新着記事

【名門校の青春食堂 第6回】早稲田中学校高等学校×メルシーのラーメン(東京・早稲田)

文/鈴木隆祐早稲田生に愛されてきたワセメシの代表選手『メルシー』のラーメン早…

なぜお金持ちは長生きする?健康と経済の共通点から導く「健康長寿の秘訣」とは【予防医学の最前線】

文/中村康宏「お金」と「健康」といえば、サライ世代の多くの人が気にかけている問題では…

【夕刊サライ/角田光代】エジプト:悠久の街と、私のなかの悠久(角田光代の旅行コラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

長崎・小値賀の2つの教会【長崎の潜伏キリシタン関連遺産を旅する 第2回】旧野首教会/小値賀教会

写真・文/石津祐介キリスト教が禁教とされた時代、頑なに信仰を貫いた潜伏キリシタン。その信仰の…

袖裾ゴム式作務衣|軽快な着心地で動きやすい夏の作務衣

これからの季節は、庭仕事など屋外での作業が増えてくる。そんなときの“作業着”のひとつとして、…

谷崎潤一郎がまとっていた絢爛豪華な長襦袢【文士の逸品No.21】

◎No.21:谷崎潤一郎の長襦袢文/矢島裕紀彦長襦袢と呼ぶには、余りにも絢爛…

犬の飼い主は絶対知っておくべき「夏のキケンな果物」はブドウ

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司人間にとっては美味しい果物ですが、犬や猫にとっては…

【夕刊サライ/テリー伊藤】「テリーが惚れた偉大なるクルマ賢人たち」(テリー伊藤のクルマコラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

鉄板を叩いてつくる山田工業所の「打ち出し式」鉄フライパン【メイドインニッポン紀行】

取材・文/編集部中華料理の料理人にとって、鍋は最も重要な道具である。炒める、揚げる、煮る、蒸…

房総半島の小国の大名・里見氏はなぜ関東の覇者と渡り合えたのか【半島をゆく 歴史解説編 房総半島 1】

『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

保存版!一度は味わいたい名店の絶品まぐろ料理6つ

日本人は、数々の調理法を編みだし、まぐろのあらゆる部位を味わい尽くしてきた。まぐろを極める東西6店の名物料理を紹介する。

※この記事は『サライ』本誌2016年12月号より転載しました。年齢・肩書き等の情報は取材時点のものです。(取材・文/関屋淳子、多田みのり 撮影/高橋昌嗣、藤田修平、小林禎弘)

■1:御料理 山さき(東京・神楽坂)の
【ねぎま鍋】
――トロの甘みを楽しむ江戸が生んだ伝統の味

今でこそ刺身や鮨種として好まれるまぐろのトロ部分。しかし江戸時代末、まぐろが江戸庶民の味覚として親しまれたのはもっぱら赤身で、あっさりとした赤身と醤油の組み合わせが人々の心を掴んでいた。

保存技術も乏しく、脂肪が多く傷みが早いトロは、葱とともに鍋に仕立て、脂を落として賞味。これが江戸料理を代表するひとつ、「ねぎま鍋」である。

ねぎま鍋のコース。野菜は葱、芹、独活(うど)、クレソン、和布(わかめ)。腹側より、背トロのほうが酸味があり、よりさっぱり。

東京・大塚にあった老舗江戸料理店『なべ家』で修業を重ね、神楽坂に鍋料理専門店『山さき』を開いた山崎美香さん(51歳)は、ねぎま鍋の魅力を次のように話す。

「まぐろの筋の部分が溶けるまでよく煮るのが美味しさの秘訣です。野菜は葱のほかに、香味がある芹や独活(うど)などが相性抜群です」

具材の火の通り具合を確認する山崎さん。14年前に『山さき』を開業。鍋のつゆは鰹かつおと昆布の出汁、酒、醤油、塩のみ。

店で仕入れるまぐろは冷凍の天然クロマグロ。「背トロ」と呼ばれる背中側のトロと、腹側のトロの2種類で、これを沸いたつゆの中に葱とともに入れる。厚さ1cm以上あるまぐろは、鍋に張られた少し濃いめのつゆの中に静かに沈んでいく。やがて、煮えて浮き上がってくる頃合いを計りながら、山崎さんが取り分けてくれる。

