新着記事

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

明治屋「おいしい缶詰」は酒のアテとしてどうか?日本酒好き編集長が食べて検証《プレゼントあり》

文/小坂眞吾(サライ編集長)

日本酒、特に純米酒の美味しさに目覚めて20年近く。毎週末、酒屋に通って一升瓶を2本仕入れるのが恒例になっている。その酒屋で最近気になっているのが、レジ前に置かれた缶詰だ。

スーパーで見かけるようなものではない。牛すじの赤ワイン煮込みとか、燻製締め鯖とか、下町の粋な居酒屋で出てきそうなものばかり。つまり、左党専用の缶詰なのだが、これが年々、種類も流通量も増えているようなのだ。

明治屋の「おいしい缶詰」は、この左党向け缶詰の代表格。この春、新たに発売された3商品を、日本酒のアテとして試食してみた。

明治屋「おいしい缶詰」シリーズの、この春の新商品3種。手前から「国産金目鯛のブイヤベース風」85g 600円、「桜肉ユッケ風」90g 450円、「豚肉の黒酢角煮」75g 450円(価格は税抜)。合わせた日本酒は、たまたま自宅にあった広島・亀齢酒造の「萬事酒盃中 おりがらみ」。精米歩合80%の純米生酒。20%しか削っていないのに、雑味はほとんど感じられない。米そのものの旨みと適度なキレ、わずかな渋みが絶妙な調和を見せる。これで一升2000円ちょいというのは、驚異です。SONY/α7Ⅱ+Carl Zeiss Jena DDR Flektogon 35mmf2.4

手前から「桜肉ユッケ風」「国産金目鯛のブイヤベース風」「豚肉の黒酢角煮」。器は順に清の染付、古唐津、古伊万里。こうやって盛り付けると、缶詰には見えないでしょ? SONY/α7Ⅱ+Carl Zeiss Jena DDR Pancolar 50mmf1.8

まずは「豚肉の黒酢角煮」。サイコロ状にカットしたバラ肉を、甘辛の醤油だれで煮込んだ酒肴だ。肉を口に含むと、噛むまでもなくホロホロと崩れ、黒酢のまろやかな酸が口中に広がる。酸と甘みがほどよく立った、最近流行りの生酒と相性が良さそうだが、さらに嬉しいのは、うずら卵が入っていること。

小生、子供の頃から、うずら卵に目がない。編集部のある神保町には、うずら卵だけを大皿に盛って出す中華料理店があったのだが、昨年閉店してしまった。以来、うずら卵にありつく機会は激減している。

続いて「国産金目鯛のブイヤベース風」。骨ごとぶつ切りにした肉厚の切身が3切れ。身は締まっているのに骨は柔らかく、なんの抵抗もなく咀嚼できる。スープも、金目の骨から滲み出た旨味が深い余韻を残す絶品。たかが缶詰と侮るなかれ。シャルドネでもソーヴィニョン・ブランでも、辛口の白ワインなら何でも合いそうだが、日本酒なら白麹で仕込んだクエン酸系の酸が乗った日本酒が良さそうだ。

最後に「桜肉ユッケ風」。見た目はコンビーフに似ているが、全くの別物。優しい味付けで、ほんの少しだけピリっとくる。この「ちょいピリ」が、酒呑みにはたまらない。酒肴の王道である。日本酒を合わせるなら、米の旨みがたっぷり乗った、濃醇な純米酒。今回たまたま自宅にあった精米歩合80%(!)の純米酒「萬事酒盃中 おりがらみ」(広島・亀齢酒造)が、まさにぴったりだった。

「ユッケ風」とあるので、うずらの黄身を落として食べてみたかったんだけど、あいにくうずら卵は冷蔵庫になく。そういえば最近、うずら卵を買う機会が減りましたね。久しぶりに買ってみようかな。

文/小坂眞吾(サライ編集長)

【プレゼント】
ご紹介した明治屋の「おいしい缶詰」の3種詰合せセット(税込1,620円相当)を、サライプレミアム倶楽部会員の皆様から抽選で20名様にプレゼントします。

※プレゼントの応募フォームはこちら
http://p.sgkm.jp/859

締め切りは2018年5月30日(水)いっぱいです。当選者の発表は商品の発送をもって替えさせていただきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日本盛「生原酒ボトル缶」を友にSL花見紀行|車窓を流れる桜を肴に…
  2. 日本酒の味の基本を決める「酒造好適米(酒米)」10種の特徴
  3. 日本酒のタイプに合わせて簡単に作れる旨い「酒つまみ」6品
  4. 日本酒をさらにおいしく味わうための酒器選び4つのポイント
  5. 厳選!サライが選んだ「次世代の旨い日本酒」10本
PAGE TOP