新着記事

ダイナミックすぎる『オメガパーク』で体重約1トンの巨大野生動物に出会う

文・写真/藤木 香(カナダ在住ライター)いつかこの目で本物のカリブー(トナカイ)を見…

キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【にっぽん歴史夜話5】

 文/砂原浩太朗(小説家)キリシタン大名として著名な高山右近(たかやま・うこん、1552~1…

【夕刊サライ/福澤朗】カレーに合う日本酒!? 知る人ぞ知る「貴醸酒」に脱帽(福澤朗の美味・料理コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや人生、どうしても壁にぶち当たることがあります。離婚や介護、過労…

白洲次郎夫妻の旧邸「武相荘」を味わい尽くす写真イベント《Art of Life(日常の美)》

終戦直後、GHQとの折衝を担った実業家・白洲次郎と、日本の美意識を探究しつづけた稀代の随筆家…

【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた、極端なことだらけの生まれ故郷への旅(パラダイス山元の旅行コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

新国立劇場オペラ上演全作品を一挙紹介(2017/2018シーズン)

神々の黄昏 フィンランド国立歌劇場公演より ©Karen Stuke

オペラ、バレエ、ダンス、演劇などの現代舞台芸術を発信してきた新国立劇場は、この秋、誕生20周年を迎える。それを受けて、多くのクラシックファンやオペラファンに親しまれているオペラ専用劇場の2017/2018シーズンのラインアップも、開場20年にふさわしい豪華で多彩なものとなっている。

開場以来、シーズンごとに約10演目を上演し続けてきた新国立劇場オペラ。2014年9月に飯守泰次郎氏が芸術監督に就任してからは、世界のオペラハウスで活躍する演出家によるプロダクションや第一線の歌手を招喚するなど、新たな展開を図り、質の高いその舞台は海外からも注目されてきた。記念すべき20周年に当たる2017/2018シーズンは、その飯守泰次郎氏のオペラ芸術監督の任期最終年となる。

新国立劇場オペラ芸術監督 飯守泰次郎(写真提供:新国立劇場)

新シーズンのラインアップには、4年間にわたる飯守氏の渾身の思いがこもった10演目が並ぶが、そのうち3演目が新制作。まずは、飯守芸術監督が3年がかりで取り組んできたワーグナーの巨大な物語「ニーベルングの指環」四部作の掉尾を飾る「神々の黄昏」。続いて日本人作品である細川俊夫の「松風」。そして、ベートーベン唯一のオペラ「フィデリオ」。言わずと知れた3名作がどのような形で姿を現すのか、期待が高まる。

再演の7作品は、ロマンチックな恋物語から、喜劇あり、悲劇あり、オペレッタの最高傑作ありと、名作がバランスよく配されて、こちらも楽しみ。

「世界を席巻する注目の歌手が続々と初登場します。新国立劇場の人気レパートリーを、最旬の歌手でお楽しみいただきたいと思います」と飯守監督。

秋の気配が香り始める10月からスタートする2017/2018シーズン。贔屓の作曲家の作品を観るか、喜劇、悲劇、恋物語を観るか……オペラを深く楽しむためにも、今から観劇の予定を立てておきたい。

【10月】ワーグナー:楽劇「ニーベルングの指環」第3日~「神々の黄昏」

無限の権力を宿す、指環を巡る壮大な物語がついに完結。飯守泰次郎オペラ芸術監督が自らタクトをとり、豪華キャストが総出演。読売日本交響楽団の新国立劇場初登場にも注目が集まる。新制作。

「神々の黄昏」 フィンランド国立歌劇場公演より Photo: Stefan Bremer

【11月】ヴェルディ「椿姫」

屈指の人気を誇る悲恋オペラの代表作。19世紀半ばのパリの社交界を舞台に、ヒロインの虚飾の日々と純愛を描いたヴェルディ中期の作品。“乾杯の歌”など、名曲揃いで、オペラ初心者も楽しめる。

