新着記事

多彩な情報が詰まった焼酎の魅力が伝わる入門書|『本格焼酎マニアックBOOK』

焼酎について、どれぐらいのことを知っていますか?|『本格焼酎マニアックBOOK』

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】家族仲はよくていつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって~その1~

【娘のきもち】家族仲は良く、いつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって……~その1~

榎本武揚ら旧幕府軍が拠点とした五稜郭

戊辰戦争は「近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍」ではなかった!【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー4】

重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺

師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美】展

パーヴォ×パリ管「シベリウス交響曲全集」の明晰で力強くみずみずしい音楽【林田直樹の音盤ナビ】

さんまの梅しそ巻き

【管理栄養士が教える減塩レシピ】梅干しパワーで梅雨を乗り切る! 「うめびしお」の作り方

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その2~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その2~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その1~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その1~

なるほど! 腰痛・坐骨神経痛 なかなか治らない原因は深部の筋肉【川口陽海の腰痛改善教室 第18回】

なかなか治らない腰痛・坐骨神経痛|痛みの原因は深部の筋肉【川口陽海の腰痛改善教室 第18回】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

明治屋「おいしい缶詰」は酒のアテとしてどうか?日本酒好き編集長が食べて検証《プレゼントあり》

文/小坂眞吾(サライ編集長)

日本酒、特に純米酒の美味しさに目覚めて20年近く。毎週末、酒屋に通って一升瓶を2本仕入れるのが恒例になっている。その酒屋で最近気になっているのが、レジ前に置かれた缶詰だ。

スーパーで見かけるようなものではない。牛すじの赤ワイン煮込みとか、燻製締め鯖とか、下町の粋な居酒屋で出てきそうなものばかり。つまり、左党専用の缶詰なのだが、これが年々、種類も流通量も増えているようなのだ。

明治屋の「おいしい缶詰」は、この左党向け缶詰の代表格。この春、新たに発売された3商品を、日本酒のアテとして試食してみた。

明治屋「おいしい缶詰」シリーズの、この春の新商品3種。手前から「国産金目鯛のブイヤベース風」85g 600円、「桜肉ユッケ風」90g 450円、「豚肉の黒酢角煮」75g 450円(価格は税抜)。合わせた日本酒は、たまたま自宅にあった広島・亀齢酒造の「萬事酒盃中 おりがらみ」。精米歩合80%の純米生酒。20%しか削っていないのに、雑味はほとんど感じられない。米そのものの旨みと適度なキレ、わずかな渋みが絶妙な調和を見せる。これで一升2000円ちょいというのは、驚異です。SONY/α7Ⅱ+Carl Zeiss Jena DDR Flektogon 35mmf2.4

手前から「桜肉ユッケ風」「国産金目鯛のブイヤベース風」「豚肉の黒酢角煮」。器は順に清の染付、古唐津、古伊万里。こうやって盛り付けると、缶詰には見えないでしょ? SONY/α7Ⅱ+Carl Zeiss Jena DDR Pancolar 50mmf1.8

まずは「豚肉の黒酢角煮」。サイコロ状にカットしたバラ肉を、甘辛の醤油だれで煮込んだ酒肴だ。肉を口に含むと、噛むまでもなくホロホロと崩れ、黒酢のまろやかな酸が口中に広がる。酸と甘みがほどよく立った、最近流行りの生酒と相性が良さそうだが、さらに嬉しいのは、うずら卵が入っていること。

小生、子供の頃から、うずら卵に目がない。編集部のある神保町には、うずら卵だけを大皿に盛って出す中華料理店があったのだが、昨年閉店してしまった。以来、うずら卵にありつく機会は激減している。

続いて「国産金目鯛のブイヤベース風」。骨ごとぶつ切りにした肉厚の切身が3切れ。身は締まっているのに骨は柔らかく、なんの抵抗もなく咀嚼できる。スープも、金目の骨から滲み出た旨味が深い余韻を残す絶品。たかが缶詰と侮るなかれ。シャルドネでもソーヴィニョン・ブランでも、辛口の白ワインなら何でも合いそうだが、日本酒なら白麹で仕込んだクエン酸系の酸が乗った日本酒が良さそうだ。

最後に「桜肉ユッケ風」。見た目はコンビーフに似ているが、全くの別物。優しい味付けで、ほんの少しだけピリっとくる。この「ちょいピリ」が、酒呑みにはたまらない。酒肴の王道である。日本酒を合わせるなら、米の旨みがたっぷり乗った、濃醇な純米酒。今回たまたま自宅にあった精米歩合80%(!)の純米酒「萬事酒盃中 おりがらみ」(広島・亀齢酒造)が、まさにぴったりだった。

「ユッケ風」とあるので、うずらの黄身を落として食べてみたかったんだけど、あいにくうずら卵は冷蔵庫になく。そういえば最近、うずら卵を買う機会が減りましたね。久しぶりに買ってみようかな。

文/小坂眞吾(サライ編集長)

【プレゼント】
ご紹介した明治屋の「おいしい缶詰」の3種詰合せセット(税込1,620円相当)を、サライプレミアム倶楽部会員の皆様から抽選で20名様にプレゼントします。

※プレゼントの応募フォームはこちら
http://p.sgkm.jp/859

締め切りは2018年5月30日(水)いっぱいです。当選者の発表は商品の発送をもって替えさせていただきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. カタログギフト1万円相当が当たる!サライ4月号「住宅特集」アンケ…
  2. サライ読者座談会【第1回】「サライ世代の書斎事情」|あなたの家に…
  3. カタログギフト1万円相当が当たる!サライ11月号「住宅特集」アン…
  4. 缶詰そのままはもう古い|「サバ缶」ブームを支える新しい食べ方
  5. 都心の隠れ家「ホテル ザ セレスティン東京芝」に夫婦で泊まってみ…
PAGE TOP