新着記事

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

我が闘病|角盈男「前立腺がんを克服して、今思うこと」

取材・文/田中周治58歳の時に前立腺がんが発覚した角盈男さんに、闘病生活を振り返って…

【娘のきもち】夫の借金とギャンブル依存に悩んでいたとき、寄り添ってくれたのは父だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】「人がする仕事じゃない」初めての就職先に向けられた父親の言葉。その偏った考え方が大嫌いだった~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

「龍馬のサブ」ではなかった中岡慎太郎【にっぽん歴史夜話 9】

文/砂原浩太朗(小説家)中岡慎太郎(1838~67)の名は知っていても、たいていの人…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

逸品

日本茶専門店「日本橋 和の茶 伊藤園」でお茶の奥深い世界を楽しむ《プレゼントあり》

文/編集部

東京・日本橋にある三越日本橋本店に、日本茶の品種の違いを楽しめるティースポット『日本橋 和の茶 伊藤園』がある。その名の通り「お〜いお茶」でおなじみ伊藤園が満を持して開いた直営ショップで、日本全国から集められた希少な茶葉が、茶畑単位・製法別に取りそろえられている。

全国でもここだけという希有なる日本茶専門店を訪ねてみた。

風格あふれる老舗デパート・日本橋三越本店。その地下1階食品売場に、目指すお店はあった。

店頭には、日本各地から集められた茶葉が並ぶ。八女玉露、狭山やぶきた、両河内つゆひかり、嬉野釜炒り茶、屋久島紅茶……説明とチャートを眺めていくだけで、茶葉の種類や個性についての勉強になる。同じ産地の同じ品種でも、深蒸しと浅蒸しがあるなど製法の違いもあって、知的な興味をそそられる。

さらに店頭では、水出し緑茶のデモンストレーションが展示されていた。3種類の茶葉は「霧島玉露 おくみどり」「霧島 萎凋緑茶」「霧島 かなやみどり」で、すべて九州・霧島のある茶園で産したもの。おなじ生産者が、個性ある複数の茶葉を作っているのだ。

店の奥にはカウンターがあり、そこでスタッフが茶葉を測っている。声をかけてみよう。

「いらっしゃいませ。」茶葉を測っていたのは、伊藤園ティーテイスターの神宮大(じんぐう・まさる)さんであった。神宮さんに、このお店のコンセプトについて伺った。

「日本では各地で高品質なお茶が栽培されています。それらは場所だけでなく、茶葉そのものの品種や、発酵度合いなどの仕上げ方によっても多様な個性があるのですが、その多様性があまり知られていません。そこで伊藤園が培ってきた全国の生産者の方々とのきずなを活かし、品質のよい希少なお茶を日本各地から集め紹介する場として開店しました。

また同時に、生産者とお客様の橋渡しをしたい。そのために、生産者の顔の見えるお茶を扱っています。時には生産者の方にお越しいただき、お店でお客様と交流いただくことも行なっています。」

単一品種・単一生産者といった「シングルオリジン」の茶葉を楽しんだり、緑茶だけでない紅茶や烏龍茶、そして水出し緑茶などで新たな風味を楽しんだりと、日本茶をワインやコーヒーのように楽しむ新しい動きが、近年広がりをみせている。「日本橋 和の茶 伊藤園」は、そんなニーズに応えてくれる店なのだ。

価格帯も幅広く、100グラム500円くらいのお茶から、100グラム2万5000円もする品評会出品茶まで取りそろえている。

■イートインでお茶の違いを賞味する

同店ではイートインも可能で、スタッフが淹れてくれるこだわりのお茶の数々をカウンターで賞味できる。神宮さんはじめスタッフは厚生労働省認定の「伊藤園ティーテイスター」を取得している茶師だ。

メニューには風味のチャートもついていて、好みのお茶を選びやすい。さて、どれを頼んでみようか。

「どれを選ぶべきかわからないという方は、じっくりとお話をうかがって、こちらから提案させていただきます」と神宮さん。まるでお茶のコンシェルジュのようだ。

今回は特徴的な2種類を飲み比べたいとお願いしたところ、香りが特徴的な「本山浅蒸し茶 強火仕立て」と、コクと甘みが特徴的な「藁科 かぶせ茶」の2種を提案いただいた。

ではさっそく、「藁科 かぶせ茶」から淹れていただこう。

まず茶葉を天秤で測りとり……。

急須に入れてお湯を注ぎ、待つこと1分少々。

あらかじめお湯で温めておいた茶碗に注ぎ……。

そして供される。

水色は鮮やかな緑色。口にふくむと、こっくりとしたダシのような旨みが感じられる。摘む直前に布をかぶせて光合成を止めることでアミノ酸の旨みを増やす「かぶせ茶」ならではの風味だ。

続けて「本山浅蒸し茶 強火仕立て」を淹れていただく。

淹れていただいた浅蒸し茶は、さきほどのかぶせ茶とくらべて水色は黄色に近い。口に含むと、爽やかな茶の香りが鼻腔に抜ける。ホッとする香りと味わいだ。

カウンターの後方にはお茶を焙じる機械が設置され、夕方にはここで焙じたばかりの出来たての香り高いほうじ茶もいただける。

お茶だけでなく、抹茶をつかったマカロンやロールケーキといった和スイーツや、お茶に合うお茶請けもいろいろと販売されている。ドライフルーツとともにお茶を楽しむというのも、同店ならではのユニークな提案だ。

「茶葉と一緒に入れて、フルーツ茶のように楽しむことにもできますよ」と神宮さんはお茶の楽しみ方をアドバイスする。

日本がほこる「お茶」の文化を体感できる『日本橋 和の茶 伊藤園』。近くにお寄りの際は立ち寄ってみてはいかがだろうか。

【日本橋 和の茶 伊藤園】
東京都中央区日本橋室町1-4-1 日本橋三越本店 本館地下1階
営業時間: 10:30~19:30

【プレゼント】
『日本橋 和の茶 伊藤園』でも販売されている高級瓶詰め茶「和の茶 玉露」(瓶375ml、2,160円)を抽選で10名様にプレゼントします。福岡県産八女玉露「伝統本玉露」を100%使用し、特別な技術で瓶に詰めたプレミアムな緑茶飲料です。ご応募はこちらから。

※締め切りは2018年3月26日まで。ご応募にはサライプレミアム倶楽部への無料登録が必要です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP