新着記事

油麻地

懐かしく怪しき香り漂うディープな街 「油麻地」裏通りを行く(香港)

『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

老後資金、結局いくら必要?|『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

令和初のボーナスの使い途|使う金額、用途、支払い方法は?

令和初のボーナスの使い途|将来のために貯金をする人が約7割!

『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』

テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

小宮悦子×中野信子スペシャルトークイベント ~いい記憶をつくる考え方~[PR]

オフィスの温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスの温度事情

エアコン温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスは7割以上の男性は“暑い”、女性の過半数は“寒い”

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

リタイア後に受け取れる年金は?【今からはじめるリタイアメントプランニング】

あなたはどんな公的年金を受け取れる?|日本の年金制度を理解する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

越後長岡喜作弁当

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その2】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

辰巳芳子さん考案の「しゃもじと物相(もっそう)」【辰巳芳子の「私のおすすめ」3】

談/辰巳芳子(料理家)

料理をする上で、道具をきちんと考えることは大切です。

例えば、自分の持っている鍋の直径としゃもじのバランスが取れていなければ、料理はうまくできません。私はしゃもじの寸法にこだわって、何センチの径の鍋には何センチ幅のしゃもじと考えて使っています。

でも従来のご飯しゃもじではくたびれるし、使いにくい。それで、しゃもじも、炒め物などで手が熱くならないように工夫して、ちゃんと仕事ができるようなものをこしらえました。

鍋の直径に合った長さと幅にして、丸い先端を鍋底にぴったりくっつくよう平らにすることで具材が逃げてしまわないようにし、裏側も裏ごししやすいようふくらみを持たせています。自分で料理をしていて不都合を感じるところを、疲れないように、仕事をしやすいように考えました。

ご飯を抜く型の「物相(もっそう)」も作りました。木製だから、まったく熱くならず扱いやすい。ご飯を型で抜くには炊きたてでないときれいにできませんが、この物相できれいに盛り付けられたご飯は、作った人の心意気を感じさせるでしょう。

しゃもじも物相も、国産のひのきを使っています。消臭・殺菌効果が高く、美しさに優れ、法隆寺や東大寺、伊勢神宮の材にも使われているほど長持ちする木材です。

私たちが食べる種子類は、すべて発芽前は自己防御のための毒を持っていますが、このしゃもじで玄米を高温で炒めた煎り玄米のスープは、自己防御物質を難なく解決して力になります。私の父は病床でこの煎り玄米のスープだけで3年間生きました。

こういう食は、美味しい不味いということを超えています。そういうことを男の人にも知っていただきたいと思います。

不思議なことにものを作るのは創造で男の分野ですが、社会全体が幸せになるためには、男が食を理解して動いてくれないと社会が変わらない。私は、男が「酒の肴」を自分で作ることを通して食を理解し、世の中を良くすることができると思っています。

今まで溜め込んだ知識や注意力のすべてを料理をすることに注ぐ。その眼目は、生きていきやすく食べること。そのように考えることは、自分を見つめ直すことにもつながります。

【辰巳芳子さん考案の調理器具】
「しゃもじ(木べら)」

蒸らし炒めに重宝し、裏ごしもやりやすいしゃもじ(木べら)。柄の長さ17センチ、へらの長さ13センチ、へらの幅6.8センチ。材質は国産ひのき。1620円。

鍋とへらとの相関関係からサイズと形を決めた、辰巳芳子さん考案の調理器具。

「このしゃもじは、柄の長さ17センチ、へらの長さ13センチ、へらの幅6.8センチ。裏ごししやすいよう裏側にふくらみを持たせました。蒸らし炒めにも重宝し、裏ごしもしやすい木べらになっています」(辰巳さん)

【辰巳芳子さん考案の調理器具】
「物相(もっそう、木型)」

ご飯を型抜きするための「物相(もっそう)」。丸型は直径6センチ、扇型は幅10センチ、ともに高さ5センチ。材質は国産ひのき。7560円(丸と扇各1個のセット)

「物相は、あったかいご飯でないときれいに型抜きできませんが、これは木でできていて熱くなりません。扇面の型はお赤飯を抜いてお祝いの席に。丸型で抜いたご飯は、お煮しめや和え物の食卓に」(辰巳さん)

【商品についてのお問い合わせ】
SD企画設計研究所
http://www.yk.rim.or.jp/~4_5indij/dougu/index.html

談/辰巳芳子
料理家。1924年生まれ。聖心女子学院卒業。家庭料理、家事差配の名手として今も語り継がれる母、辰巳浜子の傍らにあって料理とその姿勢を我がものとし、独自にフランス、イタリア、スペイン料理も学び、広い視野と深い洞察に基づいて、新聞、雑誌、テレビなどで日本の食に提言しつづけている。近年は、安全で良質の食材を次の世代に用意せねばとの思いから「大豆100粒運動」会長「良い食材を伝える会」会長「確かな味を造る会」の最高顧問を務める。

撮影/小林庸浩、構成/尾崎靖(小学館)

【サライ.jpで読める辰巳芳子さんの記事】

※ 辰巳芳子さん考案の使いやすい「まな板」

※ 辰巳芳子さん考案の「すりこぎとすり鉢」

※ 辰巳芳子さん考案の「しゃもじと物相(もっそう)」

※ 男の酒肴かくあるべし!北海道・広尾のししゃも

※ 地元でも愛される北の珍味!北海道・帯広『牧野水産』の「塩辛」

※ 疲れた心を養ってくれる!あさりのオリーブオイル炒め

※ 夏の酒肴は“生湯葉にめんつゆ”がいい

※ いい生鮭が手に入ったら作ってみたい酒肴2つ

※ ワインにも合う「八丁味噌の田楽」をガラス鍋で楽しむ

※ 酒盃に柚子一片の色気を添えて「うるめいわしの丸干」を頂く

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 93歳の料理家・辰巳芳子さんが日本の「美といのち」の精神を伝える…
  2. 酒盃に柚子一片の色気を添えて「うるめいわしの丸干」を頂く【辰巳芳…
  3. ワインにも合う「八丁味噌の田楽」をガラス鍋で楽しむ【辰巳芳子の「…
  4. いい生鮭が手に入ったら作ってみたい酒肴2つ【辰巳芳子の「私のおす…
  5. 夏の酒肴は“生湯葉にめんつゆ”がいい【辰巳芳子の「私のおすすめ」…
PAGE TOP