新着記事

シアサッカー・サマートラベルジャケット|汗をかいてもべとつかない爽やかな夏の上着

旅に持って出たい、爽やかな着心地のサマージャケットである。凹凸になった「シアサッカー」生地で…

“戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史夜話4】

文/砂原浩太朗(小説家)前田慶次(まえだ・けいじ)――加賀百万石の藩祖・前田利家の甥にして、…

『終わった人』中途半端なプライドが生んだ醜すぎる定年男の物語【印南敦史の定年本イッキ読み20】

文/印南敦史2015年に発表された内館牧子のベストセラー『終わった人』は、定年を迎え…

知られざる漂泊の画家・長谷川利行が描いた「七色の東京」を見る

取材・文/池田充枝戦前の日本を破天荒に生きた画家、長谷川利行(はせかわ・としゆき1891-1…

デニムの風呂敷|リアルなジーンズ柄の愉快な風呂敷

昭和15年創業、日本で初めてジーンズを作ったのが「ビッグジョン」だ。メーカーロゴに親しみを覚…

【朝めし自慢】山口香代子さん(画家)「料理好きな夫が調える白粥が主食の献立です」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆本格的に絵を描き始めたのは5年前。にもかかわらず、わずか2年…

天空の列車「アンデス中央鉄道」で南米大陸の屋根を行く(ペルー)

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)世界文化遺産の街リマ旧市街と、ペルー有数の穀…

【名門校の青春食堂 第5回】駒場東邦中学校高等学校×三島のたこ焼き(東京・駒場)

文/鈴木隆祐食べ応えある『三島』の関東風たこ焼きには生徒への想いが込められていた…

琳派はどのように継承されてきたか?を見る《琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―》展

取材・文/池田充枝17世紀、京都で活躍した画家・俵屋宗達(たわらや・そうたつ)は、やまと絵の…

有田焼の布のような器|布のような質感を湛えた軽くて丈夫な磁器の酒器

布を押し固めたような質感を見せるが、1300℃の高温でしっかりと焼き締められた磁器である。手…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

酒盃に柚子一片の色気を添えて「うるめいわしの丸干」を頂く【辰巳芳子の「私のおすすめ」第10回】

談/辰巳芳子(料理家)

脂の乗った鰯が出回る季節になったので、高知の知人に電話をしたら、「うるめ(鰯)の丸干しはあるが、ただのめざしはないね」と言っていました。心細いですね。日本は農業国であるだけでなく、海の魚によってたんぱく質を得ていたのですが、温暖化などであてにならなくなっています。

うるめの丸干の季節には、やはり熱燗でしょう。私の父は、盃に庭の柚子の皮を一片浮かべて飲んでいました。それは、胸のところのつかえがスッと取れるような姿でした。色気と言ってもいいかもしれません。

私たちは小さなお皿に柚子のへぎを5片ほどを誂えて、父のお膳に置くのが常でした。お酒を飲む風景にそういう「色気」があることを、今、知っている人は少ないでしょうね。

柚子の香りがしなくなってくると、父は箸の先で柚子のへぎをちょいと突くんです。そうするとまた香りが立ってくる。箸の先で、柚子の皮をちょっと突いては飲む。そういうのは、やっぱりその人の直感力だと思います。そうしたひらめきの源には、「色気」があるのです。

また、お燗しながら、魚に少しだけそのお酒をかけて焼くと、魚の身がふっくらして生臭さがなくなります。今言ったような一つのひらめき、色気がそういうことを思いつかせるのです。何も豪華な食材を揃えて型通りに料理しなくてもいい。酒の肴というのは、家の庭にあるものでも工夫して、季節を愉しむことができます。それには敏感さと直感力が必要です。

私は、日本の庭には3本の木が必要だと思っています。それは、梅と山椒と柚子。いずれも季節ごとに食卓に旬を運んでくれるものです。今時分ならば、柚子の皮の一片を盃に浮かべたり、新もののいくらを柚子釜に入れたり。そういう日常の細やかな気づきが、心をスッと収めてくれる。日本の風土が育んだ知恵だと思います。

温暖化によって、海の魚が獲れなくなって、値段も高くなりました。にもかかわらず、私は魚を食べる方がいいと思っています。魚を食べる人がいれば、漁師さんは漁に出るでしょう。そうして私たちに魚を届けようとなさるでしょう。みんなで海の保全も考えるかもしれない。そうして、市場に並ばなくなっためざしも、また食卓に上るようになるかもしれません。

ご紹介する高知県のうるめいわしの丸干は、とてもいい状態のまま冷凍で送っていただけます。何セットかを取り寄せ、熱燗をつけながら、さりげない旬の肴が焼きあがるのをゆっくりと待つのも、季節の愉しみではないでしょうか。

談/辰巳芳子(たつみ・よしこ)
料理家。1924年生まれ。聖心女子学院卒業。家庭料理、家事采配の名手として今も語り継がれる母、辰巳浜子の傍らにあって料理とその姿勢を我がものとし、独自にフランス、イタリア、スペイン料理も学び、広い視野と深い洞察に基づいて、新聞、雑誌、テレビなどで日本の食に提言しつづけている。 近年は、安全で良質の食材を次の世代に用意せねばとの思いから「大豆100粒運動を支える会」会長、「良い食材を伝える会」会長、「確かな味を造る会」の最高顧問を務める。

【辰巳芳子さん推薦】
高見商店//宇佐もん工房
一本釣りうるめいわしの丸干(1日干)

こだわりの漁師が一本釣りで釣り上げたうるめいわしを、高い鮮度のまま塩漬けにし、8時間乾燥させています。 ※脂ののった4月~12月のみの限定製造。解凍し弱火でじっくり焼き上げて下さい。焼く際に日本酒をハケで魚の表面に塗ると、一段と風味が良くなります。1パック3匹入り540円(税込)

ご購入は土佐えいもん広場 http://www.e-monhiroba.com
問い合わせ先は宇佐もん工房 info@urume.jp へ

協力/高知パレスホテル
撮影/小林庸浩、構成/尾崎靖(小学館)

【サライ.jpで読める辰巳芳子さんの記事】

※ 辰巳芳子さん考案の使いやすい「まな板」

※ 辰巳芳子さん考案の「すりこぎとすり鉢」

※ 辰巳芳子さん考案の「しゃもじと物相(もっそう)」

※ 男の酒肴かくあるべし!北海道・広尾のししゃも

※ 地元でも愛される北の珍味!北海道・帯広『牧野水産』の「塩辛」

※ 疲れた心を養ってくれる!あさりのオリーブオイル炒め

※ 夏の酒肴は“生湯葉にめんつゆ”がいい

※ いい生鮭が手に入ったら作ってみたい酒肴2つ

※ ワインにも合う「八丁味噌の田楽」をガラス鍋で楽しむ

※ 酒盃に柚子一片の色気を添えて「うるめいわしの丸干」を頂く

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 93歳の料理家・辰巳芳子さんが日本の「美といのち」の精神を伝える…
  2. ワインにも合う「八丁味噌の田楽」をガラス鍋で楽しむ【辰巳芳子の「…
  3. いい生鮭が手に入ったら作ってみたい酒肴2つ【辰巳芳子の「私のおす…
  4. 夏の酒肴は“生湯葉にめんつゆ”がいい【辰巳芳子の「私のおすすめ」…
  5. 疲れた心を養ってくれる!あさりのオリーブオイル炒め【辰巳芳子の「…
PAGE TOP