新着記事

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

本誌情報

サライ1月号|特集は「日本酒」と「鮭」特別付録は北斎ブルーの万年筆です

↑↑↑上の写真をクリックすると1月号が試し読みできます。

『サライ』2018年1月号は、本誌恒例「日本酒いま呑むべき30本」の大特集に、いまこそ味わいたい冬の味覚「鮭を究める」の特集をあわせてお届けします。

さらに今号の特別付録は、『サライ』オリジナルの「北斎ブルーの太軸万年筆」です。葛飾北斎が愛した「北斎ブルー」と北斎デザインの小紋柄をあしらった粋なボディに、編集長も驚くほどの書き味を備えた、サライの付録史上「最高の一本」と言える逸品です。

それでは今号の読みどころを紹介してまいりましょう。

【大特集】
決め手は「酸」と「甘み」の調和にあり
日本酒いま呑むべき30本

日本酒は料理と合わせれば互いを引き立て、ときに足りないものを補ってくれます。今年のサライの日本酒大特集では、多様化した日本酒の今を知り、料理と組み合わせてその妙を楽しみます。

若い造り手の活躍や食の無国籍化により、今どきの日本酒は、味が多様化しています。注目されている銘柄の蔵を訪ねました。

そして、無形文化遺産になった和食の影響もあり、世界的に料理の味付けが繊細になっています。ワインではなく、料理に日本酒を合わせることも広く行なわれています。

この特集でも、カキフライやローストチキン、ビーフシチューなど冬のご馳走に合う日本酒30本を選定。

酒販店との上手な付き合い方も伝授。

さっそく今晩から役立つこと請け合いの日本酒大特集です。

【第2特集】
自然の恵みに感謝していただく「年取り魚」
「鮭」を究める

サーモンピンクの身にほんのり脂がにじみ、皮にきれいな焼き色がついたサケの塩焼きを味わいたい――。今号の第2特集は、「鮭を究める」と題し、古来、日本人に馴染み深い魚、サケの歴史から美味しく味わう方法まで幅広く特集しています。

ひと口にサケと言ってもその種類は豊富で、シロザケの通称で知られるサケやベニザケ、ギンザケ、マスノスケ(キングサーモン)、アトランティック・サーモンなどがあり、味わいも大きく異なります。本特集では、スーパーなどで購入できる7種類を取り上げ、それぞれの味の特徴や相応しい調理法、美味しい切り身を選ぶポイント、ひと手間加えるだけで格段に美味しくなる焼き方などを、専門家の方々に教えていただきました。


さらに、北海道・羅臼産の天然シロザケの切り身や、サケの町として知られる新潟・村上伝統の塩引き鮭、ベニザケの飯寿司、スモークサーモン、ルイベなど、サケを使った取り寄せできる逸品も案内しています。

新春の食卓を賑わすおかずや酒肴にしてみてはいかがでしょうか。

【特別付録】
サライ史上最高の一本、できました
「北斎ブルーの太軸万年筆」

特別付録は、「北斎ブルー」をあしらった特製の「太軸万年筆」です。過去に何度も万年筆付録を実施してきたサライですが、これまでで最高の出来といえる逸品に仕上がりました。

ボディーには『冨嶽三十六景甲州石班澤』から深みのある濃色部分の藍色「北斎ブルー」(藍色)を配しています。末長く愛用いただける上品な青色です。さらにボディーには、北斎がデザインした小紋柄をあしらっています。北斎は画家であると同時に、着物の柄のデザイナーでした。この小紋柄は、北斎の『新形小紋帳』という本に紹介されている、麻の葉をテーマにした変形小紋柄です。

軸が太く、適度な重さで、持ちやすく、書きやすい万年筆です。ペン先には適度なしなりがあって、とても書きやすい! 筆記具には何かとうるさい、サライ編集長の小坂もその書き心地に舌を巻いたほどの、上々の出来映えです。

他では入手できない特製の万年筆です。今号の付録にて、ぜひその書き心地をご体験ください!

※インクカートリッジは、市販のヨーロッパタイプ(欧州共通規格)のカートリッジを使用可能です。付属のカートリッジがなくなりましたら、万年筆を取り扱っている文房具店、百貨店の万年筆売り場で、「ペリカン」「モンブラン」「オート」などヨーロッパタイプ(欧州共通規格)のカートリッジをお求め下さい。お求めの際は、万年筆、付属のインクカートリッジを店頭にお持ちいただくことをおすすめします。

*  *  *

冬の味覚に合う「日本酒」の大特集と、プロ直伝の焼き方から取り寄せ情報までつまった「鮭」の両特集に、美しく使いやすい「北斎ブルーの太軸万年筆」の付録をあわせた旨×旨特大号の『サライ』1月号。ぜひ書店等で手にとってご覧ください!

※ サライ1月号を試し読み

電子書籍版はこちらへ

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ10月号「日本美術と紅葉の京都」と「帽子」の2大特集、付録…
  2. サライ9月号|今こそ読みたい「漫画」と夏バテに効く「漢方&薬膳」…
  3. サライ7月号|特集は「建築家の宿」と「牛肉で長生き」です。
  4. 明治屋「おいしい缶詰」は酒のアテとしてどうか?日本酒好き編集長が…
  5. サライ6月号|特集は「離島の休日」と「家カレーを究める」です。
PAGE TOP