新着記事

【ASD(自閉症スペクトラム)と子育て実態調査】ASD理解ギャップ編|ASDに対する認知・理解の実態とそのギャップについて

その特性が正しく理解されていない「ASD(自閉症スペクトラム)」と子育ての実態

株式会社博報堂の次世代育児アイテムPechat(http://pechat.jp/)開発チームと博報…

大人女子の半数が「イボに悩んだ」経験あり! 30歳以上の女性が選んだ対処法と理想の対策

春。肌の露出も増えてくるこの時期、30歳以上の「大人女子」のみなさんにとって、顔はもちろん、…

(1)ビル・エヴァンス『自己との対話』(ヴァーヴ) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ) 録音:1963年2月6、9日、5月20日 最初の試みを「3台」で考えたところがじつに大胆。バラードの「ラウンド・ミッドナイト」などはピアノ3台では少々賑やかすぎる感じも受けますが、どうせやるなら狙いは明確に出そうということでしょう。なお、このアルバムはエヴァンス初のグラミー賞受賞作品となりました。

ビル・エヴァンスが3人いる!? 「自己との対話」という挑戦【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道48】

文/池上信次前回の続きで、ビル・エヴァンスの定説の見直しです。エヴァンスはけっして「ピアノ・…

【瞑想に興味のある女性1,053人に聞きました!】実際に瞑想したことがある?、ない?

瞑想に興味がある女性1,053人に聞いた「瞑想と出会ったきっかけ」

瞑想がストレス軽減や生産性向上に繋がることはご存知でしょうか?瞑想は、世界中で5億人以上が実践し…

50歳以上は対策が必要⁉ 免疫力を上げるために効果的なこと

「最近風邪を引いても治りにくい」、「寝ても疲れが取れない」、「花粉症などアレルギー症状が出る…

味噌カレー牛乳ラーメン

【管理栄養士が教える減塩レシピ】 食事にも牛乳を取り入れて上手に減塩!「じゃがいもとアスパラのグラタン」「味噌カレー牛乳ラーメン」

写真・文/矢崎海里コロナウイルスにより、さまざまな業界が打撃を受けています。なかでも一斉休校…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い射手座(11月22日~12月21日) きじとら猫今週は、…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)牡羊座~蟹座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

【ビジネスの極意】「できない理由」を理路整然と話す人は無視しても良い

【ビジネスの極意】「できない理由」を理路整然と話す人は無視しても良い

自己啓発本の元祖とも言われる、D・カーネギーの「人を動かす」という著作。そこには「盗人にも五…

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

クルマ

  1. 先代を踏襲しながら、車輪周囲のふくらみなど、抑揚を増した外観デザイン。目を細めた猫のような極薄のヘッドライトが特徴的。  

    ランドローバー/レンジローバー イヴォーク|都市と田園を共に愛す英国紳士が生み出した「美しき4輪駆動車」【石川真禧照の名車を利く】

         

    文/石川真禧照(自動車生活探険家) 自然豊かな田園で過ごす。英国伝統のカントリー・ジェントルマン文化が鍛えたランドローバー社の最新SUVは、都市にも田舎にも似合う4WD車である。1948年、英国で一台の車が発表された…

  2. 1966年に初代が発表されてから12代目になる最新型。幅が広くなり、3ナンバー車に。ハイブリッド車とガソリン車を選べる。  

    トヨタ/カローラ|ドイツのセダンと互角に戦える世界一まじめな車【石川真禧照の名車を利く】

         

    文/石川真禧照(自動車生活探険家) 飾り気はないが、世界一まじめな高性能を誇る。日本車史上屈…

  3. 2018年秋から日本での予約販売を開始したアルピーヌ/A110。車体前部の丸みを帯びたボンネット形状が印象的だ。  

    アルピーヌ/A110|23年ぶりに復活したアルプス山脈の名を冠したフランスの軽快なスポーツカー【石川真禧照の名車を利く】

         

    文/石川真禧照(自動車生活探険家) かつてフランスに、ル・マン24時間レースやラリーで活躍す…

  4. 【車検ははなんでこんなに高い…?】半数以上の方が車検の内容をよく理解せずに受けていることが判明!?知らずに損をしている現状を打破するために見極めなければいけない事とは?  