「私たち店の者が鍋奉行となり、一番美味しいタイミングでお取り分けします。ピンク色が残る半生状態が美味しそうだとおっしゃるお客様もいらっしゃいますが、決してそうではないんです。野菜も一度にすべてを入れてしまうのではなく、種類ごとの味わいを楽しんでいただきます」(山崎さん)

つゆの味を纏ったまぐろは、口の中でふんわりと解け、爽やかな脂の甘みがじんわりと広がる。粗く挽いた胡椒を添えれば、味と香りをピリリと引き締める。

江戸の知恵が生んだトロを旨く食す鍋。今では贅沢と思えるほどの味わいを、江戸情緒が残る神楽坂で堪能する。

コースは和え物や焼き物のお通し5品と、刺身、鍋。そして鍋の締めは、脂が溶け込んだつゆと胡椒を白飯にかけていただく。

【御料理 山さき】
東京都新宿区神楽坂4-2 福井ビル2階
電話:03・3267・2310
営業時間:18時~22時(入店は20時まで)
定休日:日曜、祝日 16席。要予約。
アクセス:都営大江戸線牛込神楽坂駅から徒歩約5分。JR・東京メトロほか飯田橋駅より徒歩約8分。

■2:日本橋 寿司金(東京・四谷)の
【大トロあぶり丼】
――まぐろの部位の差を味わい芳醇な余韻に酔いしれる

左から赤身のヅケ、中トロ、霜降りのカマトロ(カマ下)、すなずり、ひれ下。稀少部位はいつもあるとは限らず、すなずりやひれ下は一本から10貫ほどしか取れない。

かつて東京・日本橋にあった名店『日本橋 寿司金(きん)』から、昭和46年に暖簾分けをして、新宿・荒木町に店を構えるこの店。まぐろに精通する鮨屋として、鮨好きにはよく知られるところである。まぐろは築地の仲卸『石司(いしじ)』から仕入れる。取材日は青森・大間の延縄で揚げたクロマグロが届いたばかりであった。

美しく切り分けられた各部位。左から、ひれ下はスプーンで肉をそぎ落とす。カマ下、すなずり、中トロ、赤身。いずれも5日ほど経つと旨みが増してくるという。

「夏から秋のまぐろはサンマを餌にしていますが、秋から冬にはスルメイカを食べますから、脂の乗りがぐんとよくなります。まぐろが一番美味しい季節ですね」

こう話すのは半世紀以上、まぐろと向き合ってきた主人の秋山弘さん(80歳)。津軽海峡周辺のクロマグロが最上だと太鼓判を押す。その赤身やトロはもちろんだが、店では稀少部位の「すなずり」や「ひれ下」などが味わえる。

大間産の赤身から大トロまでの塊を手にする秋山さん。おまかせのコースはにぎりとつまみで2万3000円~。

すなずりとは、尾に近い腹の運動量が多い部位。細やかな筋が入り、噛みしめるごとに旨みとふくよかな香りが広がる。ひれ下は胸びれの下で、口に入れた瞬間はふわりと柔らかいが、味わいは濃厚な赤身のようにしっとりとしている。まぐろとはこれほど芳醇な魚であったかと、いつまでもその余韻に酔いしれてしまう。

【日本橋 寿司金】
東京都新宿区荒木町9-15
電話:03・3357・5050
営業時間:17時30分~23時(土曜は~21時)
定休日:日曜、祝日 8席。要予約。
アクセス:東京メトロ丸ノ内線四谷三丁目駅から徒歩約7分。都営新宿線曙橋駅1番出口から徒歩約7分

>>次のページへ続きます。

ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 保存版!サライが選んだ「まぐろのお取り寄せ」逸品6つ
  2. 書家・岡本光平さんに聞いた「書」を創作して遊ぶ楽しみ
  3. 古来の名筆から書を磨く「臨書」基本の心得《動画あり》
  4. 元まぐろ船コック長が教える豪快まぐろ料理のレシピ7つ
  5. 極上まぐろが食べられる港町の名店3つ
PAGE TOP