新着記事

バルミューダ ザ・ライト|明るくくっきりした視界を確保。正確な色が見え、影ができにくい

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)牡羊座~蟹座編

これからの20年、30年で、人生全体の納得度が大きく左右される|『人生のピークを90代にもっていく!』

人生の後半を幸せに生きていくための秘訣|人生のピークを90代にもっていく!

龍爪梅花皮の酒器|優美な白の縮れはこの世にひとつ

国宝 銅剣・銅鐸・銅矛(部分) 島根県出雲市 荒神谷遺跡出土 弥生時代・前2~前1世紀 文化庁蔵(島根県立古代出雲歴史博物館保管)

出雲と大和の名品を一堂に集めた展覧会【日本書紀成立1300年 特別展 出雲と大和】

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

明智光秀謀反の陰に病あり??

明智光秀謀反の陰に病あり??|現役医師が「光秀のカルテ」を作る!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

待望の日本人ソプラノが主演!名作オペラ『蝶々夫人』が新国立劇場で公演されます

美術館の話題の催しに足を運ぶと、“名作”と称される作品の前には多くの人が集まっている。初めて見る人は期待に胸を膨らませ、以前も観たことのある人は感動を新たにすることに歓びを感じている。

同様に、オペラにもスタンダード・レパートリーと呼ばれる“名作”、すなわち世界で人気を呼ぶ著名な作品がある。どこ国のオペラハウスでも、シーズンごとに新作や珍しい作品を積極的に採り上げて新境地を開拓しているが、やはり、このスタンダード・レパートリーはオペラ鑑賞の肝であり、年間プログラムの中心となる。

新しい観客は期待に胸を膨らませ、古くからのファンは感動を新たにしようと、その上演を心待ちにして足を運ぶ。

そんなスタンダード・レパートリーのひとつが、オペラ・ファンならずともその名を知られる『蝶々夫人』。日本に所縁のあるこの“名作”が、日本を代表するオペラパレス、新国立劇場で2月2日から11日まで上演される。

「蝶々夫人」2014年公演より 撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

「蝶々夫人」2014年公演より 撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

『蝶々夫人』は、『ラ・ボエーム』『トスカ』と並ぶプッチーニの三大オペラのひとつと言われる。明治時代の長崎を舞台に、アメリカ人士官のピンカートンに一途な愛を捧げる蝶々さんの哀しい運命を描いた純愛物語だが、これまでの新国立劇場での上演回数は90回、総入場数は約14万人という、根強いファンをもつスタンダード・レパートリーだ。

「蝶々夫人」2014年公演より 撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

「蝶々夫人」2014年公演より 撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

今回の公演で蝶々夫人を演じるのは、新国立劇場オペラ研修所から羽ばたき、日本を代表するプリマへと成長した安藤赴美子。いたいけな15歳の少女に始まり、大人の女へと変化していく蝶々夫人役は、演技力も歌唱力も求められる非常に難しい役。数々の名ソプラノが演じてきた、その蝶々夫人役を、待望の日本人ソプラノが演じる。

ピンカートン役は、急速に評価が高まり、今や世界の主要歌劇場でひっぱりだこのイタリア人テノール、リッカルド・マッシ。第一幕の婚礼の宴の後、蝶々さんとのとろけるような「愛の二重奏」には期待が高まる。

もちろん、有名な蝶々さんの「ある晴れた日に」やピンカートンの「さらば、愛の家よ」などの、プッチーニのオペラならではの甘く切なく美しい楽曲、最後場で劇場が涙に包まれる蝶々夫人の「いとしの坊や」等、聴きどころは多い。さらに、「さくらさくら」「君が代」「お江戸日本橋」などの日本のメロディが流れることも含めて、オペラ初心者にも親しみやすく、興味深い名作ともいえる。

「蝶々夫人」2014年公演より 撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

「蝶々夫人」2014年公演より 撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

「蝶々夫人」2014年公演より 撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

「蝶々夫人」2014年公演より 撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

初めての人も、かつての感動の再現を待ちわびる人も、客席に着く前に、観劇中に手にするハンカチをお忘れなく。

【新国立劇場 2016/2017シーズンオペラ プッチーニ 『蝶々夫人』[全2幕/イタリア語上演 日本語字幕付]】
■公演日/2017年2月2日(木)〜2月11日(土祝)
■会場/新国立劇場 オペラパレス(東京都渋谷区本町1-1-1)
■問い合わせ/電話03・5352・9999(ボックスオフィス)

※ 新国立劇場オペラ公式サイト
http://www.nntt.jac.go.jp/opera/

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 古今亭志ん輔 【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り…
  2. 主任を勤める五街道雲助(71歳)。昭和43年、十代目金原亭馬生に入門。軽い噺は師匠譲りの顔芸を交じえ、人情噺は締まった口調で演じ、いずれも一級品。 【第87回人形町らくだ亭】12月13日開催/五街道雲助が『夢金』…
  3. 2017『椿姫』2017年公演より 撮影:寺司正彦 心惹かれる歌手と出会える! 多彩なオペラの世界が楽しめる10作品…
  4. レジェンダリー・カウント・ベイシー・オーケストラ カウント・ベイシーの意志を受け継ぐ伝説のオーケストラ・ジャズ
  5. トリを勤める柳家小満ん(77歳)。昭和36年、八代目桂文楽に入門。文楽没後、五代目柳家小さん門下に。昭和の名人ふたりから受けた薫陶を、令和の新時代へと語り継ぐ名匠。 【第86回人形町らくだ亭】『サライ』創刊30周年記念特別公演
PAGE TOP