    車検はなんでこんなに高い!? 知らないと損をする「車検」の中身

         

    車を所有し、乗っていれば、必ず迎える車検。車検時期を間違って認識していたり、受けるのを忘れて…

  5. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。  

    “イキモノ”としてクルマを捉えると見えてくる〜マツダのデザイン哲学を巡る風景〜[PR]

         

    130万人以上の動員を記録した第46回東京モーターショー2019も終了し、クルマロス!? になってい…

  6. マツダは今年、車名を全面的に変更。世界共通の車名にした。「マツダ3(スリー)」は小型車名。  

    マツダ/マツダ3 セダン|社名を冠した新生「アクセラ」。成熟した日本のセダン、ここにあり【石川真禧照の名車を利く】

         

    文/石川真禧照(自動車生活探険家) 流行りの形ではない。しかし正統にして基本の形「セダン」こ…

  7. 他のプジョー車とは異なり、上級感を演出した車体デザイン。前照灯はLEDライトを使用。左右両端から常時灯が垂直に伸びる。  

    プジョー/508|“猫足”と称される伝統の乗り心地は健在。実用性の高い上級セダン【石川真禧照の名車を利く】

         

    文/石川真禧照(自動車生活探険家) 車を発明したのはドイツ人だが、世界一古い量産メーカーはフ…

  8. アクセサリーソケットを活用  

    車内でアロマテラピーから炊飯までできる、アクセサリーソケット活用術【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

         

    写真・文/鈴木珠美車内にあるアクセサリーソケットは、車内環境を快適に楽しくするもの。アクセサ…

  9. 縦3灯のヘッドライトはLEDで上段2灯がロービーム。その下がハイビーム。メッキ部分も含めて個性的なデザインが特徴。  

    三菱/eKクロス|三菱・日産の共同開発で生まれた、日本が誇る大空間エコカー【石川真禧照の名車を利く】

         

    文/石川真禧照(自動車生活探険家) 昨年の新車乗用車販売の3台に1台は「軽」というほど、近年…

  10. 守る、楽しむドライブレコーダー  

    「あおり運転」から自分のクルマを守る「ドライブレコーダー」活用法【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

         

    写真・文/鈴木珠美「あおり運転」がメディアに取り上げられるようになって注目を集めるよ…

  11. 画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています  

    【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

  12. 程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう  

    【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

  13. コリン・フェルナンド、世話好きの配管工の彼の愛車は、1929年生まれのFORDだ  

    1929年生まれのFORDが愛車!|ニュージーランドはクラッシックカーを愛す

         

    文・写真/ミッチー田中(海外書き人クラブ/ニュージーランド在住ライター)「ニュージーランドといえ…

  14. モーニングクルーズ  

    「モーニングクルーズ」知ってますか?|車好きの聖地、「代官山蔦屋書店」の楽しみ方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

         

    写真・文/鈴木珠美森の図書館とも呼ばれている「代官山蔦屋書店」を訪れたことはありますか?…

  15. 家族での長距離ドライブに関する調査 2019|長距離ドライブでも行く価値があると思う温泉地 1位は「草津」  

    長距離ドライブ中、家族から聞きたくないセリフ1位は「まだ着かないの?」

         

    8月のお盆休みに続き、9月も敬老の日や秋分の日の連休など、この時期、クルマで出かける計画を立…

  16. 写真は代々木パーキングエリアの無料休憩所  

    首都高グルメグランプリを味わう【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

         

    写真・文/鈴木珠美2019年6月13日、都内某所で首都高グルメグランプリが開催されました…

  17.  

