新着記事

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

毎日出勤しても仕事が無い…「社内失業者」にならないために必要なこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

万年筆画の第一人者・古山浩一さんに聞く「万年筆」で絵を描くコツ

万年筆画の第一人者・古山浩一さん

万年筆画の第一人者・古山浩一さん。

本来、文字を書くための道具である万年筆。ところが、文字ではなく絵を描く道具として万年筆を手に取り、独特の手法と感性で絵画作品を制作するアーティストがいます。万年筆画の第一人者・古山浩一さんです。

5年前から「万年筆画入門」講座の講師もつとめている古山さんに、万年筆画を手掛けるようになった経緯とともに、万年筆を使って上手に絵を描くコツについてお話を伺いました。

古山さんの万年筆画。アクリルを塗ったパネルに和紙を貼って、その上から万年筆で風景を描き込み、色鉛筆で着色している。

古山さんの万年筆画。アクリルを塗ったパネルに和紙を貼って、その上から万年筆で風景を描き込み、色鉛筆で着色している。

--古山さんにとって「万年筆」の魅力とは何ですか?

古山「ペン先が紙をかすかに擦(す)る感じ。これが、最高に好きなんです。ペンと紙が触れ合う感触、といえばわかるでしょうか。ボールペンでは味わえないし、ましてやパソコンにはない。言葉を換えれば、手が感じる快感。万年筆は単なる筆記具ではないと思いますよ。

それに加えて、高校生のときからインクが紙に染(し)みたような線がものすごく好きでした。万年筆は鉛筆より書きやすいですから、高校1年から使っていましたね」

--最初に購入した万年筆を覚えていらっしゃいますか?

古山「パイロットのカスタムです。黒インクのカートリッジを入れて書いていました。僕らの世代は中学生になると “大人の証”として、万年筆をプレゼントされたり親が買ってくれたりする習慣がありましてね。僕が最初に手にした万年筆は学習雑誌の“おまけ”でしたが、これがじつに書きにくい(笑)。ですから中学時代は万年筆を使っていません。でも自分の万年筆がどうしても欲しくて、高校1年のとき自分のお金で買いました。

大学(筑波大学)時代はもっぱら絵の方面に集中し、4年で論文を書くことになって、ならば万年筆だろうと。当時、作家で万年筆コレクターの梅田春夫さん(故人)たちが作り上げた理想の万年筆、プラチナ♯3776を買いました。日本の最高峰、富士山の標高にちなんだネーミングです。もともと万年筆は好きですから、働き出して10本くらいは持っていましたね」

--万年筆で絵を描き始めたきっかけは何でしょうか?

古山「それはね、『プリントゴッコ』です」

--年賀状の印刷に使った個人向けプリンター(1977年発売)ですか?

古山「そうそう。印刷原稿を感光させてハガキなどにプリントする簡易印刷機。原稿が染料インクで書かれているとボケがちで、顔料インクを使うときれいに感光しました。プリントゴッコのメーカー(理想科学工業)が『カーボンペン』と名付けた特殊なペンを発売し、そのペンには顔料インクのプラチナ製カートリッジが入っていました。

紫外線で退色し、水で消えてしまう染料インクと違い、耐光性・耐水性がある顔料インクはパーマネントインクと呼ばれます。つまり、プリントゴッコの顔料インクを使えば、絵画作品としていつまでも残ることに気づいたわけです。そして、その顔料インクはカートリッジでしたから、万年筆でも使えます。こうして、顔料インクを入れた万年筆で絵を描き始めました。万年筆を使った僕の最初の作品が、福音館書店の月刊科学絵本シリーズ『たくさんのふしぎ  その先どうなるの?』(1997年刊)です」

和紙に万年筆で風景を描き、色鉛筆で彩色した古山さんの作品。

和紙に万年筆で風景を描き、色鉛筆で彩色した古山さんの作品。

※次ページ>>「万年筆の可能性が作品づくりを大きく変える」

ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 観光列車の発着時刻に合わせて人吉駅のホームに姿勢よく立つ。駅弁を満載した木箱の重量はざっと15kg。後ろの列車は特急「かわせみ・やませみ」号、右奥は「いさぶろう・しんぺい」号。 【インタビュー】菖蒲豊實(「人吉駅弁やまぐち」販売員・75歳)「…
  2. カウンターの中に立ち、シェーカーを手にすると、自然と背筋が伸びる。下戸ゆえ、カクテルの味と香りは舌で嘗めて記憶するという。 井山計一さん(バーテンダー)「お客さんと話すのが大好き。一日でも…
  3. 美輪明宏 美輪明宏さん(歌手、俳優)「人には必ず役目がある。舞台を通して皆…
  4. 古谷三敏さん(漫画家)「作品には自負があります。誰もやっていない…
  5. お洒落のポイントは眼鏡。その日の気分でかけかえる。手にしているのは『魔女の宅急便』の主人公キキの相棒、猫のジジのぬいぐるみ。 角野栄子さん(児童文学作家)「読書体験はものすごく大切。心の中に…
PAGE TOP