新着記事

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

三菱/エクリプス クロス|ブランド復活を狙った、斬新な意匠が評判の高性能な小型SUV【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)荒地などでの走行性能に優れた車づくりに定評のある三菱自動車…

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

【インタビュー】渡辺京二(思想史家・87歳)「イデオロギーは矛盾だらけ。だから歴史を学び直し人間の真実を追究するのです」

【サライ・インタビュー】渡辺京二さん(わたなべ・きょうじ、思想史家)――日本の近代論や思…

没後50年、藤田嗣治の足跡を辿る史上最大級の回顧展

取材・文/池田充枝没後50年の節目に、藤田嗣治の史上最大級の大回顧展が開かれています…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

酒盃に柚子一片の色気を添えて「うるめいわしの丸干」を頂く【辰巳芳子の「私のおすすめ」第10回】

談/辰巳芳子(料理家)

脂の乗った鰯が出回る季節になったので、高知の知人に電話をしたら、「うるめ(鰯)の丸干しはあるが、ただのめざしはないね」と言っていました。心細いですね。日本は農業国であるだけでなく、海の魚によってたんぱく質を得ていたのですが、温暖化などであてにならなくなっています。

うるめの丸干の季節には、やはり熱燗でしょう。私の父は、盃に庭の柚子の皮を一片浮かべて飲んでいました。それは、胸のところのつかえがスッと取れるような姿でした。色気と言ってもいいかもしれません。

私たちは小さなお皿に柚子のへぎを5片ほどを誂えて、父のお膳に置くのが常でした。お酒を飲む風景にそういう「色気」があることを、今、知っている人は少ないでしょうね。

柚子の香りがしなくなってくると、父は箸の先で柚子のへぎをちょいと突くんです。そうするとまた香りが立ってくる。箸の先で、柚子の皮をちょっと突いては飲む。そういうのは、やっぱりその人の直感力だと思います。そうしたひらめきの源には、「色気」があるのです。

また、お燗しながら、魚に少しだけそのお酒をかけて焼くと、魚の身がふっくらして生臭さがなくなります。今言ったような一つのひらめき、色気がそういうことを思いつかせるのです。何も豪華な食材を揃えて型通りに料理しなくてもいい。酒の肴というのは、家の庭にあるものでも工夫して、季節を愉しむことができます。それには敏感さと直感力が必要です。

私は、日本の庭には3本の木が必要だと思っています。それは、梅と山椒と柚子。いずれも季節ごとに食卓に旬を運んでくれるものです。今時分ならば、柚子の皮の一片を盃に浮かべたり、新もののいくらを柚子釜に入れたり。そういう日常の細やかな気づきが、心をスッと収めてくれる。日本の風土が育んだ知恵だと思います。

温暖化によって、海の魚が獲れなくなって、値段も高くなりました。にもかかわらず、私は魚を食べる方がいいと思っています。魚を食べる人がいれば、漁師さんは漁に出るでしょう。そうして私たちに魚を届けようとなさるでしょう。みんなで海の保全も考えるかもしれない。そうして、市場に並ばなくなっためざしも、また食卓に上るようになるかもしれません。

ご紹介する高知県のうるめいわしの丸干は、とてもいい状態のまま冷凍で送っていただけます。何セットかを取り寄せ、熱燗をつけながら、さりげない旬の肴が焼きあがるのをゆっくりと待つのも、季節の愉しみではないでしょうか。

談/辰巳芳子(たつみ・よしこ)
料理家。1924年生まれ。聖心女子学院卒業。家庭料理、家事采配の名手として今も語り継がれる母、辰巳浜子の傍らにあって料理とその姿勢を我がものとし、独自にフランス、イタリア、スペイン料理も学び、広い視野と深い洞察に基づいて、新聞、雑誌、テレビなどで日本の食に提言しつづけている。 近年は、安全で良質の食材を次の世代に用意せねばとの思いから「大豆100粒運動を支える会」会長、「良い食材を伝える会」会長、「確かな味を造る会」の最高顧問を務める。

【辰巳芳子さん推薦】
高見商店//宇佐もん工房
一本釣りうるめいわしの丸干(1日干)

こだわりの漁師が一本釣りで釣り上げたうるめいわしを、高い鮮度のまま塩漬けにし、8時間乾燥させています。 ※脂ののった4月~12月のみの限定製造。解凍し弱火でじっくり焼き上げて下さい。焼く際に日本酒をハケで魚の表面に塗ると、一段と風味が良くなります。1パック3匹入り540円(税込)

ご購入は土佐えいもん広場 http://www.e-monhiroba.com
問い合わせ先は宇佐もん工房 info@urume.jp へ

協力/高知パレスホテル
撮影/小林庸浩、構成/尾崎靖(小学館)

【サライ.jpで読める辰巳芳子さんの記事】

※ 辰巳芳子さん考案の使いやすい「まな板」

※ 辰巳芳子さん考案の「すりこぎとすり鉢」

※ 辰巳芳子さん考案の「しゃもじと物相(もっそう)」

※ 男の酒肴かくあるべし!北海道・広尾のししゃも

※ 地元でも愛される北の珍味!北海道・帯広『牧野水産』の「塩辛」

※ 疲れた心を養ってくれる!あさりのオリーブオイル炒め

※ 夏の酒肴は“生湯葉にめんつゆ”がいい

※ いい生鮭が手に入ったら作ってみたい酒肴2つ

※ ワインにも合う「八丁味噌の田楽」をガラス鍋で楽しむ

※ 酒盃に柚子一片の色気を添えて「うるめいわしの丸干」を頂く

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 93歳の料理家・辰巳芳子さんが日本の「美といのち」の精神を伝える…
  2. ワインにも合う「八丁味噌の田楽」をガラス鍋で楽しむ【辰巳芳子の「…
  3. いい生鮭が手に入ったら作ってみたい酒肴2つ【辰巳芳子の「私のおす…
  4. 夏の酒肴は“生湯葉にめんつゆ”がいい【辰巳芳子の「私のおすすめ」…
  5. 疲れた心を養ってくれる!あさりのオリーブオイル炒め【辰巳芳子の「…
PAGE TOP