    BMW/Z4|トヨタとの技術提携で開発。人工知能技術も活用したロードスター【石川真禧照の名車を利く】

         

    文/石川真禧照(自動車生活探険家) 走行性能に優れた車づくりに定評のあるドイツBMW。同社の…

  18. 黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】  

    タイヤは消耗品。黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

         

    文/鈴木珠美タイヤは消耗品。車検では1.6mm以上タイヤの溝があれば合格しますが、それはイコ…

  19. 上質な呼吸で自律神経を整える【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】  

    ドライブ疲れを感じたら、上質な呼吸で自律神経を整える【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

         

    文/鈴木珠美1日に2万回以上行っている呼吸。ドライブ中は運転への緊張やストレスで呼吸が浅くな…

  20. 酒田市にある土門拳記念館の前で。XC90の車体色は7色から選べる(写真は漆黒のオニキスブラックメタリック)。全車種が4輪駆動で2輪駆動車はない。  

    ボルボ/XC90|高い静粛性と燃費性能。先進安全装備も充実のディーゼル車種が登場【石川真禧照の名車を利く】

         

    文/石川真禧照(自動車生活探険家) 2016年に車づくりを刷新したボルボ。その第1弾となった…

  21. フェアレディの衝動買いには慣れた奥様ですが、自宅に運ばれたジャガーを目にした時は、さすがに唖然としたそうです。  

    【私のクルマ遍歴】念願だったローウィンドウの『フェアレディ』を購入! そして、オークションで真っ赤な『ジャガー』と出会う(後編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

  22. 画像はのちに購入したフェアレディ。アメリカで補修用パーツの入手するためのノウハウは、日本に戻ってからも大いに役立っています。  

    【私のクルマ遍歴】はじめて購入したクルマは、エンジンの動かない『フェアレディ2000』!(前編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

  23. 夏のドライブの儀式と持ち物【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】  

    夏のドライブの暑さ対策|車内の熱気を素早く逃す方法【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

         

    文/鈴木珠美夏も大いにドライブを楽しみたいものです。そこで今回はわたくし事ながら、夏のドライ…

  24. 無作法は事故のモト【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】  

    ジグザク運転、ヘッドライトを点けない、ドアミラーを格納したまま|無作法は事故のもと【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

         

    文/鈴木珠美ジグザク運転、そんなに急いでどこへ行く車で出かけるといろいろな車とドライバー…

  25. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。  

    「MAZDA3(マツダ・スリー)発表会」から見えてきた「ヒトとクルマの新しい関係」[PR]

         

    5月24日、同日から販売を開始した新型『MAZDA3(マツダ・スリー)』の発表会が、東京 天王洲のウ…

  26. 約5年ぶりに日本市場に復活したインサイト。車体は大型化し、全幅は1.8mを超える。低重心設計で、走行安定性は極めて高い。  

    ホンダ インサイト|走り、燃費、デザインを高次元で調和させたスポーティなエコカー【石川真禧照の名車を利く】

         

    文/石川真禧照(自動車生活探険家) F1などの競技で培かった技術を活かした高性能な車づくりに…

  27. 車の会話、パッシング【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】  

    車の会話、相手への思いやりの「パッシング」【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

         

    文/鈴木珠美ずいぶん昔の話になるが、私がまだビギナードライバーだったころ、対向車線のトラック…

  28. 全てが純正を維持している300ZX50thアニバーサリーは、とても希少だそう。  

    【私のクルマ遍歴】『300ZX50thアニバーサリー』と『GT-R(R35型)』が並ぶ、夢のような駐車場(後編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

  29. 左ハンドル仕様の和年さんの愛車。日本のスポーツカーとして、海外で高い評価を受けました。その出会いと物語は【後編】にて語ります。  

    【私のクルマ遍歴】本当は『300ZX』が欲しかったものの高すぎて手が出せず、マイナーチェンジしたばかりの『GTS-X』を購入(前編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

  30. 危険なドライバーの行為  

    愛犬を乗せて運転する人の危険な行為【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

         

    文/鈴木珠美飼い主さんの自己中で愛犬の命が危険にさらされる街乗りをしていて気になるのが道…

PAGE TOP