新着記事

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

我が闘病|角盈男「前立腺がんを克服して、今思うこと」

取材・文/田中周治58歳の時に前立腺がんが発覚した角盈男さんに、闘病生活を振り返って…

【娘のきもち】夫の借金とギャンブル依存に悩んでいたとき、寄り添ってくれたのは父だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】「人がする仕事じゃない」初めての就職先に向けられた父親の言葉。その偏った考え方が大嫌いだった~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

「龍馬のサブ」ではなかった中岡慎太郎【にっぽん歴史夜話 9】

文/砂原浩太朗(小説家)中岡慎太郎(1838~67)の名は知っていても、たいていの人…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

逸品

知られざる健康パワーを秘めた「食用ザクロ種油」をプレゼント

文/編集部

初夏に鮮紅色の花をつけ、秋には透明な赤い果肉の粒を内包した深紅の実をつける「ザクロ(石榴)」。日本では庭木として観賞用に栽培されることが多いが、そもそもの原産地はトルコから中東にかけての地域とされており、現在でもそのエリアではポピュラーな果樹として多く栽培され、食用に供されている。

そのまま食べたり、果肉を料理に使うだけでなく、絞った果汁を味付けやサラダドレッシングに使ったり、シロップは「グレナデン・シロップ」としてカクテル等に使われることもある。

ザクロはまた、果汁や果皮、樹皮などが、古来さまざまな疾患の予防や治療に民間薬や生薬として使われてきた。日本ではあまり知られていないが、じつはポリフェノールを多く含む栄養価の高いフルーツなのである。

そんなザクロの果肉に隠れた種子から絞ったオイルには、ザクロ特有の抗酸化成分「プニカ酸」を多く含有することが知られ、その健康や美容への効果について研究が進められている。

原産地エリアに含まれるイスラエルでこの「ザクロ種子油」を生産しているのが、エヌエスオイルズ社。一般的なオイルメーカーは農家から種子を買い付けし搾油するが、同社はイスラエル・キスフィムにある自社管理畑で有機栽培されたザクロの種子だけを使ってオイルを製造している。搾油もコールドプレス(低温圧搾法)で行われ、熱による変性を最小限に抑えているという。

ザクロ種子油を生産しているエヌエスオイルズ社のダニ社長

イスラエル・キスフィムにあるエヌエスオイルズ社のザクロ畑

100mlの「ザクロ種子油」を搾るのに、小さなザクロの種子が1kgも必要になるという大変希少なオイルだ。

濃厚ながら爽やかな香りがする「ザクロ種子油」。健康維持のためには、毎日5~10滴を直接舌下に落として摂ることが推奨されている。

【有機食用ザクロ種子油】
原材料:有機ザクロ種子油100%(有機JA2018S認証あり)
製法:コールドプレス製法
原産地:イスラエル
生産者:エヌエスオイルズ

価格:7000円(100ml)
問い合わせ先:アトワ(電話 022-716-7538)

※この「有機食用ザクロ種子油」(100ml)を30名の方にプレゼントします。この機会にぜひお試し下さい。応募はこちらへ。(ご応募にはサライプレミアム倶楽部への会員登録とログインが必要です)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP