新着記事

生活のリズムが乳癌発症に影響する? スマートフォンの光も要注意?

不規則な生活が乳がんの発症に影響する!?| サーカディアンリズムと 乳がんの関係

2019年夏休みの都市別海外旅行ランキング|予約急上昇の都市は?

夏休み海外旅行「予約急上昇ランキング」|3位ヤンゴン、2位ウラジオストク、1位は?

幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語

幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編18】

男性管理職のメンタル不調は深刻化か? メンタル不調の悩みの約4分の1は40代男性から!

男性40代のメンタル不調が急増!? 悩みの原因は「職場の問題」と「自分自身のこと」

【ビジネスの極意】新リーダーのための「リーダーシップ」理論

【ビジネスの極意】新リーダーのための「リーダーシップ」理論

油麻地

懐かしく怪しき香り漂うディープな街 「油麻地」裏通りを行く(香港)

『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

老後資金、結局いくら必要?|『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

令和初のボーナスの使い途|使う金額、用途、支払い方法は?

令和初のボーナスの使い途|将来のために貯金をする人が約7割!

『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』

テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

小宮悦子×中野信子スペシャルトークイベント ~いい記憶をつくる考え方~[PR]

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

万年筆画の第一人者・古山浩一さんに聞く「万年筆」で絵を描くコツ

万年筆の可能性が作品づくりを大きく変える

古山「顔料インクの次は、ペン先に着目しました。万年筆の職人さんを訪ねて知ったのですが、ペン先の研ぎ方次第で、0.13ミリという超極細の文字から6ミリもの極太文字まで字幅を調整できるんです。これなら僕の好きな万年筆を使って思い通りの絵が描ける。たいそう感激しました。

おまけに、職人さんに研いでもらったペン先が書きやすいのなんの。それまでの万年筆に対する概念が完全にくつがえされ、万年筆は自由にどんな線でも描けると確信しました。そこから一気に万年筆にのめり込みました」

万年筆画家・古山浩一さんのライフワークのひとつは、万年筆職人さんを訪ねて記録に残すこと。写真は東京下町の万年筆職人、久保幸平さんをスケッチした作品。万年筆で線を引き、色鉛筆で彩色している。

万年筆画家・古山浩一さんのライフワークのひとつは、万年筆職人さんを訪ねて記録に残すこと。写真は東京下町の万年筆職人、久保幸平さんをスケッチした作品。万年筆で線を引き、色鉛筆で彩色している。

--筆記具というより画材に近い存在になったのですね。

古山「それまではアクリル画をやっていましてね。絵を描くうえでは色が重要で、絵画における“線”というものに重きをおいていませんでした。ところが、万年筆で自在に線を描くことができるようになると、それまでの僕の線がどんどん変化していったのです。万年筆で描いたインクの線が、内在していた想像力を喚起してくれ、自分のイメージをさらに深めてくれる。そんな感じでした。

そして、いつのまにか絵描きとしての立脚点まで変わっていました。万年筆の自在な線に導かれて、ものの見え方が違ってくる。すると当然ながら、表現も変化する。万年筆のおかげで、絵描きとしてのステージが三段階くらい広く深くなったような気がします」

パネルにアクリルで白を塗り、上から万年筆で描いて色鉛筆で着色した古山さんの作品。

パネルにアクリルで白を塗り、上から万年筆で描いて色鉛筆で着色した古山さんの作品。

※次ページ>>「最初は気楽に、「三角形」を描いてみる」

ページ:

1

2

3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 観光列車の発着時刻に合わせて人吉駅のホームに姿勢よく立つ。駅弁を満載した木箱の重量はざっと15kg。後ろの列車は特急「かわせみ・やませみ」号、右奥は「いさぶろう・しんぺい」号。 【インタビュー】菖蒲豊實(「人吉駅弁やまぐち」販売員・75歳)「…
  2. カウンターの中に立ち、シェーカーを手にすると、自然と背筋が伸びる。下戸ゆえ、カクテルの味と香りは舌で嘗めて記憶するという。 井山計一さん(バーテンダー)「お客さんと話すのが大好き。一日でも…
  3. 美輪明宏 美輪明宏さん(歌手、俳優)「人には必ず役目がある。舞台を通して皆…
  4. 古谷三敏さん(漫画家)「作品には自負があります。誰もやっていない…
  5. お洒落のポイントは眼鏡。その日の気分でかけかえる。手にしているのは『魔女の宅急便』の主人公キキの相棒、猫のジジのぬいぐるみ。 角野栄子さん(児童文学作家)「読書体験はものすごく大切。心の中に…
PAGE TOP