「椿姫」2015年公演より 撮影:寺司正彦 提供:新国立劇場

【12月】R.シュトラウス「ばらの騎士」

20世紀初頭のウイーンの上流階級を舞台に、美しく気高い元帥夫人と若い愛人とのアバンチュール、そして、過ぎ行く時への想いを描いた豪華絢爛な舞台。見逃せない、珠玉のドイツオペラの人気作だ。

【2018年1月】J.シュトラウスII世「こうもり」

新年の幕開けはワルツ王、ヨハン・シュトラウスII世によるオペレッタの傑作で、至福のひと時を。舞台は19世紀末のウイーン。随所にワルツやポルカが散りばめられ、聞きどころ満載。アール・デコ調の衣装や美術も見所だ。

【2月】細川俊夫「松風」

世界で活躍する作曲家、細川俊夫の傑作がついに登場。能の古典「松風」をもとにドイツ語でオペラ化。細川俊夫の音楽と、現代を代表する振付家、サシャ・ヴァルツの舞踊と声楽が融合した本作品は、オペラの最先端が体験できるといえる。舞台ファン必見! 新制作。

【2、3月】オッフェンバック「ホフマン物語」

詩人ホフマンの恋の遍歴をオムニバス形式で幻想的に描いた、オッフェンバック唯一のオペラ。人気、実力ともに注目の豪華キャストが、美しく洒落た楽曲を歌い上げる。色彩感溢れる独特な舞台が夢の世界へと誘う。

【3月】ドニゼッティ「愛の妙薬」

不器用な青年ネモリーノの恋を応援したくなる、ピュアなラブ・コメディ。楽しいストーリーの中に時折流れる哀愁漂う美しいメロディーが心に響く。幕が下りたときには誰もが幸せな気分になれるベルカント・オペラの名作だ。

「愛の妙薬」2013年公演より 撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

【4月】ヴェルディ「アイーダ」

開場20周年記念特別公演として、世界でもっとも人気の高いオペラのひとつである「アイーダ」を5年ぶりに上演する。古代エジプトの悲劇の物語。巨匠ゼッフィレリの演出による圧巻の舞台は歴史絵巻。豪華絢爛な美術にも息をのむ。

「アイーダ」2013年公演より 撮影:三枝近志 提供:新国立劇場

【5・6月】ベートーベン「フィデリオ」

深い精神性と高貴な理想を崇高な音楽で描いた、ベートーベン唯一のオペラを新演出で上演。演出はリヒャルト・ワーグナーのひ孫であり、現代のオペラの最前線をリードするカタリーナ・ワーグナー。飯守泰次郎がタクトを振る。新制作。

【7月】プッチーニ「トスカ」

フランス革命後、不安な政情に揺れるローマを舞台に、歌姫トスカの過酷な運命と情熱的な愛を描いたイタリア・オペラの傑作。マダウ=ディアツ演出による豪華な舞台。世界的な大ソプラノ、ネーグルスタッドがトスカに扮する。

「トスカ」2015年公演より 撮影:寺司正彦 提供:新国立劇場

■公演日程などの詳細は、新国立劇場オペラサイトをご覧ください。
http://www.nntt.jac.go.jp/opera/
https://www.facebook.com/nnttopera/

新国立劇場 オペラパレス/東京都渋谷区本町1-1-1

■問い合わせ/電話 03・5352・9999(ボックスオフィス)

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【第79回人形町らくだ亭】8月21日開催!柳家さん喬が『福禄寿』…
  2. 御年86歳、映画音楽の巨匠ミシェル・ルグランの生演奏を聴く@ブル…
  3. 巨匠・小津安二郎の不朽の名作が「4Kデジタル修復」され一挙上映
  4. デューク・エリントン・オーケストラが4年半振りにブルーノート東京…
  5. 【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』…
PAGE TOP