新着記事

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その2~

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その1~

ドレッシング利用者は9割弱。「週に2~3回」がボリュームゾーン

チャーハン? 刺身? 漬け物? サラダだけじゃないドレッシングの意外な利用法

電話に出られない時に知っておきたい3つの対応方法【スマホ基本のき 第1回】

サライ・オリジナル手帳カバーとペンケース|付録の手帳が装着できる革製カバーとペンケース

ラグビー ワールドカップで学ぼう!(2) 国歌から知る出場国の歴史(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編27 】

ラグビー ワールドカップで学ぼう!(2) 国歌から知る出場国の歴史(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編27】

レトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱

男性は「カレー」、女性は「パスタソース」が人気! みんなが「レトルト食品」を買う理由

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

老後は笑顔で「平気で生きていく」|『おじいさんになったね』

南伸坊『おじいさんになったね』に学ぶ「平気で生きていく」ということ

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬“はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬”はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

万年筆画の第一人者・古山浩一さんに聞く「万年筆」で絵を描くコツ

万年筆の可能性が作品づくりを大きく変える

古山「顔料インクの次は、ペン先に着目しました。万年筆の職人さんを訪ねて知ったのですが、ペン先の研ぎ方次第で、0.13ミリという超極細の文字から6ミリもの極太文字まで字幅を調整できるんです。これなら僕の好きな万年筆を使って思い通りの絵が描ける。たいそう感激しました。

おまけに、職人さんに研いでもらったペン先が書きやすいのなんの。それまでの万年筆に対する概念が完全にくつがえされ、万年筆は自由にどんな線でも描けると確信しました。そこから一気に万年筆にのめり込みました」

万年筆画家・古山浩一さんのライフワークのひとつは、万年筆職人さんを訪ねて記録に残すこと。写真は東京下町の万年筆職人、久保幸平さんをスケッチした作品。万年筆で線を引き、色鉛筆で彩色している。

万年筆画家・古山浩一さんのライフワークのひとつは、万年筆職人さんを訪ねて記録に残すこと。写真は東京下町の万年筆職人、久保幸平さんをスケッチした作品。万年筆で線を引き、色鉛筆で彩色している。

--筆記具というより画材に近い存在になったのですね。

古山「それまではアクリル画をやっていましてね。絵を描くうえでは色が重要で、絵画における“線”というものに重きをおいていませんでした。ところが、万年筆で自在に線を描くことができるようになると、それまでの僕の線がどんどん変化していったのです。万年筆で描いたインクの線が、内在していた想像力を喚起してくれ、自分のイメージをさらに深めてくれる。そんな感じでした。

そして、いつのまにか絵描きとしての立脚点まで変わっていました。万年筆の自在な線に導かれて、ものの見え方が違ってくる。すると当然ながら、表現も変化する。万年筆のおかげで、絵描きとしてのステージが三段階くらい広く深くなったような気がします」

パネルにアクリルで白を塗り、上から万年筆で描いて色鉛筆で着色した古山さんの作品。

パネルにアクリルで白を塗り、上から万年筆で描いて色鉛筆で着色した古山さんの作品。

※次ページ>>「最初は気楽に、「三角形」を描いてみる」

ページ:

1

2

3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 観光列車の発着時刻に合わせて人吉駅のホームに姿勢よく立つ。駅弁を満載した木箱の重量はざっと15kg。後ろの列車は特急「かわせみ・やませみ」号、右奥は「いさぶろう・しんぺい」号。 【インタビュー】菖蒲豊實(「人吉駅弁やまぐち」販売員・75歳)「…
  2. カウンターの中に立ち、シェーカーを手にすると、自然と背筋が伸びる。下戸ゆえ、カクテルの味と香りは舌で嘗めて記憶するという。 井山計一さん(バーテンダー)「お客さんと話すのが大好き。一日でも…
  3. 美輪明宏 美輪明宏さん(歌手、俳優)「人には必ず役目がある。舞台を通して皆…
  4. 古谷三敏さん(漫画家)「作品には自負があります。誰もやっていない…
  5. お洒落のポイントは眼鏡。その日の気分でかけかえる。手にしているのは『魔女の宅急便』の主人公キキの相棒、猫のジジのぬいぐるみ。 角野栄子さん(児童文学作家)「読書体験はものすごく大切。心の中に…
PAGE TOP