新着記事

シアサッカー・サマートラベルジャケット|汗をかいてもべとつかない爽やかな夏の上着

旅に持って出たい、爽やかな着心地のサマージャケットである。凹凸になった「シアサッカー」生地で…

“戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史夜話4】

文/砂原浩太朗(小説家)前田慶次(まえだ・けいじ)――加賀百万石の藩祖・前田利家の甥にして、…

『終わった人』中途半端なプライドが生んだ醜すぎる定年男の物語【印南敦史の定年本イッキ読み20】

文/印南敦史2015年に発表された内館牧子のベストセラー『終わった人』は、定年を迎え…

知られざる漂泊の画家・長谷川利行が描いた「七色の東京」を見る

取材・文/池田充枝戦前の日本を破天荒に生きた画家、長谷川利行(はせかわ・としゆき1891-1…

デニムの風呂敷|リアルなジーンズ柄の愉快な風呂敷

昭和15年創業、日本で初めてジーンズを作ったのが「ビッグジョン」だ。メーカーロゴに親しみを覚…

【朝めし自慢】山口香代子さん(画家)「料理好きな夫が調える白粥が主食の献立です」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆本格的に絵を描き始めたのは5年前。にもかかわらず、わずか2年…

天空の列車「アンデス中央鉄道」で南米大陸の屋根を行く(ペルー)

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)世界文化遺産の街リマ旧市街と、ペルー有数の穀…

【名門校の青春食堂 第5回】駒場東邦中学校高等学校×三島のたこ焼き(東京・駒場)

文/鈴木隆祐食べ応えある『三島』の関東風たこ焼きには生徒への想いが込められていた…

琳派はどのように継承されてきたか?を見る《琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―》展

取材・文/池田充枝17世紀、京都で活躍した画家・俵屋宗達(たわらや・そうたつ)は、やまと絵の…

有田焼の布のような器|布のような質感を湛えた軽くて丈夫な磁器の酒器

布を押し固めたような質感を見せるが、1300℃の高温でしっかりと焼き締められた磁器である。手…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

本誌情報

サライ1月号|特集は「日本酒」と「鮭」特別付録は北斎ブルーの万年筆です

↑↑↑上の写真をクリックすると1月号が試し読みできます。

『サライ』2018年1月号は、本誌恒例「日本酒いま呑むべき30本」の大特集に、いまこそ味わいたい冬の味覚「鮭を究める」の特集をあわせてお届けします。

さらに今号の特別付録は、『サライ』オリジナルの「北斎ブルーの太軸万年筆」です。葛飾北斎が愛した「北斎ブルー」と北斎デザインの小紋柄をあしらった粋なボディに、編集長も驚くほどの書き味を備えた、サライの付録史上「最高の一本」と言える逸品です。

それでは今号の読みどころを紹介してまいりましょう。

【大特集】
決め手は「酸」と「甘み」の調和にあり
日本酒いま呑むべき30本

日本酒は料理と合わせれば互いを引き立て、ときに足りないものを補ってくれます。今年のサライの日本酒大特集では、多様化した日本酒の今を知り、料理と組み合わせてその妙を楽しみます。

若い造り手の活躍や食の無国籍化により、今どきの日本酒は、味が多様化しています。注目されている銘柄の蔵を訪ねました。

そして、無形文化遺産になった和食の影響もあり、世界的に料理の味付けが繊細になっています。ワインではなく、料理に日本酒を合わせることも広く行なわれています。

この特集でも、カキフライやローストチキン、ビーフシチューなど冬のご馳走に合う日本酒30本を選定。

酒販店との上手な付き合い方も伝授。

さっそく今晩から役立つこと請け合いの日本酒大特集です。

【第2特集】
自然の恵みに感謝していただく「年取り魚」
「鮭」を究める

サーモンピンクの身にほんのり脂がにじみ、皮にきれいな焼き色がついたサケの塩焼きを味わいたい――。今号の第2特集は、「鮭を究める」と題し、古来、日本人に馴染み深い魚、サケの歴史から美味しく味わう方法まで幅広く特集しています。

ひと口にサケと言ってもその種類は豊富で、シロザケの通称で知られるサケやベニザケ、ギンザケ、マスノスケ(キングサーモン)、アトランティック・サーモンなどがあり、味わいも大きく異なります。本特集では、スーパーなどで購入できる7種類を取り上げ、それぞれの味の特徴や相応しい調理法、美味しい切り身を選ぶポイント、ひと手間加えるだけで格段に美味しくなる焼き方などを、専門家の方々に教えていただきました。


さらに、北海道・羅臼産の天然シロザケの切り身や、サケの町として知られる新潟・村上伝統の塩引き鮭、ベニザケの飯寿司、スモークサーモン、ルイベなど、サケを使った取り寄せできる逸品も案内しています。

新春の食卓を賑わすおかずや酒肴にしてみてはいかがでしょうか。

【特別付録】
サライ史上最高の一本、できました
「北斎ブルーの太軸万年筆」

特別付録は、「北斎ブルー」をあしらった特製の「太軸万年筆」です。過去に何度も万年筆付録を実施してきたサライですが、これまでで最高の出来といえる逸品に仕上がりました。

ボディーには『冨嶽三十六景甲州石班澤』から深みのある濃色部分の藍色「北斎ブルー」(藍色)を配しています。末長く愛用いただける上品な青色です。さらにボディーには、北斎がデザインした小紋柄をあしらっています。北斎は画家であると同時に、着物の柄のデザイナーでした。この小紋柄は、北斎の『新形小紋帳』という本に紹介されている、麻の葉をテーマにした変形小紋柄です。

軸が太く、適度な重さで、持ちやすく、書きやすい万年筆です。ペン先には適度なしなりがあって、とても書きやすい! 筆記具には何かとうるさい、サライ編集長の小坂もその書き心地に舌を巻いたほどの、上々の出来映えです。

他では入手できない特製の万年筆です。今号の付録にて、ぜひその書き心地をご体験ください!

※インクカートリッジは、市販のヨーロッパタイプ(欧州共通規格)のカートリッジを使用可能です。付属のカートリッジがなくなりましたら、万年筆を取り扱っている文房具店、百貨店の万年筆売り場で、「ペリカン」「モンブラン」「オート」などヨーロッパタイプ(欧州共通規格)のカートリッジをお求め下さい。お求めの際は、万年筆、付属のインクカートリッジを店頭にお持ちいただくことをおすすめします。

*  *  *

冬の味覚に合う「日本酒」の大特集と、プロ直伝の焼き方から取り寄せ情報までつまった「鮭」の両特集に、美しく使いやすい「北斎ブルーの太軸万年筆」の付録をあわせた旨×旨特大号の『サライ』1月号。ぜひ書店等で手にとってご覧ください!

※ サライ1月号を試し読み

電子書籍版はこちらへ

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 明治屋「おいしい缶詰」は酒のアテとしてどうか?日本酒好き編集長が…
  2. サライ6月号|特集は「離島の休日」と「家カレーを究める」です。
  3. 若き日の運慶の傑作!国宝・円成寺大日如来坐像を新緑の奈良に訪ねる…
  4. サライ5月号|特集は「将棋の宿」と「豪華バスの旅」です。
  5. 日本盛「生原酒ボトル缶」を友にSL花見紀行|車窓を流れる桜を肴に…
PAGE TOP