新着記事

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

三菱/エクリプス クロス|ブランド復活を狙った、斬新な意匠が評判の高性能な小型SUV【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)荒地などでの走行性能に優れた車づくりに定評のある三菱自動車…

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

【インタビュー】渡辺京二(思想史家・87歳)「イデオロギーは矛盾だらけ。だから歴史を学び直し人間の真実を追究するのです」

【サライ・インタビュー】渡辺京二さん(わたなべ・きょうじ、思想史家)――日本の近代論や思…

没後50年、藤田嗣治の足跡を辿る史上最大級の回顧展

取材・文/池田充枝没後50年の節目に、藤田嗣治の史上最大級の大回顧展が開かれています…

【夕刊サライ/福澤朗】楽しく飲むためのマイルール(福澤朗の美味・料理コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

ホースレザーのスリムショルダーバッグ|上質な馬革を使った軽くしなやかな2ウェイ鞄

軽くて丈夫な馬革を使った、新型のショルダーバッグが届いた。縦型のスリムな形状に、サライ世代の…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

編集部からのお知らせ

93歳の料理家・辰巳芳子さんが日本の「美といのち」の精神を伝える一冊

文/編集部

93歳の料理家・辰巳芳子さんが、日本の「美といのち」について綴った著書『辰巳芳子のことば 美といのちのために』(小学館)が出版されました。

左/『辰巳芳子のことば 美といのちのために』(小学館)、右/辰巳芳子さん(撮影:小林庸浩)

本書は辰巳さんが雑誌『和樂』誌上にて「食と美といのち」「日本の美」について語った連載をもとに、印象的な名言の数々を抽出し、小林庸浩氏の美しい写真とともに構成した「美といのちのヴィジュアル名言集」です。

 「美味しい」ということは、人間にとって、もっともわかりやすい美だと思います。

「美味しい」ということは、人間にとって、もっともわかりやすい美だと思います。(本書より)

 自分たちの文化の行き詰まりというのは異文化の力を借りないと解決しない。異文化で自分のところの文化を「洗い直し」しないとね。

自分たちの文化の行き詰まりというのは異文化の力を借りないと解決しない。異文化で自分のところの文化を「洗い直し」しないとね。(本書より)

漆器や和紙などの工芸品、香道やきものなどの日本文化、白米や梅干しといった日本ならではの食材や料理、お箸をはじめとする料理道具などを通して、日本の自然、風土に根ざした「美」への理解を深めてくれます。

常に五感を磨いて、五感を十分使い切っていく。そうすると真心を込めるピントが見えてきます。

常に五感を磨いて、五感を十分使い切っていく。そうすると真心を込めるピントが見えてきます。(本書より)

美というものは、やっぱり無私無欲でないと「美」にならないのです。

美というものは、やっぱり無私無欲でないと「美」にならないのです。(本書より)

何故、私たちは今、日本美を大切にしなければならないのか。国際化とデジタル化が猛烈な勢いで進む現代社会に、何を大切に考えて生きてゆかなければならないか。2020年に向けて、海外から日本文化への注目が集まる時期に、知っておきたい日本の美の精神を理解できる1冊です。

食べるものが国力の根本である、という当たり前のことを、私たちは一番忘れがちですね。

食べるものが国力の根本である、という当たり前のことを、私たちは一番忘れがちですね。(本書より)

2017年12月に93歳を迎えた著者が、次世代の日本人のために渾身の思いを込めて語った”金言”の数々は、多忙な日々でも心豊かに生きるためのたくさんの”気づき”を与えてくれることでしょう。

【新刊案内】
『辰巳芳子のことば 美といのちのために』
(辰巳芳子著、1400円+税、小学館)
https://www.shogakukan.co.jp/books/09388581


▲クリックすると試し読みできます!

【サライ.jpで読める辰巳芳子さんの記事】
辰巳芳子さん考案の使いやすい「まな板」
※ 辰巳芳子さん考案の「すりこぎとすり鉢」
※ 辰巳芳子さん考案の「しゃもじと物相(もっそう)」
※ 男の酒肴かくあるべし!北海道・広尾のししゃも
※ 地元でも愛される北の珍味!北海道・帯広『牧野水産』の「塩辛」
※ 疲れた心を養ってくれる!あさりのオリーブオイル炒め
※ 夏の酒肴は“生湯葉にめんつゆ”がいい
※ いい生鮭が手に入ったら作ってみたい酒肴2つ
※ ワインにも合う「八丁味噌の田楽」をガラス鍋で楽しむ
※ 酒盃に柚子一片の色気を添えて「うるめいわしの丸干」を頂く

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 酒盃に柚子一片の色気を添えて「うるめいわしの丸干」を頂く【辰巳芳…
  2. ワインにも合う「八丁味噌の田楽」をガラス鍋で楽しむ【辰巳芳子の「…
  3. いい生鮭が手に入ったら作ってみたい酒肴2つ【辰巳芳子の「私のおす…
  4. 夏の酒肴は“生湯葉にめんつゆ”がいい【辰巳芳子の「私のおすすめ」…
  5. “左手のピアニスト”舘野泉さんの超前向きな生き方の秘訣とは
PAGE TOP