新着記事

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をCGで再現

家綱の叔父・保科正之が天守無用論を唱えて中止3代将軍家光が没し、嫡男家綱…

純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

腰痛改善は「お尻」の筋肉から!簡単ストレッチを紹介【川口陽海の腰痛改善教室 第1回】

文/川口陽海人生で誰もが一度は悩まされるという腰痛。もしあなたがなかなか治ら…

缶詰そのままはもう古い|「サバ缶」ブームを支える新しい食べ方

サバの缶詰、通称「サバ缶」の人気がすごい。2年ほど前からサバの人気が高まり始め、同時に手軽で安く…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

待望の日本人ソプラノが主演!名作オペラ『蝶々夫人』が新国立劇場で公演されます

美術館の話題の催しに足を運ぶと、“名作”と称される作品の前には多くの人が集まっている。初めて見る人は期待に胸を膨らませ、以前も観たことのある人は感動を新たにすることに歓びを感じている。

同様に、オペラにもスタンダード・レパートリーと呼ばれる“名作”、すなわち世界で人気を呼ぶ著名な作品がある。どこ国のオペラハウスでも、シーズンごとに新作や珍しい作品を積極的に採り上げて新境地を開拓しているが、やはり、このスタンダード・レパートリーはオペラ鑑賞の肝であり、年間プログラムの中心となる。

新しい観客は期待に胸を膨らませ、古くからのファンは感動を新たにしようと、その上演を心待ちにして足を運ぶ。

そんなスタンダード・レパートリーのひとつが、オペラ・ファンならずともその名を知られる『蝶々夫人』。日本に所縁のあるこの“名作”が、日本を代表するオペラパレス、新国立劇場で2月2日から11日まで上演される。

「蝶々夫人」2014年公演より 撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

「蝶々夫人」2014年公演より 撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

『蝶々夫人』は、『ラ・ボエーム』『トスカ』と並ぶプッチーニの三大オペラのひとつと言われる。明治時代の長崎を舞台に、アメリカ人士官のピンカートンに一途な愛を捧げる蝶々さんの哀しい運命を描いた純愛物語だが、これまでの新国立劇場での上演回数は90回、総入場数は約14万人という、根強いファンをもつスタンダード・レパートリーだ。

「蝶々夫人」2014年公演より 撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

「蝶々夫人」2014年公演より 撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

今回の公演で蝶々夫人を演じるのは、新国立劇場オペラ研修所から羽ばたき、日本を代表するプリマへと成長した安藤赴美子。いたいけな15歳の少女に始まり、大人の女へと変化していく蝶々夫人役は、演技力も歌唱力も求められる非常に難しい役。数々の名ソプラノが演じてきた、その蝶々夫人役を、待望の日本人ソプラノが演じる。

ピンカートン役は、急速に評価が高まり、今や世界の主要歌劇場でひっぱりだこのイタリア人テノール、リッカルド・マッシ。第一幕の婚礼の宴の後、蝶々さんとのとろけるような「愛の二重奏」には期待が高まる。

もちろん、有名な蝶々さんの「ある晴れた日に」やピンカートンの「さらば、愛の家よ」などの、プッチーニのオペラならではの甘く切なく美しい楽曲、最後場で劇場が涙に包まれる蝶々夫人の「いとしの坊や」等、聴きどころは多い。さらに、「さくらさくら」「君が代」「お江戸日本橋」などの日本のメロディが流れることも含めて、オペラ初心者にも親しみやすく、興味深い名作ともいえる。

「蝶々夫人」2014年公演より 撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

「蝶々夫人」2014年公演より 撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

「蝶々夫人」2014年公演より 撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

「蝶々夫人」2014年公演より 撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

初めての人も、かつての感動の再現を待ちわびる人も、客席に着く前に、観劇中に手にするハンカチをお忘れなく。

【新国立劇場 2016/2017シーズンオペラ プッチーニ 『蝶々夫人』[全2幕/イタリア語上演 日本語字幕付]】
■公演日/2017年2月2日(木)〜2月11日(土祝)
■会場/新国立劇場 オペラパレス(東京都渋谷区本町1-1-1)
■問い合わせ/電話03・5352・9999(ボックスオフィス)

※ 新国立劇場オペラ公式サイト
http://www.nntt.jac.go.jp/opera/

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ラテン・ジャズ界のスーパー・トランぺッター、アルトゥーロ・サンド…
  2. 【第80回人形町らくだ亭】10月5日開催/『お富与三郎』を馬生門…
  3. 【第79回人形町らくだ亭】8月21日開催!柳家さん喬が『福禄寿』…
  4. 御年86歳、映画音楽の巨匠ミシェル・ルグランの生演奏を聴く@ブル…
  5. 巨匠・小津安二郎の不朽の名作が「4Kデジタル修復」され一挙上映
PAGE TOP