しかしそれはほんの序章にすぎません。本展の見どころはその先。後漢時代から三国時代の考古遺物が紡ぎだす、「リアル三国志」の世界です。

関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵

関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵

会場を奥へ進むと、後漢時代の石彫の獅子が私たちを出迎えます。実物のライオンを見なければ作りえない迫真の造形。後漢王朝の威厳を体現する作品です。獅子の先で、会場は左に折れます。その先に見えてくるのは、空中渡り廊下をもつ高層建築。墓に納めるために作った穀物倉庫の模型です。河南省焦作市では、このような立派な穀物倉庫が集中的に出土しています。後漢時代、当地が豊かな穀倉地帯であったことをよく示しています。後漢のラストエンペラーこと献帝は、魏に帝位を譲ったのちは山陽公としてこの地で余生を過ごしました。魏が山陽公を厚遇したであろうことが推察されます。

次の展示室では、放たれた無数の矢の演出のほか、後漢から三国時代の兵器が一堂に会しています。三国志という百年戦争の時代を体感できる空間です。ここまででもうお腹いっぱいですが、本展の最大の山場は展示の終盤、曹操高陵の実寸再現と副葬品の数々です。

石牌(せきはい)「魏武王常所用挌虎大戟(ぎのぶおうつねにもちいるところのかくこだいげき)アドバンス」 石製 後漢~三国時代(魏)・3世紀 2008~2009年、河南省安陽市曹操高陵出土 河南省文物考古研究院蔵

石牌(せきはい)「魏武王常所用挌虎大戟(ぎのぶおうつねにもちいるところのかくこだいげき)アドバンス」 石製 後漢~三国時代(魏)・3世紀 2008~2009年、河南省安陽市曹操高陵出土 河南省文物考古研究院蔵

罐(かん) 白磁 後漢~三国時代(魏)・3世紀 2008~2009年、河南省安陽市曹操高陵出土 河南省文物考古研究院蔵

罐(かん) 白磁 後漢~三国時代(魏)・3世紀 2008~2009年、河南省安陽市曹操高陵出土 河南省文物考古研究院蔵

稀代の英雄として人気を博す曹操は、臨終に際して自身の葬儀は簡素にするよう遺言しました。その曹操の墓が、2008年から09年年の発掘でみつかったのです。果たして曹操の遺言の真偽やいかに。ぜひ曹操の遺言のリアルをご自身の目でお確かめください」

「曹休(そうきゅう)」印(いん) 青銅製 三国時代(魏)・3世紀 2009年、河南省洛陽市孟津県曹休墓出土 洛陽市文物考古研究院蔵

「曹休(そうきゅう)」印(いん) 青銅製 三国時代(魏)・3世紀 2009年、河南省洛陽市孟津県曹休墓出土 洛陽市文物考古研究院蔵

三国志の活劇譚を考古資料で辿る、新しい三国志! ぜひ会場で体感してください。

【開催要項】
日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」
会期:2019年7月9日(火)~9月16日(月・祝)
会場:東京国立博物館 平成館
住所:東京都台東区上野公園13-9
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
公式サイト:https://sangokushi2019.exhibit.jp/
開館時間:9時30分から17時まで、金・土曜日は21時まで(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日、7月16日(火)(ただし7月15日(月・祝)、8月12日(月・休)、9月16日(月・休)は開館)
巡回:九州国立博物館(2019年10月1日~2020年1月5日)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 周瑜~三国分立を生んだ呉の名将【中国歴史夜話 5】 周瑜~三国分立を生んだ呉の名将【中国歴史夜話 5】
  2. 《麗子肖像(麗子五歳之像)》1918年10月8日 東京国立近代美術館 制作年順に並べることで発見できる、岸田劉生の新たな魅力【没後90…
  3. 横浜中華街の関帝廟 関羽~神になった武人【中国歴史夜話 4】
  4. 「円山・四条派」とは何か? その全貌に迫る【円山応挙から近代京都…
  5. 原三溪ポートレイト 提供:三溪園 明治時代から昭和初期の大コレクター・原三溪が夢見た幻の美術館を具…
PAGE TOP