万年筆の可能性が作品づくりを大きく変える

古山「顔料インクの次は、ペン先に着目しました。万年筆の職人さんを訪ねて知ったのですが、ペン先の研ぎ方次第で、0.13ミリという超極細の文字から6ミリもの極太文字まで字幅を調整できるんです。これなら僕の好きな万年筆を使って思い通りの絵が描ける。たいそう感激しました。

おまけに、職人さんに研いでもらったペン先が書きやすいのなんの。それまでの万年筆に対する概念が完全にくつがえされ、万年筆は自由にどんな線でも描けると確信しました。そこから一気に万年筆にのめり込みました」

万年筆画家・古山浩一さんのライフワークのひとつは、万年筆職人さんを訪ねて記録に残すこと。写真は東京下町の万年筆職人、久保幸平さんをスケッチした作品。万年筆で線を引き、色鉛筆で彩色している。

万年筆画家・古山浩一さんのライフワークのひとつは、万年筆職人さんを訪ねて記録に残すこと。写真は東京下町の万年筆職人、久保幸平さんをスケッチした作品。万年筆で線を引き、色鉛筆で彩色している。

--筆記具というより画材に近い存在になったのですね。

古山「それまではアクリル画をやっていましてね。絵を描くうえでは色が重要で、絵画における“線”というものに重きをおいていませんでした。ところが、万年筆で自在に線を描くことができるようになると、それまでの僕の線がどんどん変化していったのです。万年筆で描いたインクの線が、内在していた想像力を喚起してくれ、自分のイメージをさらに深めてくれる。そんな感じでした。

そして、いつのまにか絵描きとしての立脚点まで変わっていました。万年筆の自在な線に導かれて、ものの見え方が違ってくる。すると当然ながら、表現も変化する。万年筆のおかげで、絵描きとしてのステージが三段階くらい広く深くなったような気がします」

パネルにアクリルで白を塗り、上から万年筆で描いて色鉛筆で着色した古山さんの作品。

パネルにアクリルで白を塗り、上から万年筆で描いて色鉛筆で着色した古山さんの作品。

※次ページ>>「最初は気楽に、「三角形」を描いてみる」

1 2 3

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店