新着記事

「苔」が美しい京都の寺4選

取材・文/末原美裕「苔むす」という言葉もあるように、長い歳月をかけて京都に息付いてい…

標本と剥製の違いとは? 鳥標本が教えてくれるたくさんの知の世界

文/柿川鮎子文京区教育センターでは10月20日土曜日まで、東京大学が世界中から集めた…

【編集長レポート】新館オープンの日本橋髙島屋S.C.に「オジさんの楽園」があった!

取材・文・写真/小坂眞吾(『サライ』編集長)日本橋髙島屋は9月25日に新館がオープンし、都市…

犬も猫も1位は雑種?|最新ペット人気ランキング

ストレスの多い現代人を癒す存在、ペット。かわいい犬や猫の動画や画像は、テレビ、ウェブ、SNS、な…

快眠セラピスト直伝、快適に眠るための4つの習慣

取材・文/渡辺陽毎日、快適に眠れていますか。厚生労働省の「健康づくりのための睡眠指針…

世界遺産リドー運河と水門を巡る水路クルーズ 【カナダ・オンタリオ州の旅2】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

家事代行サービスは、50代の既婚女性が一番利用している!

「家事代行サービス」とは、その名の通り、家主に代わり、水回りの掃除や食事の用意などを行なって…

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

明治屋「おいしい缶詰」は酒のアテとしてどうか?日本酒好き編集長が食べて検証《プレゼントあり》

文/小坂眞吾(サライ編集長)

日本酒、特に純米酒の美味しさに目覚めて20年近く。毎週末、酒屋に通って一升瓶を2本仕入れるのが恒例になっている。その酒屋で最近気になっているのが、レジ前に置かれた缶詰だ。

スーパーで見かけるようなものではない。牛すじの赤ワイン煮込みとか、燻製締め鯖とか、下町の粋な居酒屋で出てきそうなものばかり。つまり、左党専用の缶詰なのだが、これが年々、種類も流通量も増えているようなのだ。

明治屋の「おいしい缶詰」は、この左党向け缶詰の代表格。この春、新たに発売された3商品を、日本酒のアテとして試食してみた。

明治屋「おいしい缶詰」シリーズの、この春の新商品3種。手前から「国産金目鯛のブイヤベース風」85g 600円、「桜肉ユッケ風」90g 450円、「豚肉の黒酢角煮」75g 450円(価格は税抜)。合わせた日本酒は、たまたま自宅にあった広島・亀齢酒造の「萬事酒盃中 おりがらみ」。精米歩合80%の純米生酒。20%しか削っていないのに、雑味はほとんど感じられない。米そのものの旨みと適度なキレ、わずかな渋みが絶妙な調和を見せる。これで一升2000円ちょいというのは、驚異です。SONY/α7Ⅱ+Carl Zeiss Jena DDR Flektogon 35mmf2.4

手前から「桜肉ユッケ風」「国産金目鯛のブイヤベース風」「豚肉の黒酢角煮」。器は順に清の染付、古唐津、古伊万里。こうやって盛り付けると、缶詰には見えないでしょ? SONY/α7Ⅱ+Carl Zeiss Jena DDR Pancolar 50mmf1.8

まずは「豚肉の黒酢角煮」。サイコロ状にカットしたバラ肉を、甘辛の醤油だれで煮込んだ酒肴だ。肉を口に含むと、噛むまでもなくホロホロと崩れ、黒酢のまろやかな酸が口中に広がる。酸と甘みがほどよく立った、最近流行りの生酒と相性が良さそうだが、さらに嬉しいのは、うずら卵が入っていること。

小生、子供の頃から、うずら卵に目がない。編集部のある神保町には、うずら卵だけを大皿に盛って出す中華料理店があったのだが、昨年閉店してしまった。以来、うずら卵にありつく機会は激減している。

続いて「国産金目鯛のブイヤベース風」。骨ごとぶつ切りにした肉厚の切身が3切れ。身は締まっているのに骨は柔らかく、なんの抵抗もなく咀嚼できる。スープも、金目の骨から滲み出た旨味が深い余韻を残す絶品。たかが缶詰と侮るなかれ。シャルドネでもソーヴィニョン・ブランでも、辛口の白ワインなら何でも合いそうだが、日本酒なら白麹で仕込んだクエン酸系の酸が乗った日本酒が良さそうだ。

最後に「桜肉ユッケ風」。見た目はコンビーフに似ているが、全くの別物。優しい味付けで、ほんの少しだけピリっとくる。この「ちょいピリ」が、酒呑みにはたまらない。酒肴の王道である。日本酒を合わせるなら、米の旨みがたっぷり乗った、濃醇な純米酒。今回たまたま自宅にあった精米歩合80%(!)の純米酒「萬事酒盃中 おりがらみ」(広島・亀齢酒造)が、まさにぴったりだった。

「ユッケ風」とあるので、うずらの黄身を落として食べてみたかったんだけど、あいにくうずら卵は冷蔵庫になく。そういえば最近、うずら卵を買う機会が減りましたね。久しぶりに買ってみようかな。

文/小坂眞吾(サライ編集長)

【プレゼント】
ご紹介した明治屋の「おいしい缶詰」の3種詰合せセット(税込1,620円相当)を、サライプレミアム倶楽部会員の皆様から抽選で20名様にプレゼントします。

※プレゼントの応募フォームはこちら
http://p.sgkm.jp/859

締め切りは2018年5月30日(水)いっぱいです。当選者の発表は商品の発送をもって替えさせていただきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 缶詰そのままはもう古い|「サバ缶」ブームを支える新しい食べ方
  2. 日本盛「生原酒ボトル缶」を友にSL花見紀行|車窓を流れる桜を肴に…
  3. 日本酒の味の基本を決める「酒造好適米(酒米)」10種の特徴
  4. 日本酒のタイプに合わせて簡単に作れる旨い「酒つまみ」6品
  5. 日本酒をさらにおいしく味わうための酒器選び4つのポイント
PAGE TOP