新着記事

X線やMRIでもわからない腰痛の原因は?【川口陽海の腰痛事件簿 第4回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【夕刊サライ/神取忍】神取流いじめ撲滅運動~思いを声に出す大切さを伝えたい(神取忍の健康・スポーツコラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

富士山ぐい呑み|職人技で磨き込まれた富士山シルエットの酒器

金属加工の本場、新潟県燕市から届いた、ぐい呑みセット。錆びにくく熱に強い「18‐8ステンレス…

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

三菱/エクリプス クロス|ブランド復活を狙った、斬新な意匠が評判の高性能な小型SUV【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)荒地などでの走行性能に優れた車づくりに定評のある三菱自動車…

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

日本茶専門店「日本橋 和の茶 伊藤園」でお茶の奥深い世界を楽しむ《プレゼントあり》

文/編集部

東京・日本橋にある三越日本橋本店に、日本茶の品種の違いを楽しめるティースポット『日本橋 和の茶 伊藤園』がある。その名の通り「お〜いお茶」でおなじみ伊藤園が満を持して開いた直営ショップで、日本全国から集められた希少な茶葉が、茶畑単位・製法別に取りそろえられている。

全国でもここだけという希有なる日本茶専門店を訪ねてみた。

風格あふれる老舗デパート・日本橋三越本店。その地下1階食品売場に、目指すお店はあった。

店頭には、日本各地から集められた茶葉が並ぶ。八女玉露、狭山やぶきた、両河内つゆひかり、嬉野釜炒り茶、屋久島紅茶……説明とチャートを眺めていくだけで、茶葉の種類や個性についての勉強になる。同じ産地の同じ品種でも、深蒸しと浅蒸しがあるなど製法の違いもあって、知的な興味をそそられる。

さらに店頭では、水出し緑茶のデモンストレーションが展示されていた。3種類の茶葉は「霧島玉露 おくみどり」「霧島 萎凋緑茶」「霧島 かなやみどり」で、すべて九州・霧島のある茶園で産したもの。おなじ生産者が、個性ある複数の茶葉を作っているのだ。

店の奥にはカウンターがあり、そこでスタッフが茶葉を測っている。声をかけてみよう。

「いらっしゃいませ。」茶葉を測っていたのは、伊藤園ティーテイスターの神宮大(じんぐう・まさる)さんであった。神宮さんに、このお店のコンセプトについて伺った。

「日本では各地で高品質なお茶が栽培されています。それらは場所だけでなく、茶葉そのものの品種や、発酵度合いなどの仕上げ方によっても多様な個性があるのですが、その多様性があまり知られていません。そこで伊藤園が培ってきた全国の生産者の方々とのきずなを活かし、品質のよい希少なお茶を日本各地から集め紹介する場として開店しました。

また同時に、生産者とお客様の橋渡しをしたい。そのために、生産者の顔の見えるお茶を扱っています。時には生産者の方にお越しいただき、お店でお客様と交流いただくことも行なっています。」

単一品種・単一生産者といった「シングルオリジン」の茶葉を楽しんだり、緑茶だけでない紅茶や烏龍茶、そして水出し緑茶などで新たな風味を楽しんだりと、日本茶をワインやコーヒーのように楽しむ新しい動きが、近年広がりをみせている。「日本橋 和の茶 伊藤園」は、そんなニーズに応えてくれる店なのだ。

価格帯も幅広く、100グラム500円くらいのお茶から、100グラム2万5000円もする品評会出品茶まで取りそろえている。

■イートインでお茶の違いを賞味する

同店ではイートインも可能で、スタッフが淹れてくれるこだわりのお茶の数々をカウンターで賞味できる。神宮さんはじめスタッフは厚生労働省認定の「伊藤園ティーテイスター」を取得している茶師だ。

メニューには風味のチャートもついていて、好みのお茶を選びやすい。さて、どれを頼んでみようか。

「どれを選ぶべきかわからないという方は、じっくりとお話をうかがって、こちらから提案させていただきます」と神宮さん。まるでお茶のコンシェルジュのようだ。

今回は特徴的な2種類を飲み比べたいとお願いしたところ、香りが特徴的な「本山浅蒸し茶 強火仕立て」と、コクと甘みが特徴的な「藁科 かぶせ茶」の2種を提案いただいた。

ではさっそく、「藁科 かぶせ茶」から淹れていただこう。

まず茶葉を天秤で測りとり……。

急須に入れてお湯を注ぎ、待つこと1分少々。

あらかじめお湯で温めておいた茶碗に注ぎ……。

そして供される。

水色は鮮やかな緑色。口にふくむと、こっくりとしたダシのような旨みが感じられる。摘む直前に布をかぶせて光合成を止めることでアミノ酸の旨みを増やす「かぶせ茶」ならではの風味だ。

続けて「本山浅蒸し茶 強火仕立て」を淹れていただく。

淹れていただいた浅蒸し茶は、さきほどのかぶせ茶とくらべて水色は黄色に近い。口に含むと、爽やかな茶の香りが鼻腔に抜ける。ホッとする香りと味わいだ。

カウンターの後方にはお茶を焙じる機械が設置され、夕方にはここで焙じたばかりの出来たての香り高いほうじ茶もいただける。

お茶だけでなく、抹茶をつかったマカロンやロールケーキといった和スイーツや、お茶に合うお茶請けもいろいろと販売されている。ドライフルーツとともにお茶を楽しむというのも、同店ならではのユニークな提案だ。

「茶葉と一緒に入れて、フルーツ茶のように楽しむことにもできますよ」と神宮さんはお茶の楽しみ方をアドバイスする。

日本がほこる「お茶」の文化を体感できる『日本橋 和の茶 伊藤園』。近くにお寄りの際は立ち寄ってみてはいかがだろうか。

【日本橋 和の茶 伊藤園】
東京都中央区日本橋室町1-4-1 日本橋三越本店 本館地下1階
営業時間: 10:30~19:30

【プレゼント】
『日本橋 和の茶 伊藤園』でも販売されている高級瓶詰め茶「和の茶 玉露」(瓶375ml、2,160円)を抽選で10名様にプレゼントします。福岡県産八女玉露「伝統本玉露」を100%使用し、特別な技術で瓶に詰めたプレミアムな緑茶飲料です。ご応募はこちらから。

※締め切りは2018年3月26日まで。ご応募にはサライプレミアム倶楽部への無料登録が必要です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP