新着記事

ダイナミックすぎる『オメガパーク』で体重約1トンの巨大野生動物に出会う

文・写真/藤木 香(カナダ在住ライター)いつかこの目で本物のカリブー(トナカイ)を見…

キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【にっぽん歴史夜話5】

 文/砂原浩太朗(小説家)キリシタン大名として著名な高山右近(たかやま・うこん、1552~1…

【夕刊サライ/福澤朗】カレーに合う日本酒!? 知る人ぞ知る「貴醸酒」に脱帽(福澤朗の美味・料理コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや人生、どうしても壁にぶち当たることがあります。離婚や介護、過労…

白洲次郎夫妻の旧邸「武相荘」を味わい尽くす写真イベント《Art of Life(日常の美)》

終戦直後、GHQとの折衝を担った実業家・白洲次郎と、日本の美意識を探究しつづけた稀代の随筆家…

【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた、極端なことだらけの生まれ故郷への旅(パラダイス山元の旅行コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

日本茶専門店「日本橋 和の茶 伊藤園」でお茶の奥深い世界を楽しむ《プレゼントあり》

文/編集部

東京・日本橋にある三越日本橋本店に、日本茶の品種の違いを楽しめるティースポット『日本橋 和の茶 伊藤園』がある。その名の通り「お〜いお茶」でおなじみ伊藤園が満を持して開いた直営ショップで、日本全国から集められた希少な茶葉が、茶畑単位・製法別に取りそろえられている。

全国でもここだけという希有なる日本茶専門店を訪ねてみた。

風格あふれる老舗デパート・日本橋三越本店。その地下1階食品売場に、目指すお店はあった。

店頭には、日本各地から集められた茶葉が並ぶ。八女玉露、狭山やぶきた、両河内つゆひかり、嬉野釜炒り茶、屋久島紅茶……説明とチャートを眺めていくだけで、茶葉の種類や個性についての勉強になる。同じ産地の同じ品種でも、深蒸しと浅蒸しがあるなど製法の違いもあって、知的な興味をそそられる。

さらに店頭では、水出し緑茶のデモンストレーションが展示されていた。3種類の茶葉は「霧島玉露 おくみどり」「霧島 萎凋緑茶」「霧島 かなやみどり」で、すべて九州・霧島のある茶園で産したもの。おなじ生産者が、個性ある複数の茶葉を作っているのだ。

店の奥にはカウンターがあり、そこでスタッフが茶葉を測っている。声をかけてみよう。

「いらっしゃいませ。」茶葉を測っていたのは、伊藤園ティーテイスターの神宮大(じんぐう・まさる)さんであった。神宮さんに、このお店のコンセプトについて伺った。

「日本では各地で高品質なお茶が栽培されています。それらは場所だけでなく、茶葉そのものの品種や、発酵度合いなどの仕上げ方によっても多様な個性があるのですが、その多様性があまり知られていません。そこで伊藤園が培ってきた全国の生産者の方々とのきずなを活かし、品質のよい希少なお茶を日本各地から集め紹介する場として開店しました。

また同時に、生産者とお客様の橋渡しをしたい。そのために、生産者の顔の見えるお茶を扱っています。時には生産者の方にお越しいただき、お店でお客様と交流いただくことも行なっています。」

単一品種・単一生産者といった「シングルオリジン」の茶葉を楽しんだり、緑茶だけでない紅茶や烏龍茶、そして水出し緑茶などで新たな風味を楽しんだりと、日本茶をワインやコーヒーのように楽しむ新しい動きが、近年広がりをみせている。「日本橋 和の茶 伊藤園」は、そんなニーズに応えてくれる店なのだ。

価格帯も幅広く、100グラム500円くらいのお茶から、100グラム2万5000円もする品評会出品茶まで取りそろえている。

■イートインでお茶の違いを賞味する

同店ではイートインも可能で、スタッフが淹れてくれるこだわりのお茶の数々をカウンターで賞味できる。神宮さんはじめスタッフは厚生労働省認定の「伊藤園ティーテイスター」を取得している茶師だ。

メニューには風味のチャートもついていて、好みのお茶を選びやすい。さて、どれを頼んでみようか。

「どれを選ぶべきかわからないという方は、じっくりとお話をうかがって、こちらから提案させていただきます」と神宮さん。まるでお茶のコンシェルジュのようだ。

今回は特徴的な2種類を飲み比べたいとお願いしたところ、香りが特徴的な「本山浅蒸し茶 強火仕立て」と、コクと甘みが特徴的な「藁科 かぶせ茶」の2種を提案いただいた。

ではさっそく、「藁科 かぶせ茶」から淹れていただこう。

まず茶葉を天秤で測りとり……。

急須に入れてお湯を注ぎ、待つこと1分少々。

あらかじめお湯で温めておいた茶碗に注ぎ……。

そして供される。

水色は鮮やかな緑色。口にふくむと、こっくりとしたダシのような旨みが感じられる。摘む直前に布をかぶせて光合成を止めることでアミノ酸の旨みを増やす「かぶせ茶」ならではの風味だ。

続けて「本山浅蒸し茶 強火仕立て」を淹れていただく。

淹れていただいた浅蒸し茶は、さきほどのかぶせ茶とくらべて水色は黄色に近い。口に含むと、爽やかな茶の香りが鼻腔に抜ける。ホッとする香りと味わいだ。

カウンターの後方にはお茶を焙じる機械が設置され、夕方にはここで焙じたばかりの出来たての香り高いほうじ茶もいただける。

お茶だけでなく、抹茶をつかったマカロンやロールケーキといった和スイーツや、お茶に合うお茶請けもいろいろと販売されている。ドライフルーツとともにお茶を楽しむというのも、同店ならではのユニークな提案だ。

「茶葉と一緒に入れて、フルーツ茶のように楽しむことにもできますよ」と神宮さんはお茶の楽しみ方をアドバイスする。

日本がほこる「お茶」の文化を体感できる『日本橋 和の茶 伊藤園』。近くにお寄りの際は立ち寄ってみてはいかがだろうか。

【日本橋 和の茶 伊藤園】
東京都中央区日本橋室町1-4-1 日本橋三越本店 本館地下1階
営業時間: 10:30~19:30

【プレゼント】
『日本橋 和の茶 伊藤園』でも販売されている高級瓶詰め茶「和の茶 玉露」(瓶375ml、2,160円)を抽選で10名様にプレゼントします。福岡県産八女玉露「伝統本玉露」を100%使用し、特別な技術で瓶に詰めたプレミアムな緑茶飲料です。ご応募はこちらから。

※締め切りは2018年3月26日まで。ご応募にはサライプレミアム倶楽部への無料登録が必要です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP