新着記事

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

知る人ぞ知るパンの名店!沖縄・宗像堂の天然酵母パン10選

文/編集部沖縄本島中部の宜野湾市にある『酵母パン 宗像堂』は、天然酵母パンづくりの先駆けとし…

【夕刊サライ/福澤朗】武夷岩茶を訪ねて(福澤朗の美味・料理コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

知られざる人気スポット!香港の離島「ラマ島」で過ごすのんびり休日

文・写真/りんみゆき(香港在住)香港(ホンコン)と聞くと、高層ビルが建ち並ぶ光景、またはショ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

愛用者急増中の「1000円万年筆」 その驚きの機能と書き味は?

リサイズBR8A0723

書き味を大きく左右するペン先に万年筆の個性が見える。

いま、注目したい万年筆があります。価格は手頃な1000円なのに、購入したそのときから書きやすく、しかもその書き味は万年筆画家として活躍する古山浩一さん(インタビュー記事を読む)も納得するほど。そんな3種類の万年筆を徹底紹介します。

SNEG2203

万年筆を駆使して絵画作品を制作する古山浩一さん。

万年筆の達人・古山浩一さんが推奨する手軽で優秀な3本

リサイズBR8A0762

万年筆の面白さは、自分との“相性”を探ることにあります。いままで万年筆を選ぶには、「ペン先の弾力、字幅の太さ、軸の太さ・重さ・バランス、デザイン」、そしてもちろん「価格」を考慮することが大切、といわれてきました。もっともですが、要は、自分に合っているかどうかの一点に尽きます。

たとえば、軸色やクリップの形が気に入ってもペン先が硬くて書きづらいとか、またはデザインがよければペン先の硬軟は重視しないとか、百人百様の好みがあります。そこで、自分好みの万年筆を探すことになります。

この“相性を探る”ことはとても充実して楽しい時間になるのですが、まず、ここでご紹介する万年筆を手に取ってみてください。いずれも万年筆としての基本的要素を備え、書くための道具として優れた3本です。それなのに、価格はそれぞれ1000円という手頃さ。万年筆の進化した世界を垣間見ることができる3タイプなのです。

※次ページ>>「古山浩一さんがすすめる万年筆3本」

ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ1月号|特集は「日本酒」と「鮭」特別付録は北斎ブルーの万年…
  2. 会心の出来映え!サライ1月号の特別付録は「北斎ブルー」の万年筆で…
  3. 北斎が愛した独特の青色「北斎ブルー」誕生の秘密とは
  4. サライ11月号の付録は『アクアスキュータム』の手帳です
  5. 歴史的名品の風格を受け継ぐ万年筆!パーカーの高級ライン『パーカー…
PAGE TOP