新着記事

御城印発祥の松本城

お城めぐりの記念に「御城印」を集める! はじめての「御城印」ガイド

■御朱印の次は「御城印」がブームお寺・神社で授与される御朱印を集めるのがブームになって久しいが、…

40代~50代女性1,015人の第二の人生でしたいこととは…?

40代~50代女性1,015人が考える「第二の人生でしたいこと」

40歳を過ぎたあたりから、仕事や育児が落ち着きはじめ「第二の人生」を意識し始める女性も多いという。「…

食事を楽しみ健康寿命を延ばす、舌のエクササイズ

食事を楽しみ健康寿命を延ばす「舌のエクササイズ」

文/藤原邦康残念ながら、今年も東京都内だけでも17人の高齢者が喉に餅を詰まらせて病院に搬送さ…

人情に厚くスジを通した生き方の役『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

人情に厚くスジを通した生き方の役柄が俳優・梅宮辰夫への信望に『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

文・絵/牧野良幸梅宮辰夫さんが昨年の暮れに亡くなった。享年81歳だった。ご冥福をお祈りすると…

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』が選ぶ、“本当に使える”商品発表!

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』だからわかる! 本当に買うべき「料理」「掃除」「整理収納」アイテム9選

毎日の家事を少しでも簡単に便利にしたい! シェアリングエコノミーの家事代行マッチングサービス「タ…

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

新薬「ゾフルーザ」発売後1シーズンで耐性化毎年このシーズンになるとインフルエンザが話題になり…

ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』

ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道40】

文/池上信次前回に続いて「編成で聴くジャズ」、今回はひとり増えた3人編成の「トリオ」です。ジャズ…

タクシー乗車時、運転手と会話する人80.5%

タクシー乗車時、運転手と会話しますか? タクシー利用者のリアルな声

急な要件や体調が悪いときなど、タクシーに助けられたことがある方も多いことでしょう。ミドル…

滑舌の低下、食べこぼし、飲食時の“むせ”|口の機能の衰えは「オーラルフレイル」の危険性あり!

「オーラルフレイル」という言葉を聞いたことはありますか? オーラルフレイルとは、滑舌の低下、…

切り餅を使った「中華おこわ」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】余ったお餅をリメイク!切り餅を使った「餅グラタン」「中華おこわ」

写真・文/矢崎海里お正月の定番、お雑煮やおしるこなどで用いたお餅も、食べ飽きてしまった頃では…

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

アメリカ

  1. ジャック・ダニエル蒸留所  

    アメリカ・テネシー州の蒸留所ツアーで知る、「ジャック・ダニエル」を形づくる5つの要素とは?

         

    文・写真/大井美紗子(海外書き人クラブ/アメリカ在住ライター)アメリカンウイスキーの代表格である「ジャック・ダニエル」。1866年にアメリカ初の認可蒸留所として操業開始して以来、圧倒的な人気と歴史を誇るウイスキーブランドであ…

  2. 止まった腕時計が建物のシンボルに使われていたり、巻貝が屋根の先端に飾られていたり。「あの部分は何でできている?」と考え、「ここにこの素材を配したか!」と唸るのが楽しい  

    80歳で亡くなるまで、作り続けた125のミニチュア建築|外国人修道士が築いた夢の世界「アヴェ・マリア・グロット」(アメリカ)

         

    文・写真/大井美紗子(海外書き人クラブ/アメリカ在住ライター)アメリカ・アラバマ州の北部に、…

  3. 咸臨丸  

    所縁の地サンフランシスコで巡る幕末の歴史|「咸臨丸」水夫達の眠る墓地に想う

         

    文・写真/杉野美穂子(海外書き人クラブ/アメリカ在住ライター)『咸臨丸』、幕末の…

  4. 奇跡の階段  

    「なぜ立っているのかわからない」世界中の建築家が首をかしげるサンタフェ「奇跡の階段」

         

    文・写真/大井美紗子(海外書き人クラブ/アメリカ在住ライター)サンタフェは、キリスト教の町だ…

  5. 死亡率は1割ほど  

    「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルールとは?

         

    文・写真/大井美紗子(海外書き人クラブ/アメリカ在住ライター)アメリカ映画――特に南北戦争か…

  6.  

    住んだ人がみな不幸になる「ルート66」の呪われた町。潜入取材の廃屋で見たものは…

         

    文・写真/大井美紗子(海外書き人クラブ/アメリカ在住ライター)アメリカはアリゾナ州に…

  7.  

    スタインベックの傑作『怒りの葡萄』の舞台を辿るルート66の旅

         

    文・写真/大井美紗子(アメリカ在住ライター)貧しいオクラホマを離れ、豊かなカリフォルニア…

  8.  

    ニューオリンズ行ったらコレ食べて!旅のシメは摩訶不思議な●●ツアー【アメリカ南部を旅する 最終回】

         

    文・写真/鳥居美砂※前回の記事ルイジアナ州ニューオリンズからスタートして、ブルースの…

  9.  

    黒人解放の歴史たどる旅路!メンフィスからモントゴメリーへ【アメリカ南部を旅する第5回】

         

    文・写真/鳥居美砂ここまでのアメリカのディープサウスの旅では、連日、ジャズやブルース、ロック…

  10.  

    歌手プレスリーが生まれた場所『サンスタジオ』をメンフィスに訪ねる【アメリカ南部を旅する 第4回】

         

    文・写真/鳥居美砂前回はエルヴィス・プレスリーの邸宅をはじめ、彼の偉業を再認識できる…

  11.  

    ロックの王の偉業を偲ぶ!エルヴィス・プレスリーゆかりの地を訪ねる【アメリカ南部を旅する 第3回】

         

    文・写真/鳥居美砂かつて綿花の集積地として栄えたメンフィスは、テネシー州最大の街で、現在も人…

  12.  

    あまりのことに絶句!ブルースの聖地「クロス・ロード」に立つ【アメリカ南部を旅する 第2回】

         

    文・写真/鳥居美砂ニューオリンズで、毎夜ジャズ、リズム&ブルース、ロック……とどっぶり音楽に…

  13.  

    ジャズが生まれた街ニューオリンズの夜【アメリカ南部を旅する 第1回】

         

    どんな人にも“死ぬまでに一度は見たい風景”があるだろう。私にも、ずっと憧れ続けた風景があった…

PAGE TOP