新着記事

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

愛用者急増中の「1000円万年筆」 その驚きの機能と書き味は?

リサイズBR8A0723

書き味を大きく左右するペン先に万年筆の個性が見える。

いま、注目したい万年筆があります。価格は手頃な1000円なのに、購入したそのときから書きやすく、しかもその書き味は万年筆画家として活躍する古山浩一さん(インタビュー記事を読む)も納得するほど。そんな3種類の万年筆を徹底紹介します。

SNEG2203

万年筆を駆使して絵画作品を制作する古山浩一さん。

万年筆の達人・古山浩一さんが推奨する手軽で優秀な3本

リサイズBR8A0762

万年筆の面白さは、自分との“相性”を探ることにあります。いままで万年筆を選ぶには、「ペン先の弾力、字幅の太さ、軸の太さ・重さ・バランス、デザイン」、そしてもちろん「価格」を考慮することが大切、といわれてきました。もっともですが、要は、自分に合っているかどうかの一点に尽きます。

たとえば、軸色やクリップの形が気に入ってもペン先が硬くて書きづらいとか、またはデザインがよければペン先の硬軟は重視しないとか、百人百様の好みがあります。そこで、自分好みの万年筆を探すことになります。

この“相性を探る”ことはとても充実して楽しい時間になるのですが、まず、ここでご紹介する万年筆を手に取ってみてください。いずれも万年筆としての基本的要素を備え、書くための道具として優れた3本です。それなのに、価格はそれぞれ1000円という手頃さ。万年筆の進化した世界を垣間見ることができる3タイプなのです。

※次ページ>>「古山浩一さんがすすめる万年筆3本」

ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ1月号|特集は「日本酒」と「鮭」特別付録は北斎ブルーの万年…
  2. 会心の出来映え!サライ1月号の特別付録は「北斎ブルー」の万年筆で…
  3. 北斎が愛した独特の青色「北斎ブルー」誕生の秘密とは
  4. サライ11月号の付録は『アクアスキュータム』の手帳です
  5. 歴史的名品の風格を受け継ぐ万年筆!パーカーの高級ライン『パーカー…
PAGE TOP